サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文学通信の紙の本一覧

“文学通信”の紙の本一覧

“文学通信”に関連する紙の本を39件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

戦国時代の天皇と公家衆たち ここまでわかった 天皇制度は存亡の危機だったのか? 新装版 (日本史史料研究会ブックス)

  • 日本史史料研究会 (監修)
  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:1,485
  • 発売日:2020/09/03
  • 発送可能日:1~3日
  • 皇后不在で誰が天皇家の後継者を生んだのか? 公家の生活基盤を支えていたものは何か? 戦国時代の天皇や公家衆の実態を13のテーマで解明。史料は可能な限り意訳し、難解な用語にはふりがなや説明を施す。〔初版:洋泉社 2015年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

    戦国時代、朝廷や公家は無力な存在で、単なるお飾りだったのか。
    伝統の権威をふりかざしていただけの存在だった...

日本の歴史を原点から探る 地域資料との出会い (シリーズ●地方史はおもしろい) 新刊

  • 地方史研究協議会 (編)
  • 税込価格:1,650
  • 発売日:2020/11/13
  • 発送可能日:1~3日
  • 地域資料を読み解き考え抜くことで、歴史的な視点をどう手に入れるのか。新進の研究者が各地域に残された資料や歴史的な事柄を通して、自らの地域や日本の将来を考える手がかりにするための歴史の読み解き方を伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

    日本の歴史を原点から探求するために。
    地域資料を読み解き考え抜くことで、歴史的な視点をどう手に入れるのか。
    各地域に...

二十四節気で読みとく漢詩 新刊

  • 古川 末喜 (著)
  • 税込価格:3,080
  • 発売日:2020/10/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 中国の古典詩は、季節をどのように詠っているか。詩に詠われた真の季節を探り、制作年代をも明らかにする。二十四節気の原理と歴史をまとめた「二十四節気概説」なども掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

    中国の古典詩は、季節をどのように詠っているか。詩に詠われた真の季節を探り、制作年代をも明らかにする。
    二十四節気は、簡単に言うと、一年間の太陽の動き、すなわち季節の推移...

古典の未来学 新刊

  • 荒木 浩 (編)
  • 税込価格:8,800
  • 発売日:2020/11/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 古典研究にとって、いまは決定的なピンチか、千載一遇のチャンスか。古典はいかにして〈未来学〉を志向しうるのか。古典研究が近未来の人文学に提示すべき、学際的な意味や国際的可能性を追究した、刺激的で多角的な論集。【「TRC MARC」の商品解説】

    古典研究にとって、いまは決定的なピンチか、千載一遇のチャンスか。
    古典研究の方向や古典性のありかを広く考察し、新しい古典学を...

日本の歴史を解きほぐす 地域資料からの探求 (シリーズ●地方史はおもしろい)

  • 地方史研究協議会 (編)
  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,650
  • 発売日:2020/05/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 地域に残された資料から語ると、日本各地のどのようなことがわかってくるのか、地域資料に向き合ってきた研究者がそれぞれの資料のおもしろさを伝える。さらに歴史がおもしろく、また現代社会もその先に見えてくる。【「TRC MARC」の商品解説】

    日本の現代社会の、その先を見るために、歴史はこう読む。
    地域資料から日本の歴史を読み解くと、さらに歴史がおもしろくなり、現代社会...

怪異をつくる 日本近世怪異文化史

  • 木場 貴俊 (著)
  • 評価5.0
  • 税込価格:3,080
  • 発売日:2020/03/26
  • 発送可能日:1~3日
  • 人がいなければ、怪異は怪異にはならない。では誰が何を「あやしい」と認定して怪異になったのか。「つくる」をキーワードに、江戸時代を生きた人びとと怪異のかかわりを歴史学から解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

    怪異はつくられた!?
    「つくる」をキーワードに、江戸時代を生きた人びとと怪異のかかわりを歴史学から解き明かす書。
    人がいなければ、怪異は怪...

中華オタク用語辞典

  • はちこ (著)
  • 評価4.4レビュー:3件
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2019/06/28
  • 発送可能日:1~3日
  • 中華圏で使われているオタク用語をまとめた辞典。マンガ、アニメ、ゲーム、アイドル、二次創作、エロなどに関する言葉を集成。10年前から現在までのネットサービスを振り返るコラムも掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

    中華オタクコミュニティ参加必携! この本でbilibili、AcFun、Weiboに乗り込もう。
    中華圏で使われているオタク用語をまとめた初の辞典。マン...

説話文学研究の最前線 説話文学会55周年記念・北京特別大会の記録

  • 説話文学会 (編)
  • 税込価格:3,300
  • 発売日:2020/09/23
  • 発送可能日:1~3日
  • 2018年11月に北京で開催された、説話文学会55周年記念・北京特別大会の報告集。「中国仏教と説話文学」がテーマの基調講演とシンポジウムに加え、2つのラウンドテーブル、内外の研究者10名による文章などを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    2018年11月3日〜5日の3日間、北京の中国人民大学(崇徳楼)で開催された説話文学会五十五周年記念・北京特別大会の報告集。

読書の歴史を問う 書物と読者の近代 改訂増補版

  • 和田 敦彦 (著)
  • 評価5.0
  • 税込価格:2,090
  • 発売日:2020/09/03
  • 発送可能日:1~3日
  • 書物の出版、検閲、流通、保存は読者の歴史とどうかかわってきたのか。主に近代以降の日本を対象として、読者、あるいは読書の歴史についての学び方や調べ方を実践的、体系的に解説する書。〔初版:笠間書院 2014年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

    私たちは、読書を自分一人で行う孤独で内面的な営みだと思いがちだが、読書は一人では決して成り立たない。
    では読書とはどのよう...

信長徹底解読 ここまでわかった本当の姿

  • 堀 新 (編)
  • 税込価格:2,970
  • 発売日:2020/08/05
  • 発送可能日:1~3日
  • 織田信長はいかに記録され、どのようにフィクションで描かれてきたか。歴史学と文学の両分野からアプローチし、それぞれ最新の研究動向をふまえ論じ尽くす。信長関連の作品目録、演劇作品初演年表も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    信長はいかに記録されてきたのか、彼の姿はフィクションでどのように描かれてきたのか。どこまでが実像で、どこまでが虚像なのか。その若き日々から本能寺の変にい...

杞憂に終わる連句入門

  • 鈴木 千惠子 (著)
  • 税込価格:1,650
  • 発売日:2020/06/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 過ぎてみれば杞憂であったということは転がっている。連句の実作もその一つではないだろうか−。共同で作品を制作する「連句」の実作に一歩足を踏み出すための本。連句に対する考えをまとめると共に、現代連句作品を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

    おそらく世の中には、過ぎてみれば杞憂であったということは転がっている。連句の実作もその一つではないだろうか――。「敷居が高いのではな...

古典教育と古典文学研究を架橋する 国語科教員の古文教材化の手順

  • 井浪 真吾 (著)
  • 税込価格:2,970
  • 発売日:2020/04/03
  • 発送可能日:1~3日
  • 国語科教員が古文テキストを教材化・教材開発する際に、どのような手順を踏めばよいか。「宇治拾遺物語」を手掛かりに、古典教育研究、古典文学研究の架橋を試み、生徒たちの学習を豊かにするための古典教育を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

    古文テキストの教材化は、こうして行う。
    古典教育研究、古典文学研究の架橋を試み、生徒たちの古典教育を考える。

六波羅探題研究の軌跡 研究史ハンドブック (日本史史料研究会ブックス)

  • 久保田 和彦 (著)
  • 評価4.4レビュー:1件
  • 税込価格:1,320
  • 発売日:2020/01/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 承久の乱に勝利した鎌倉幕府が京都六波羅に設置した、「幕府の出先として朝廷を監視し、武家の安全のためにしっかりがんばる」機関とされてきた六波羅探題。その研究の軌跡をたどりながら、成立や役割などの問題をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

    「六波羅探題(ろくはらたんだい)」とはいったい何か。
    承久の乱に勝利した鎌倉幕府が京都六波羅に設置した、「幕府の出先として...

古典は本当に必要なのか、否定論者と議論して本気で考えてみた。

  • 勝又 基 (編)
  • 評価3.9レビュー:7件
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2019/09/19
  • 発送可能日:1~3日
  • 古典否定派はどのような論陣を張ったのか。肯定派はどう反論したのか。古典否定派・肯定派の研究者が集まって論戦に挑んだ、2019年1月のシンポジウム「古典は本当に必要なのか」を完全再現。仕掛け人による総括も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    古典否定派・肯定派の本物の研究者があつまって論戦に挑んだ、2019年1月の伝説のシンポジウム「古典は本当に必要なのか」の完全再現+仕掛...

全訳男色大鑑 武士編

  • 井原 西鶴 (作)
  • 評価3.5レビュー:3件
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2018/12/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 井原西鶴の「男色大鑑」を、楽しく読み通せるよう現代語訳。漫画家陣が、西鶴の世界をビジュアルに表現したカラー口絵や挿絵のほか、生活用品や風俗など、図やイラストも多数収録。各章にキャッチコピー&あらすじ付き。【「TRC MARC」の商品解説】

    殺されたい、愛するお前に...。おお、これが究極の純愛というヤツなのか。
    井原西鶴が1687年に描き出した、詩情あふれる華麗・...

注釈・考証・読解の方法 国語国文学的思考

  • 白石 良夫 (著)
  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,520
  • 発売日:2019/11/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 国語学と国文学、あるいは中古、近世、近代など、ジャンルや文学史の壁を乗り越え、古典を読み解くには。「後進に伝える研究方法」をコンセプトに、古典の注釈・考証・読解の方法を先人に学びながら伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

    注釈していれば、知識は自然に増える。増えた知識は想像力を搔き立て、小難しい理論や七面倒な方法論にふりまわされなくて済む――。
    昔の人の古典...

全訳男色大鑑 歌舞伎若衆編

  • 井原 西鶴 (作)
  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2019/10/21
  • 発送可能日:1~3日
  • 井原西鶴の「男色大鑑」後半・歌舞伎若衆図鑑を現代語訳。漫画家陣が西鶴の世界をビジュアルに表現したカラー口絵や挿絵のほか、生活用品や風俗など、図やイラストも多数収録。各章にキャッチコピー&あらすじ付き。【「TRC MARC」の商品解説】

    西鶴がオレ様全開で描き尽くした歌舞伎若衆図鑑、遂にわかりやすい現代語で登場。
    若衆(江戸のジャ○ーズJr.!?)に熱を入れすぎで、...

ネット文化資源の読み方・作り方 図書館・自治体・研究者必携ガイド

  • 岡田 一祐 (著)
  • 税込価格:2,640
  • 発売日:2019/08/10
  • 発送可能日:1~3日
  • インターネット環境において、文化資源のコレクションをバーチャル空間に作り上げる営みについて、多くの事例から縦横無尽に論じる。パスファインダーも掲載。メールマガジン連載をもとに加筆修正し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    私たちが残すものは、私たちそのものだ。
    インターネット環境において、文化資源のコレクションをバーチャル空間に作り上げる営みについて、多くの...

〈奇〉と〈妙〉の江戸文学事典

  • 長島 弘明 (編)
  • 税込価格:3,520
  • 発売日:2019/05/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 〈奇〉と〈妙〉に溢れた、江戸文学の面白作品を有名無名とりまぜて選び、読める事典として編集した事典。73項目・100作品以上を収録し、あらすじ・見どころ・作品の背景などを解説。作品の活字翻刻・注釈書等も紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

    けた外れに素晴らしく、とんでもなく面白い!
    有名無名にかかわらず、とっておきの面白作品を厳選し、73項目・100作品以上...

国語の授業の作り方 はじめての授業マニュアル

  • 古田 尚行 (著)
  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,970
  • 発売日:2018/07/13
  • 発送可能日:1~3日
  • 初めて中学校・高等学校の国語科授業をする教育実習生を主な対象として、授業の前、授業中、授業の後にすべきこと、授業作りのヒントを紹介。さらに、具体的な教材を取り上げながら授業の作り方についても解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

    教育実習生とその指導教員のために。これから教員になる人と、すでに教壇に立っているすべての人に。
    本書は、中学校・高等学校で初めて授業を...

高校に古典は本当に必要なのか 新刊

  • 長谷川 凜 (編著)
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2021/02/28
  • 発送可能日:購入できません
  • 高校に古典は本当に必要なのか。
    「高校生の声を伝えて、肯定派の目を開きたい。高校生という新たな視点で否定派の心を開きたい」

    現役高校生が、当事者として高校生にアンケートを実施し、議論の場を作り、考えたことは何だったのか。2020年6月6日にオンライン開催された、高校生が高校生のために考えたシンポジウム「高校に古典は本当に必要なのか」の完全再現+終了後のアンケー...

書誌学入門ノベル! 書医あづさの手控〈クロニクル〉 新刊

  • 白戸 満喜子 (著)
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2020/12/22
  • 発送可能日:購入できません
  • 代々続く書医(書籍のお医者さん)の家に生まれたあづさは、早世した兄・葵に代わり、家業を継ぐことを決意する。しかし書籍について知識のなかったあづさは、見ただけで紙の原料がわかるふしぎな力を持った双子の妹・さくらとともに、修行に邁進してゆく――。
    青春小説であり、書誌学入門でもあるという、本邦初の「書誌学入門」ノベル!
    書誌学が小説という器にのり、その学問は自由に羽ばたき、猛烈...

城壁

  • 榛葉 英治 (著)
  • 税込価格:2,640
  • 発売日:2020/06/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 市内に、敵の一兵たりとも、残存するを許さず。城内にある敵兵を、徹底的に粛清せよ。以上が命令である−。南京大虐殺事件を複数の視点から描き出したばかりではなく、それをいかに歴史として残していくかを問うた最初の小説。〔河出書房新社 1964年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

    市内に、敵の一兵たりとも、残存するを許さず。
    城内にある敵兵を、徹底的に粛清せよ。以...

好古趣味の歴史 江戸東京からたどる

  • 法政大学江戸東京研究センター (編)
  • 税込価格:3,080
  • 発売日:2020/06/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 人はなぜ過去の記録を調べ、探し、記録するのか。地名から年中行事まで、往事の事物をめぐる知的探究を通して、ひと昔前の江戸の土地と暮らしを浮き彫りにする。2019年2月開催のシンポジウムにおける発表をもとに再構成。【「TRC MARC」の商品解説】

    人はなぜ過去の記録を調べ、探し、記録するのか。
    江戸の人たちは、地名や風俗、慣習、年中行事まで、往事の事物を探究し、ひと...

「国文学」の批判的考察 江戸のテキストから古典を考え直す

  • 空井 伸一 (著)
  • 税込価格:12,650
  • 発売日:2020/04/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 優れた文学テキストは、作者の意図や同時代の共通理解をはみ出してしまうことで、ある種の普遍性に到達するのではないか。江戸の「開かれたテキスト」が普遍へと通じる可能性と「国文学」なる学の問題について考える。【「TRC MARC」の商品解説】

    優れた文学テキストは、作者の意図や同時代の共通理解をはみ出してしまうことで、ある種の普遍性に到達するのではないか――。
    今日私た...

江戸初期の香文化 香がつなぐ文化ネットワーク

  • 堀口 悟 (著)
  • 税込価格:4,950
  • 発売日:2020/03/13
  • 発送可能日:1~3日
  • 皇族・貴族と関東武家は、香木や香書を媒介に、どう影響し合い、新しい文化を創りあげていったのか。江戸時代初期の香文化事情を解明する。水戸藩由来の貴重な香書「聞香伝書」「香道明鑑」などの本文、訳、語釈も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    公家と武家。それぞれはどう影響し合い、新しい文化を創りあげていったのか。香文化から江戸初期の文化伝播の様相を捉え直した書。
    武...

近世前期江戸出版文化史

  • 速水 香織 (著)
  • 税込価格:9,680
  • 発売日:2020/03/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 江戸の大衆文化を作りあげた書肆たちの活動とは。断片的な情報しか残されていない享保期以前の江戸出版界とその文化を、当時の作品群の分析を交えつつ明らかにする。近世前期に活動した「万屋清兵衛出版年表」も付す。【「TRC MARC」の商品解説】

    近世前期の江戸大衆文化を醸成した書肆たちと、そこから生み出された文化を探る。
    三都(京・大坂・江戸)の出版界が互いに結びつきはじ...

江戸中期上方歌舞伎囃子方と音楽

  • 前島 美保 (著)
  • 税込価格:13,200
  • 発売日:2020/03/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 上方歌舞伎が活気づいていた江戸中期、元禄期を代表する上方役者・初代坂田藤十郎や初代芳沢あやめのバックで演奏していた人物とその演奏活動はどのようであったのか。史料から浮かび上がる、忘却された囃子方の軌跡をたどる。【「TRC MARC」の商品解説】

    どのような人物が、どのような演奏を行っていたのか。
    上方と江戸の体系的な歌舞伎音楽史を把握し、日本音楽史、近世文化史を考...

草の根歴史学の未来をどう作るか これからの地域史研究のために

  • 黒田 智 (編)
  • 税込価格:2,970
  • 発売日:2020/01/31
  • 発送可能日:1~3日
  • 歴史学の新しい主戦場は地域史だ! 史科学の成果を地域史研究にどう生かすのか? 学校教育にたずさわっている現職教員らによる日本史論文集。学習教材としても活用でき、これからの地域史研究の参考となる書。【「TRC MARC」の商品解説】

    歴史学の新しい主戦場は、地域史だ!
    地域には、これまで縦割りに区分され、歴史史料としてみなされることのなかった手つかずの史料が膨大に眠...

薩琉軍記論 架空の琉球侵略物語はなぜ必要とされたのか

  • 目黒 将史 (著)
  • 税込価格:16,500
  • 発売日:2020/01/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 慶長14年の琉球侵攻を描いた架空の軍記「薩琉軍記」。異国と戦う者たちの物語がなぜ必要だったのか。異国合戦軍記が担った役割とは。日本文学史に異国合戦軍記を位置づけ、国家の異国観が大衆へ浸透していく様相を解明する。【「TRC MARC」の商品解説】

    未知なる国、異国「琉球」を侵略する、架空の軍記〈薩琉軍記〉。〈薩琉軍記〉とは、慶長十四年(一六〇九)の琉球侵攻を描いた軍記テキスト群...
検索結果 39 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。