サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

honto9周年 ポータルページ ~6/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. ころからの紙の本一覧

“ころから”の紙の本一覧

“ころから”に関連する紙の本を49件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響

  • 加藤 直樹 (著)
  • 評価4.6レビュー:38件
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2014/03/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 関東大震災の直後に響き渡る叫び声。ふたたび五輪を前に繰り返されるヘイトスピーチ。1923年9月、ジェノサイドの街・東京を描き、現代に残響する忌まわしい声に抗う。同名ブログをもとに加筆修正し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    関東大震災の直後に響き渡る叫び声
    ふたたびの五輪を前に繰り返されるヘイトスピーチ
    1923年9月、ジェノサイドの街・東京...

トリック 「朝鮮人虐殺」をなかったことにしたい人たち

  • 加藤 直樹 (著)
  • 評価4.7レビュー:8件
  • 税込価格:1,760
  • 発売日:2019/07/03
  • 発送可能日:1~3日
  • ネット上で拡散する朝鮮人虐殺否定論を検証し、どのように間違っているかを説明。また、ノンフィクション作家の工藤美代子・加藤康男夫妻が著した虐殺否定本を取り上げ、仕掛けられたトリックの数々を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

    工藤美代子、産経新聞、日本会議、自民党文教族、小池都知事、百田尚樹……
    彼らが掲げた「虐殺否定」は幼稚な”フェイク”だった!

離島の本屋 ふたたび 大きな島と小さな島で本屋の灯りをともす人たち

  • 朴 順梨 (著)
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,760
  • 発売日:2020/10/30
  • 発送可能日:1~3日
  • 消えかけた本屋の灯りを再びともした島民、島のつらい歴史を伝える本を売り続ける心意気、そして、閉じる決断をした本屋たちとの出会い…。島の本屋を巡る旅。フリーペーパー『LOVE書店!』等連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    22の島を訪ねた話題作『離島の本屋』から7年。「ふたたび」の旅がはじまる。
    消えかけた本屋の灯りを再びともした島民、島のつらい歴史を伝...

13坪の本屋の奇跡 「闘い、そしてつながる」隆祥館書店の70年

  • 木村 元彦 (著)
  • 評価4.6レビュー:13件
  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2019/11/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 創業70周年を迎えた大阪・谷六のわずか13坪の本屋「隆祥館書店」。理不尽な出版流通に声をあげた店主の闘いを描く。また、同書店が開催する「作家と読者の集い」から、藤岡陽子、鎌田實、小出裕章、井村雅代の講演を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    いま「町の本屋」が消えていっている。
    本が売れないから、というのは理由のひとつでしかない。
    そこには、「売り...

ちくわぶの世界 東京下町のソウルフードを味わう

  • 丸山 晶代 (著)
  • 評価3.7レビュー:11件
  • 税込価格:1,650
  • 発売日:2019/11/08
  • 発送可能日:1~3日
  • ただの小麦粉のかたまりが、美味しい出汁をたっぷりと吸い込み、モチモチの食感を生む「ちくわぶ」。ちくわぶの製造方法、ちくわぶ誕生の秘密、メーカーごとの思いやその特徴、ちくわぶの美味しい食べ方やレシピを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

    東京の「東側」では、いまもおでんの具として欠かせず、昭和の駄菓子屋では必須アイテムでもあったちくわぶ=竹輪麩。その知られざる歴史、製造...

みな、やっとの思いで坂をのぼる 水俣病患者相談のいま

  • 永野 三智 (著)
  • 評価5.0
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2018/09/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 水俣病センター相思社で患者相談などを担当する水俣市生まれの著者が、生まれ故郷でいまもタブーとされる水俣病事件の当事者やその家族たちとの交感を綴る。相思社の機関紙『ごんずい』連載を加筆して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    不知火海を見下ろす丘の上に水俣病センター相思社はある。
    2004年の水俣病関西訴訟の勝訴にともない、「自分も水俣病ではないか」との不安...

おいしいダイバーシティ 美食ニッポンを開国せよ

  • 横山 真也 (著)
  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2021/01/22
  • 発送可能日:1~3日
  • フードダイバーシティ(食の多様性)とは、食を通じてお互いに認め合い、尊重し合うという価値観を指す。驚異的に発展するアジアとイスラム圏に精通するコンサルタントが、食を通じた日本の国際化を論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

    驚異的に発展するアジアとイスラム圏に精通する気鋭のコンサルタントが、ポストコロナ時代の「美食ニッポン開国論」を提言。
    ビジネス・ブレークス...

ハポンを取り戻す フィリピン残留日本人の戦争と国籍回復

  • 河合 弘之 (著)
  • 税込価格:1,760
  • 発売日:2020/07/15
  • 発送可能日:1~3日
  • かつて「移民」送り出し国だった日本。国策としての「戦争」に翻弄されたフィリピン残留日本人〈ハポン〉の国籍回復への道筋を、弁護士とNPOの立場から示す。残留者たちの肖像も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    フィリピンの人びとから〈ハポン=日本人〉と憎まれた残留日本人たちが、苦難の時をへて国籍回復を望んでいる。

    しかし、彼らが恋い焦がれる父の国〈日本〉は...

草 日本軍「慰安婦」のリビング・ヒストリー

  • キム・ジェンドリ・グムスク (作)
  • 評価4.8レビュー:2件
  • 税込価格:3,300
  • 発売日:2020/02/13
  • 発送可能日:1~3日
  • 【ニューヨークタイムズベスト・コミック(2019)】【ガーディアンベスト・グラフィックノベル(2019)】【ユマニテマンガ大賞審査員特別賞(2019)】「私はトミ子じゃない。私の名前は李玉善(イ・オクソン)だ!」 植民地下、名前と尊厳を奪われた日本軍「慰安婦」を漫画で描いたリビング・ヒストリー。より深く理解するための解説も付す。【「TRC MARC」の商品解説】

    韓国出身のグ...

韓国が嫌いで

  • チャン ガンミョン (著)
  • 評価4.4レビュー:7件
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2020/01/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 韓国社会が押しつけてくる生きづらさに、屈するものかともがいて国外脱出する韓国人女性ケナ。留学生としてオーストラリアに渡るが…。韓国の男性作家によるフェミニズム小説。【「TRC MARC」の商品解説】

    韓国の男性作家チャン・ガンミョンによるフェミニズム小説を完訳。
    日韓で大ヒットした『82年生まれ、キム・ジヨン』とおなじ出版社の「今日の若い作家」シリーズとして刊行さ...

集まると使える 80年代運動の中の演劇と演劇の中の運動

  • 羽鳥 嘉郎 (編著)
  • 税込価格:2,530
  • 発売日:2018/10/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 身体障害、学芸会、観客組織、地域演劇、第三世界、解放運動、ジェンダー…。80年代前半〜90年代前半の演劇に関する談話を再録。編者による解題と註・コメントも添える。【「TRC MARC」の商品解説】

    1989年生まれ、異能の演出家・羽鳥嘉郎が1980年代演劇論に介入して、390超の脚注とともに再生を謀る。

    アマチュア演劇、身体障害、ジェンダー、第三世界、反差...

沸点 ソウル・オン・ザ・ストリート 増補版

  • チェ ギュソク (作)
  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2018/08/31
  • 発送可能日:1~3日
  • 民主主義を求めて叫ぶ人々の声が凍えた時代に熱を与え…。1980年代韓国の民主化闘争を描いたグラフィック・ノベル。解説に朴槿恵の退陣以降の情勢を追加し、「沸点」をより深く読むためのシネマガイドを掲載した増補版。【「TRC MARC」の商品解説】

    1985年ソウル。大学生になった元反共少年のヨンホは、軍事独裁に抗議する市民が虐殺された光州事件の真実を知り、民主化運動にのめり込む。...

花ばぁば

  • クォン ユンドク (絵 文)
  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2018/05/01
  • 発送可能日:7~21日
  • 国境を越えて痛みを分かち合うために−。日本軍「慰安婦」にされた“花ばぁば”の物語を、実在の女性の証言をもとに、韓国の伝統美術を再現した美しい絵で描く。【「TRC MARC」の商品解説】

    韓国の絵本界を牽引してきたクォン・ユンドクの代表作を日本語訳。
    元日本軍「慰安婦」の証言をもとに、「花ばぁば」の物語が韓国伝統美術の技術を駆使した美しい絵とともに描かれます。【商品解...

ヘイトをとめるレッスン (いきする本だな) 新刊

  • ホン・ソンス (著)
  • 税込価格:2,420
  • 発売日:2021/05/21
  • 発送可能日:要確認
  • 韓国でヘイト問題の研究者として、また差別禁止法制定を目指す活動家として奔走するホン・ソンスの著作を完全日本語訳。
    ヘイトスピーチとはなにか、男性へのヘイトスピーチは成り立つのかから、ヘイトからジェノサイドへ至る段階的特徴などを解説。「ヘイトスピーチの入門書にして、ヘイトをなくすための決定版」と言える一冊。
    カバー挿画は、韓流ドラマ『ミョヌラギ』の原作者、ス・シンジさんによる...

1945←2015 Reflections on Stolen Youth

  • Motomi Murota (聞き書き)
  • 税込価格:2,200
  • 発売日:2020/08/05
  • 発送可能日:要確認
  • アジア・太平洋戦争の時代に若者だった戦争体験者たちの証言と、2015年の今を生きる若者たちがその証言を読んで綴った手紙を収録する。日本とアジア・太平洋戦争を詳しく知ることができるミュージアムのリストも掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

    『若者から若者への手紙 1945←2015』(ころから)を完全英訳!

    Originally published Ja...

モロトフ・カクテルをガンディーと 平和主義者のための暴力論

  • マーク・ボイル (著)
  • 税込価格:1,650
  • 発売日:2020/06/11
  • 発送可能日:1~3日
  • この時代に問わねばならないのは、「暴力に荷担すべきか否か」ではなく「何に対して暴力的になるべきか」だ−。無銭経済の提唱者マーク・ボイルが、文明社会の暴力性を真正面から論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

    「カネなし生活」で知られるマーク・ボイル(『ぼくはお金を使わずに生きることにした』著者)が非暴力神話を解体する。
    「もう、たくさんだ!」と声をあげるために—...

本屋がアジアをつなぐ 自由を支える者たち

  • 石橋 毅史 (著)
  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2019/08/15
  • 発送可能日:1~3日
  • ソウルで、香港で、台北、那覇、東京で…。「本屋」は、その町に暮らす人びとの自由を支えてきた−。出版ジャーナリストの石橋毅史が国境をひとつ越えて出会った「本屋」たちの物語。『東京新聞』等連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    自著『「本屋」は死なない』が東アジア各国で翻訳刊行されている出版ジャーナリストの石橋毅史が、国境をひとつ超えて出会った「本屋」たちの物語り。<...

ココロノトモ Rolling Ball,Rolling Life

  • 小松 悟 (著)
  • 税込価格:1,540
  • 発売日:2018/11/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 故郷のJリーグ・クラブ「ヴァンフォーレ甲府」の魅力にとりつかれ、東京での仕事をすべて切り上げ帰郷したギョーカイ人は…。ドイツ、ボスニア、インドネシアへサッカーに導かれ彷徨する魂とその再生を描く極私的ルポ。【「TRC MARC」の商品解説】

    故郷のJリーグクラブ「ヴァンフォーレ甲府」の魅力にとりつかれ、ギョーカイ人の人生は転がりだすーー
    ドイツ、ボスニア、インドネシ...

みな、やっとの思いで坂をのぼる 水俣病患者相談のいま 特装版

  • 永野 三智 (著)
  • 税込価格:2,970
  • 発売日:2018/09/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 水俣病センター相思社で患者相談などを担当する水俣市生まれの著者が、生まれ故郷でいまもタブーとされる水俣病事件の当事者やその家族たちとの交感を綴る。相思社の機関紙『ごんずい』連載を加筆して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    『みな、やっとの思いで坂をのぼる』の上製・特装版。
    カバーは水俣のアーティスト「HUNKA」によるシルクスクリーン印刷。

    ...

九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響 エスペラント版

  • 加藤 直樹 (著)
  • 税込価格:2,200
  • 発売日:2018/08/29
  • 発送可能日:7~21日
  • 関東大震災の直後に響き渡る叫び声。ふたたび五輪を前に繰り返されるヘイトスピーチ−。1923年9月、ジェノサイドの街・東京を描き、現代に残響する忌まわしい声に抗う歴史ノンフィクション。【「TRC MARC」の商品解説】

    関東大震災時の朝鮮人虐殺を描く歴史ノンフィクション『九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響』(加藤直樹)をエスペラント訳。
    訳者は、...

サッカーことばランド 世界で拾い集めたへんてこワード97

  • 金井 真紀 (著)
  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2018/07/18
  • 発送可能日:1~3日
  • よく曲がるシュート=大きなキュウリ(スペイン)、頼もしいキーパー=門番(韓国)…。サッカーことば探検隊が世界中で拾い集めた、31の国と地域27言語のサッカーにまつわるへんてこワードをイラストとともに紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

    この本を読んでも、サッカーがうまくなることはありません。
    外国語がペラペラになることもないでしょう。
    でも、世界がちょっと...

宗教改革2.0へ ハタから見えるキリスト教会のマルとバツ

  • 松谷 信司 (編著)
  • 税込価格:1,760
  • 発売日:2018/06/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 501年目の宗教改革が進行中のニッポンから、宗教改革「バージョン2.0」が始まる! 作家、アニメ監督、漫画家、哲学者、牧師、神父ら18人が、「これまでの教会」と「これからの教会」について語る。【「TRC MARC」の商品解説】

    宗教改革から501年目のニッポンから、宗教改革「バージョン2.0」が始まるーー
    作家、アニメ監督、漫画家、哲学者、牧師、神父らクロスオーバーす...

のこった もう、相撲ファンを引退しない

  • 星野 智幸 (著)
  • 評価3.8レビュー:6件
  • 税込価格:1,760
  • 発売日:2017/11/17
  • 発送可能日:1~3日
  • かつて相撲ファンを引退した作家・星野智幸が再び国技館を訪ねると、そこには「モンゴルへ帰れ」といったヘイト野次が公然と飛び交っていた−。大相撲を取り巻く社会と未来を綴った相撲エッセイ。対談、未発表小説も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    かつて「貴乃花の引退とともに相撲ファンを引退した」作家・星野智幸が再び国技館を訪ねると、そこには「モンゴルへ帰れ」といったヘイト野次が公...

技術屋が語るユーザーとオーナーのためのエレベーター読本

  • 鈴木 孝夫 (著)
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,540
  • 発売日:2017/10/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 独立系エレベーター保守業界を切り拓いた技術屋が、エレベーターの構造や安全性、メンテナンスの仕組み、安全基準や法律のことなどに関する疑問に答えると共に、「へぇ〜」と驚くエレベーターにまつわるトピックスも紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

    エレベーター一筋50年の「技術屋」であり、独立系エレベーター保守業界の先駆者、鈴木孝夫が語るエレベーターのすべて。
    その歴史...

無冠、されど至強 東京朝鮮高校サッカー部と金明植の時代

  • 木村 元彦 (著)
  • 評価3.5レビュー:1件
  • 税込価格:2,530
  • 発売日:2017/08/23
  • 発送可能日:1~3日
  • 1996年まで全国高校サッカー選手権の予選にも出場が認められず、高校年代の「影のナンバーワン」と呼ばれた東京朝鮮高級学校サッカー部と、同部を1971年から16年間率いた金明植の軌跡を辿る。【「TRC MARC」の商品解説】

    1970年代から80年代にかけて、あらゆるサッカー強豪校が東京朝高との対戦を望んだ。
    日本の高校が東京・十条に足繁く通う姿は、いつしか「朝高詣で」...

ひとたびてつたび (アジア・レイル・ライフ)

  • 米屋 こうじ (著)
  • 税込価格:1,760
  • 発売日:2017/06/09
  • 発送可能日:1~3日
  • アジアの夢幻に酔い、人の暮らしを点描する−。1990年代のタイ、中国から、現代のミャンマー、モンゴルまで、鉄道カメラマンが20年間の“鉄旅”で出逢った人と街を描くフォトエッセイ。【「TRC MARC」の商品解説】

    アジアの夢幻に酔い、人の暮らしを点描する——
    鉄道カメラマンが20年間の「鉄旅(てつたび)」で出会った人と街のフォトエッセイ集【商品解説】

あそびの生まれる場所 「お客様」時代の公共マネジメント

  • 西川 正 (著)
  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2017/03/29
  • 発送可能日:7~21日
  • コミュニティワーカーとして「おとうさんのヤキイモタイム」等を提唱する著者が、全国のあそびの生まれる場所を紹介し、「お客様」時代における公共空間のありようを考える。『くらしと教育をつなぐWe』連載等を基に書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    何かをしてみようという気持ちが生まれてくる公共空間とは?
    権力に頼ることなく、自由を感じながら生きていける、そうした暮らしや...

はたらく動物と

  • 金井 真紀 (文と絵)
  • 評価4.2レビュー:5件
  • 税込価格:1,518
  • 発売日:2017/02/15
  • 発送可能日:1~3日
  • はたらくって何だろう? 誰かの役に立つってどんなことだろう? モンキードッグ、鵜飼の鵜、耕す馬、パリのニワトリといったはたらく動物とその周辺に生きる人たちの姿を、取材を通して描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

    『世界はフムフムで満ちている』で鮮烈なデビューを飾った金井真紀が、長良川の鵜飼からパリの「エコ鶏」まで、はたらく動物と、ともに生きる人間を描き出す。【商品解説...

Paris en Vert緑色のパリ 街をささえる人、彩るモノ

  • 田中 淳 (写真と文)
  • 税込価格:1,760
  • 発売日:2016/11/10
  • 発送可能日:1~3日
  • ゴミ箱やゴミ袋の色。ゴミ収集したり、街を掃除したりする人のユニフォーム。パリでは緑で統一されてきた。シックで美しい街並みのあちこちに点在する緑。「華の都」をささえる人と彩るモノを活写する異色の写真作品集。【「TRC MARC」の商品解説】

    パリと働く人をこよなく愛する写真作家が、「華の都」に20年通い続け、「街をささえる人と彩るモノ」でつづる「すっぴんのパリ」。
    オペ...

サバイバー 池袋の路上から生還した人身取引被害者

  • マルセーラ・ロアイサ (著)
  • 評価3.0
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2016/08/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 私の名前はマルセーラ。3歳になる娘をもつ21歳のシングルマザー。私は今、池袋の路上に立っている−。日本でセックスワークを強要されたコロンビア人女性の手記。安田浩一による著者インタビューも収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    日本でセックスワークを強要されたコロンビア人女性の手記「ヤクザに囚われた女——人身取引被害者の物語」を日本語訳。
    母国でベストセラーとなった真...
検索結果 49 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。