サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~2/28

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 新しい日常を探して ポイント5倍キャンペーン  ~3/24

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. ミッドナイト・プレスの紙の本一覧

“ミッドナイト・プレス”の紙の本一覧

“ミッドナイト・プレス”に関連する紙の本を156件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

ぼうふらに摑まって

  • 川田 絢音 (著)
  • 税込価格:2,200
  • 取扱開始日:2012/04/27
  • 発送可能日:1~3日
  • 身をとどめて慎しめなかった ただ歩いて 川の風は恐ろしかった ひきずられて 熱を出し 水を飲んで寝ていると ふうっとゆるみ 弱まって 息は散りぢりに外へ出ていき(「ぼうふらに摑まって」より) 詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

そして君と歩いていく 岡田幸文詩集

  • 岡田 幸文 (著)
  • 税込価格:2,200
  • 取扱開始日:2020/09/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 【歴程賞(第58回)】ほら あの人が帰ってくる あの人は私になんでも教えてくれるでしょう 鳥の名や花の名を そして私がもうひとりではないことを(「無題のアリア」より) 詩のそばで語り、そして生きた著者の最後の詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

四角いまま

  • 武内 健二郎 (著)
  • 税込価格:2,750
  • 取扱開始日:2020/01/17
  • 発送可能日:購入できません
  • 犬を 抱き上げよう と してギッ クリ 腰 になった 両手をつき 首をひねり 見上げる 空は 青く 青く(「ぎっくり腰」より) 身体が気づいた誰のものでもない何かを、自身の言葉として紡いだ詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

流謫と「北方」 鷲巣繁男の世界の成立と現在

  • 渡邉 一 (著)
  • 税込価格:4,950
  • 取扱開始日:2020/01/17
  • 発送可能日:購入できません
  • 日本現代詩の孤峰、鷲巣繁男の詩篇を精緻に読み解き、詩人の〈真実〉に迫る詩人論。併せて、日本現代詩のなかの鷲巣繁男を通して、詩とは何かを追求する。【「TRC MARC」の商品解説】

サラサラと流れる水くさい水

  • ふし 文人 (著)
  • 税込価格:2,750
  • 取扱開始日:2019/10/11
  • 発送可能日:1~3日
  • ザラザラとした手触りの 香水をつけて 君が「降水確率は?」って聞いてきた はるかなる硬水の流れる川で 僕は「ハー」ってため息をつくしかない 馴れない流れの中で(「サラサラと流れる水くさい水」より) 詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

郵便局まで

  • 八木 幹夫 (著)
  • 税込価格:2,530
  • 取扱開始日:2019/10/09
  • 発送可能日:購入できません
  • 丘を風のように走りたくて 何度もころぶ おさなごよ 言葉もほんのカタコト しゃべるかどうかだというのに 世界はすべてきみのものだ(「つくしんぼ」より) 詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

パゾリーニの生と〈死〉 生きられた映像の詩学

  • 兼子 利光 (著)
  • 税込価格:3,410
  • 取扱開始日:2019/05/15
  • 発送可能日:購入できません
  • 下層プロレタリアートと〈郊外〉、マリア・カラスと生の三部作、消費社会のなかの〈死〉…。イタリア現代史をふまえて、パゾリーニの映像/詩と〈死〉を読み解く。ウェブ版『ミッドナイト・プレス』掲載を加筆し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

金子光晴にあいたい

  • 松本 亮 (著)
  • 税込価格:2,750
  • 取扱開始日:2019/01/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 金子光晴が本気で書いた「人間の悲劇」、森三千代への愛の深さ…。詩人・金子光晴と四半世紀をともにした松本亮が語る〈真実〉。松本亮が選んだ詩篇も掲載。『詩の雑誌midnight press』連載を改題して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

流木の人

  • 川田 絢音 (著)
  • 税込価格:2,200
  • 発行年月:2009.5
  • 発送可能日:購入できません
  • 雨に打たれて まだらの毛虫は落ちたが 流れ着いた魂が じぶんの時間をとって静められることはあるのか (「まだらの毛虫」より) 18編の作品を収めた詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

バスに乗ったら遠まわり

  • マツザキ ヨシユキ (著)
  • 税込価格:1,980
  • 発行年月:2005.8
  • 発送可能日:購入できません
  • バスに乗ると/心が晴れる/バスのゆれに/同調して/いい思い出を/未来に変える/バスに乗る手続きは/至極簡単 抒情を放つ詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

それは消える字

  • 川田 絢音 (著)
  • 税込価格:2,200
  • 発行年月:2007.4
  • 発送可能日:購入できません
  • 決してたどりつかない何処かへと—圧倒的な「詩」が、行間からあふれだす。川田絢音の最新のことばが、ここにある。【「BOOK」データベースの商品解説】

    道をたずねたら 聴こえない と砂糖黍を売る男が おおきく上体を揺すった 何処かへ行こうとして 道を訊くなどそらぞらしい− 圧倒的な「詩」が行間からあふれだす詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

聖シメオンの木菟 シリア・レバノン紀行 新版

  • 井上 輝夫 (著)
  • 税込価格:3,080
  • 発行年月:2018/01
  • 発送可能日:購入できません
  • 〔初版:国書刊行会 1977年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

最後の抱擁

  • 石館 康平 (著)
  • 税込価格:2,200
  • 取扱開始日:2017/11/10
  • 発送可能日:購入できません
  • 白磁の壺が薄暮の中天に懸かっていた 壺の表面は空のように光っていた 壺と空との境界は空へと溶け込んでいた 壺のかげりが空の深さを教えていた(「空にかかる壺」より) 詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

橋が言う

  • 阿部 嘉昭 (著)
  • 税込価格:2,640
  • 取扱開始日:2017/11/10
  • 発送可能日:購入できません
  • あなたはとおくふかくゆきをゆるし そのそうはくでくちをすすいだ とうめいなほのおが顔からゆれると からだのふゆがおもいでになった(「雪のイエス」より) 「減喩」を駆使した挑発的でしずかな八行詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

冬の夜、しずかな声がして

  • 河江 伊久 (著)
  • 税込価格:2,420
  • 取扱開始日:2016/11/09
  • 発送可能日:購入できません
  • 夜が扉を叩いていた。風が止むと微かに聴こえた。木の枝を手にしてノックしていた。わたしは森の小屋で漆黒の闇をまとい、心のなかに侵入してくる闇の深さを量っていた。(「冬の夜、しずかな声がして」より) 詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

鳴けない小鳥のためのカンタータ

  • 高鶴 礼子 (著)
  • 税込価格:2,310
  • 取扱開始日:2016/10/12
  • 発送可能日:購入できません
  • 失ったから さがすのか 欲しいから さがすのか 旱天の路面は あたしら亡者の列だ 蒸発してしまった あたしらの夢 交われなくなってしまった あたしらの言葉(「さがす」より) 詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

石のくずれ

  • 阿部 嘉昭 (著)
  • 税込価格:3,080
  • 取扱開始日:2016/08/18
  • 発送可能日:購入できません
  • かげろうのぬまべで荷ぐるまを駐め 馬とともにすきとおってゆくのもよい もう草ではなくしずくのみを口に(「襯衣の唄」より) 詩の領野を拓く阿部嘉昭の詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

浮間が原の桜草と曖昧な四

  • 平井 弘之 (著)
  • 税込価格:3,300
  • 取扱開始日:2016/02/24
  • 発送可能日:購入できません
  • さみしいさけだが あえないかもしれない あのお なあに どこでまちあわせしようか あの なに 地下通路を上がったすこしさき はなやさんのかげで あたしは待ってる(「九月に会いましょう」より) 第5詩集、遺作。【「TRC MARC」の商品解説】

影法師

  • 久谷 雉 (著)
  • 税込価格:2,420
  • 発行年月:2015.12
  • 発送可能日:購入できません
  • わたくしの生活は 草の上であたゝめられた卵のやうに ゆつくりと死んでゆく それでいゝ ひとつの泉のまはりを 歩きとほすだけの時間さへあれば わたくしは幸福になれたのだ(「生活」より) 詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

パンゲア

  • 石原 明 (著)
  • 税込価格:1,650
  • 取扱開始日:2014/11/05
  • 発送可能日:購入できません
  • パンゲアと呼ばれて目覚めた 名前をつけられて初めてわたしはわたしになった 押し寄せる指の波に押し上げられて 粘土をこねては押し上げる力強い指(「パンゲア」より) 詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

渡し場にしゃがむ女 詩人西脇順三郎の魅力

  • 八木 幹夫 (著)
  • 評価5.0
  • 税込価格:2,750
  • 取扱開始日:2014/10/28
  • 発送可能日:購入できません
  • 1894年生まれの西脇順三郎。彼の詩は日本語に画期的な新しさをもたらした。「西脇順三郎が見た戦前戦後の日本の風景」「感覚脱落症、西脇順三郎の今日的意味」などをテーマにした論考と講演録から、彼の魅力に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

呼吸ととのへり 芹澤春江表現集 八十九年折々の思い 短歌・俳句・詩・小説・散文

  • 芹澤 春江 (著)
  • 税込価格:2,530
  • 取扱開始日:2014/05/28
  • 発送可能日:購入できません
  • 歌を作ることが私をどんなにうるおしてくれたことかはかりしれない。歌を作ることで、自分の呼吸を整えてきた−。芹澤春江の短歌、俳句、詩、小説、散文を収めた作品集。〔私家版 2005年刊の新版〕【「TRC MARC」の商品解説】

ネクタイ男とマネキン女 詩集

  • 高橋 英司 (著)
  • 税込価格:2,200
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 発送可能日:購入できません
  • ネクタイ男を三十六年間続けてきた 何とまぁ三十六年間も と人は愛想を言い お疲れ様と声をかけるが 実は 苦もなく 難なく 滞りなく 三十六年の時間はするりと過ぎ去ったのである(「ネクタイ男」より) 詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

真・将門記 桔梗一輪捧げ申し候

  • 山本 かずこ (著)
  • 税込価格:1,870
  • 発行年月:2011.7
  • 発送可能日:購入できません
  • 詩人である著者が、平将門に関する戦闘の記録「将門記」を土台に書き上げた小説。「将門記」欠落部分、真・将門記、平将門からの通信の3章で構成。平将門系図、関連略地図つき。【「TRC MARC」の商品解説】

小倉風体抄 詩集

  • 倉田 良成 (著)
  • 税込価格:2,200
  • 発行年月:2011.1
  • 発送可能日:購入できません
  • 己がここに来てどれくらいになるか、ちょっと見当がつかない。川が流れるここは、見渡すかぎりの蘆原としか人は思わないだろう。(「とまをあらみ」より) 百人一首の歌を題材にした詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

複数の信仰には耐えられない日蓮

  • 平井 弘之 (著)
  • 税込価格:2,420
  • 発行年月:2010.9
  • 発送可能日:購入できません
  • ゆらゆらするもの。ためされるもの。その強度を問う、平井弘之の第四詩集。【「BOOK」データベースの商品解説】

    日々を繫がらぬことばで思う 譜面は通じ合わぬ仕種に割れている(「繫がらぬことば」より) ゆらゆらするもの、ためされるもの。その強度を問う、著者の第4詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

レイルーナ はかない愛のたとえばな詩

  • 井上 摩耶 (著)
  • 税込価格:2,200
  • 発行年月:2010.5
  • 発送可能日:購入できません
  • 私の心は ママが編んでくれた 白いレース 一針一針 ていねいに編んでくれた fragileだけど やわらかいレース(「心のレース」より) 日々の生活の中で、著者が感じ、考え、言葉にした作品をまとめた第2詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

生の泉 詩集

  • 中村 剛彦 (著)
  • 税込価格:2,200
  • 発行年月:2010.1
  • 発送可能日:購入できません
  • 中空には月があります 野原では少年が兎を追いかけています 果樹園のお婆さんは何を摘み入れて あんなにかごがいっぱいなのでしょう ロバが小屋から出てきました 晩ご飯を探しているようです(「残照」より) 詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

カワカマス ジェイムズ・ライト詩篇

  • ジェイムズ・ライト (著)
  • 税込価格:2,200
  • 発行年月:2009.10
  • 発送可能日:購入できません
  • 孤独を幸福へと転位する、知の抒情。清新の訳で甦る、ジェイムズ・ライトの選詩集。【「BOOK」データベースの商品解説】

    ぼくらは魚をたべた ぼくの身体のなかには なにかとても 美しいものが あるにちがいない ぼくは こんなに 幸福なのだ(「カワカマス」より) 孤独を幸福へと転位する、知の抒情。新訳で甦るジェイムズ・ライト選詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

こころえ 神山倫詩集

  • 神山 倫 (著)
  • 税込価格:1,650
  • 発行年月:2009.6
  • 発送可能日:購入できません
  • 二つの円を 重ねると 多少のズレができる このズレは 「孤独」じゃなくて 「あたたかさ」なんだ(「二つの円」より) 家族、近所のおばさん、虫たちなど、身近な存在をあたたかい目で描いた第1詩集。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 156 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。