サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0125-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 書肆山田の紙の本一覧

“書肆山田”の紙の本一覧

“書肆山田”に関連する紙の本を883件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

黯らかな静寂、すべて一滴の光

  • 奥間 埜乃 (著)
  • 評価5.0
  • 税込価格:2,860
  • 発売日:2021/12/10
  • 発送可能日:1~3日
  • やわらかな音速の旋律は八分間、ゆっくりと喉笛をそわせ、細い声を一擲、リソグラフィ、光を描写する。(「浸みゆく光、藍色に染まる鳥の夢」より) 詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

伴侶

夢想の大地におがたまの花が降る

  • 四ツ谷 龍 (著)
  • 税込価格:2,640
  • 発売日:2016/09/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 春来たり鬚の男がぶらつけば おがたまは散り裸婦像は鳩を掌に 反響し、谺する言葉。平成20年10月以降の547句を収めた、「大いなる項目」に続く作品集。【「TRC MARC」の商品解説】

機 ともに震える言葉 (le livre de luciole)

  • 関口 涼子 (著)
  • 税込価格:2,750
  • 発行年月:2006.7
  • 発送可能日:1~3日
  • 何故に、ひとりひとりの言葉は、否応なく他者に呼びかけ、ともに思考し、ともに震え、特別な時空を喚び出すのだろう…。吉増剛造、関口涼子のふたりの詩人による、言葉の交換・変奏・共振といえる詩論。【「TRC MARC」の商品解説】

I.W−若林奮ノート (Le livre de luciole)

  • 若林 奮 (著)
  • 税込価格:3,300
  • 発行年月:2004.5
  • 発送可能日:1~3日
  • あるとき、人は絵を描いた。そして、多くのものをつくり、変更し、消去し、不明のものを繰り返し補充して「現在」に立つ。そのことに自身はどう関わるのか…。彫刻家若林奮の観察と思考をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

長い川のある国 多田智満子詩集

  • 多田 智満子 (著)
  • 評価4.0
  • 税込価格:3,080
  • 発行年月:2000.8
  • 発送可能日:1~3日
  • 【読売文学賞(第52回)】あんな風にナイルのなかを 時がかい潜っていくのだ けむりながら濾化されて やがて神の喉の奥へと−川・源・時・砂・流など42編の詩を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

書肆山田の本1970−2021

  • 岡井 隆 (他著)
  • 税込価格:220
  • 発売日:2021/02/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 詩に向きあうとはどういうことか? 詩を根幹に、文学、思想、芸術各ジャンルの出版刊行をする「書肆山田」。岡井隆、白石かずこ、谷川俊太郎をはじめ、同社に寄せられた歌人や詩人たちの言葉を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

ジョナス・メカス詩集

  • ジョナス・メカス (著)
  • 税込価格:3,300
  • 発売日:2019/06/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 映像作家・詩人として知られるジョナス・メカスは、ナチスの侵攻に抗し、1949年難民船でリトアニアからアメリカに渡り、2019年1月にマンハッタンで逝去した。「セメニシュケイの牧歌」「森の中で」の2詩集を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

高柳誠詩集成 3

  • 高柳 誠 (著)
  • 税込価格:4,620
  • 発売日:2019/03/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 高柳誠の詩を集成。3は、「廃墟の月時計/風の対位法」「鉱石譜」「光うち震える岸へ」「大地の貌、火の声/星辰の歌、血の闇」「月の裏側に住む」「放浪彗星通信」の6つの詩集を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

詩的行為論 (le livre de luciole)

  • 吉田 裕 (著)
  • 税込価格:3,080
  • 発売日:2018/05/30
  • 発送可能日:1~3日
  • 変化し続ける幾つもの時代を生き抜く「詩」「詩的行為」−。北村透谷、樋口一葉、石川啄木から、武田泰淳、堀川正美、リルケ、ブランショ、ワイダまで、さまざまな作家・作品を論じる。〔七月堂 1988年刊の増補〕【「TRC MARC」の商品解説】

高柳誠詩集成 2

  • 高柳 誠 (著)
  • 評価5.0
  • 税込価格:4,180
  • 発売日:2016/11/05
  • 発送可能日:1~3日
  • 高柳誠の詩を集成。2は、「イマージュへのオマージュ」「月光の遠近法」「触感の解析学」「星間の採譜術」「万象のメテオール」「夢々忘るる勿れ」「半裸の幼児」の7つの詩集を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

空の庭、時の径

  • 須永 紀子 (著)
  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,420
  • 発行年月:2010.4
  • 発送可能日:1~3日
  • 【詩歌文学館賞(第26回)】わたしはわたしの内部で声をあげる ことばを組み立て筋を通し 語るべき時が来るのを待つことが 歩くことと同時になされる(「囲繞地にて」より) 『るしおる』『抒情文芸』などに掲載された12の詩作品を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

静かなアメリカ

  • 吉増 剛造 (著)
  • 税込価格:4,180
  • 発行年月:2009.11
  • 発送可能日:1~3日
  • 堀内正規、大岡信、石川九楊、多木浩二、唐十郎らとの対話を軸として、幾重にも幾重にも旋回する思考と言葉。「詩の地面」の声を聞く、永い旅の記録。【「TRC MARC」の商品解説】

ページェントの台本 上

ページェントの台本 下

グラナダ詩編

  • 関口 涼子 (著)
  • 税込価格:2,640
  • 発行年月:2007.8
  • 発送可能日:1~3日
  • 私たちは後を追う。私たちは観察する。上昇する蒸気、行き交う幻影、遠く反響する声、かつて語られた愛の物語…。スペイン・アンダルシア地方グラナダで夏を過ごす著者による詩編。「蒸気の観察」「グラナダ詩編」を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

どこにもないところからの手紙 (Le livre de luciole)

  • ジョナス・メカス (著)
  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,750
  • 発行年月:2005.10
  • 発送可能日:1~3日
  • どこにもないところ…それは恐らく人類が訪ねつづけてまだ到り着けないところ。故国リトアニアの人々と共に考え、思いをめぐらす。『農民新聞』の為に書かれた、大地、世界、そしてそこに生きる人間等についてのメカスの手紙。【「TRC MARC」の商品解説】

神の子犬

  • 藤井 貞和 (著)
  • 税込価格:3,080
  • 発行年月:2005.8
  • 発送可能日:1~3日
  • 【現代詩花椿賞(第23回)】【現代詩人賞(第24回)】おはいりよ、不安なことば。行くな。そこから先は、あぶない。ドアをたたく、絶叫する子供。神の子犬。ほんとうは妖怪の子…。詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

零度の犬

  • 建畠 晢 (著)
  • 税込価格:2,860
  • 発行年月:2004.11
  • 発送可能日:1~3日
  • 【高見順賞(第35回)】いつとはなく始まった私たちの時代が切断された夢と忘れ去られる過去を一片一片積んで行く。今日も。私たちの未来はさらに寂しい。遠く、姿のない犬が吠える… 詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

奴草 吉岡実句集

  • 吉岡 実 (著)
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:3,080
  • 発行年月:2003.4
  • 発送可能日:1~3日
  • 夕立のあとに時計の音のこり 虫売や夜店はづれの小暗がり 飛魚や舟のゆくてに雲の湧く 詩人・吉岡実の遺した全句作。【「TRC MARC」の商品解説】

フェスティーナ・レンテ

  • 来主 順 (著)
  • 税込価格:2,420
  • 発行年月:2003.3
  • 発送可能日:7~21日
  • ゆっくりと、永遠の振り子の前を横切れ 急いで、死の振り子に追い越されぬように往け 束の間のよろこびと絶望を繰り返し味わうために 私はここに来たと知るために 第一詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

貨物船句集

  • 辻 征夫 (著)
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,650
  • 発行年月:2001.1
  • 発送可能日:1~3日
  • 野に出でよ見わたすかぎり春の風 わが胸に灯いれよそぞろ寒 雉は野へ猿は山へと別れゆき−表現の新たな領域へ、開墾の一鍬をふるうことを運命として担う著者の句を編年体で構成した句集。【「TRC MARC」の商品解説】

イーフレイムの書

  • ジェイムズ・メリル (著)
  • 税込価格:3,520
  • 発行年月:2000.10
  • 発送可能日:1~3日
  • ウィットに満ち苦悩にひしがれる魂たちの想い−生とは何か、死とは何か、時間とは何か。人類の歴史と個人の歴史の一致しがたい嘆きと喜び。オカルティズム詩の最高峰、ピュリツア賞を受賞した詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

船舶ナイト号 (Le livre de luciole)

  • マルグリット・デュラス (著)
  • 評価2.5レビュー:1件
  • 税込価格:2,200
  • 発行年月:1999.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 最初の呼びかけ。誰に? どうやって? 誰も知らない。しかし、呼びかけはなされる。いつの時にも。不可知の闇、人の内部の夜に向けて。…愛についての考察。ありふれた出来事、一つの愛の始まりから終わりまでデュラスはそこに何を見るのか。【「TRC MARC」の商品解説】

また終わるために (Le livre de luciole)

  • サミュエル・ベケット (著)
  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:2,200
  • 発行年月:1997.11
  • 発送可能日:1~3日
  • 二つの言語で書くベケットはまた、寒々とした生の現実を不可思議なおかしみとして描く。自身の内部に響いている幾つもの声・思考の呟きを聞く。【「TRC MARC」の商品解説】

アイギ詩集

  • ゲンナジイ・アイギ (著)
  • 税込価格:2,671
  • 発行年月:1997.3
  • 発送可能日:7~21日
  • 「ヴォルガのマラルメ」アイギは、生命の深い根、20世紀人の傷み絡んだ生の根に、ことばの光を注入する。稀に見る生命維持装置と言える詩群、初の翻訳紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

私のうしろを犬が歩いていた 追悼・吉岡実

  • 税込価格:3,300
  • 発行年月:1996.11
  • 発送可能日:1~3日
  • 飯島耕一、白石かずこ、塚本邦雄、金井美恵子らが綴る、吉岡実への追悼。吉岡実遺稿も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

中空 新刊

  • 鍵岡 正謹 (著)
  • 税込価格:3,300
  • 発売日:2022/01/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 中空をトボケテ歩く 夢を見すぎて 己れの影を見つづけて(「中空を歩む」より) 1993年〜2021年の作品を収めた詩集「中空抄」と、一草一木一花を一句にしぼり280余首を選びだした句集「草木花抄」を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

経験の定義あるいは指の痛み

  • 新延 拳 (著)
  • 税込価格:2,750
  • 発売日:2021/11/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 僕は亡くなったあの人の写真をいま捨てたところ さっきまでその写真にそっとふれさすっていたんだ 生きた身体のように(「捨てる棄てるすてる」より) 全25編を収録した詩集。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 883 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。