サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

1,000円以上送料無料キャンペーン  ~5/23

honto9周年 ポータルページ ~6/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 松籟社の紙の本一覧

“松籟社”の紙の本一覧

“松籟社”に関連する紙の本を408件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

ヴァイゼル・ダヴィデク (東欧の想像力)

  • パヴェウ・ヒュレ (著)
  • 評価5.0
  • 税込価格:2,860
  • 取扱開始日:2021/03/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 旱魃が続き、海が魚の死骸で埋め尽くされた1967年の夏。その異常な季節を、「僕」と仲間たちは、ヴァイゼルというユダヤ人少年と共に過ごした。夏の終わりヴァイゼルは姿を消す。ヴァイゼルとは何者だったのか…。【「TRC MARC」の商品解説】

日本で働く 外国人労働者の視点から 新刊

  • 伊藤 泰郎 (編著)
  • 税込価格:2,860
  • 取扱開始日:2021/04/08
  • 発送可能日:要確認
  • 外国人労働者の目に、縮小する現代日本はどのように映っているのか。技能実習生や日系人たちをとりあげ、統計、聞き取り、支援活動の経験から「向う側」の視点にせまり、外国人労働者との関係を見つめなおす。【「TRC MARC」の商品解説】

アカシアは花咲く モンタージュ (東欧の想像力)

  • デボラ・フォーゲル (著)
  • 評価3.8レビュー:5件
  • 税込価格:2,200
  • 発売日:2018/12/01
  • 発送可能日:24時間
  • 【日本翻訳大賞(第6回)】今世紀に入って再発見され、世界のモダニズム地図を書き換える存在として注目を集めるデボラ・フォーゲル。短編集「アカシアは花咲く」や「鉄道駅の建設」、東欧ユダヤ人の民衆言語イディッシュ語で発表した短編などを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

石さまざま 上 (シュティフター・コレクション)

  • アーダルベルト・シュティフター (著)
  • 評価4.6レビュー:3件
  • 税込価格:1,650
  • 発行年月:2006.5
  • 発送可能日:7~21日
  • 比類ない自然描写の美しさで知られる19世紀オーストリアの作家シュティフター、その代表的短篇集『石さまざま』全訳版(上下2巻)をここに。上巻では、作家自身の芸術的信仰告白ともいうべき「序文」、幼いころの鉱石蒐集の想い出が反映している「はじめに」、ボヘミアの森の風物を背景に、故郷での想い出を紡いだ「花崗岩」、不毛の地に暮らす貧しい司祭の、隠れた美しさを描く「石灰石」、姦通とそれへの呪詛という人間のまが...

石さまざま 下 (シュティフター・コレクション)

  • アーダルベルト・シュティフター (著)
  • 評価4.6レビュー:2件
  • 税込価格:1,650
  • 発行年月:2006.5
  • 発送可能日:1~3日
  • 哲学者ニーチェをして「ドイツ文学の宝である」といわしめた、19世紀オーストリアの作家シュティフターの代表的短篇集の全訳版。下巻には、幼い兄妹が大雪から奇跡的に生還する「水晶」の他、「白雲母」「石乳」を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

さまざまな一年 近現代ドイツ文学における暦の詩学 新刊

  • 金 志成 (編著)
  • 税込価格:5,280
  • 取扱開始日:2021/04/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 文学にとって「年」という暦の単位はいかなる意味を持つのか。ドロステ=ヒュルスホフ、ゲオルゲ、カフカ、バッハマン、ヴォルフらの作品を取り上げ、ドイツ文学における「一年」の作用を読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

キエフ洞窟修道院聖者列伝

  • 三浦 清美 (訳・解説)
  • 税込価格:4,400
  • 取扱開始日:2021/03/31
  • 発送可能日:1~3日
  • 11世紀の半ばに創建されたキエフ洞窟修道院は、中世ロシアにおける東方正教会の精神的中心であった。この修道院で暮らしたさまざまな修道士たちの人生におけるエピソードを集成。【「TRC MARC」の商品解説】

ジュスタ (東欧の想像力)

  • パウル・ゴマ (著)
  • 評価3.0レビュー:3件
  • 税込価格:2,200
  • 取扱開始日:2020/10/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 作家・批評家養成機関「文学学校」に入学した「ぼく」は、「正義の女」=ジュスタとあだ名された女子学生と出会う。彼女を待ち受ける苦難とは−。反権威を貫き続けた不屈のルーマニア作家パウル・ゴマが綴る自伝的小説。【「TRC MARC」の商品解説】

地下 ある逃亡

  • トーマス・ベルンハルト (著)
  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2020/09/27
  • 発送可能日:24時間
  • ベルンハルトの自伝的5部作の第2作。ギムナジウムを中退し、それまでの人生から「反対方向」へ歩みだした少年ベルンハルト。彼が向かった先は、ザルツブルクの周縁、市民に最も恐れられた地域にある「地下」であった−。【「TRC MARC」の商品解説】

敗残者 (東欧の想像力)

  • ファトス・コンゴリ (著)
  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:2,420
  • 取扱開始日:2020/05/18
  • 発送可能日:1~3日
  • 1991年、自国での生活に絶望したアルバニア人が多数、アドリア海を越えてイタリアへ渡った。しかし出発を間近に控えた乗客の中に、自ら船を下りてしまったひとりの男がいた。彼が思い起こす「敗残者」としての人生とは…。【「TRC MARC」の商品解説】

プラヴィエクとそのほかの時代 (東欧の想像力)

  • オルガ・トカルチュク (著)
  • 評価4.5レビュー:3件
  • 税込価格:2,860
  • 発売日:2019/11/01
  • 発送可能日:24時間
  • ポーランドの南西部、国境地帯にあるとされる架空の村プラヴィエク。そこに暮らす人々の、ささやかな日常が、ポーランドの20世紀を映しだすとともに、全世界の摂理を、宇宙的神秘をもかいま見させ…。中東欧文学の傑作。【「TRC MARC」の商品解説】

蔵書一代 なぜ蔵書は増え、そして散逸するのか

  • 紀田 順一郎 (著)
  • 評価4.0レビュー:7件
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2017/07/01
  • 発送可能日:1~3日
  • やむをえない事情から3万冊超の蔵書を手放した著者。自らの半身をもぎとられたような痛恨の蔵書処分を契機に、近代日本の出版史・読書文化を振り返りながら、「蔵書」の意義と可能性、その限界を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

幻想怪奇譚の世界

  • 紀田 順一郎 (著)
  • 評価5.0
  • 税込価格:2,090
  • 発行年月:2011.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 小泉八雲、泉鏡花、夢野久作、江戸川乱歩、アーサー・マッケン、ラヴクラフト…。幻想怪奇小説と推理小説、さらにはSFとの境界に位置する作家と作品を取り上げて解説する。翻訳3篇も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

ペインティッド・バード (東欧の想像力)

  • イェジー・コシンスキ (著)
  • 評価4.7レビュー:10件
  • 税込価格:2,090
  • 発行年月:2011.8
  • 発送可能日:24時間
  • 第二次大戦下、親元から疎開させられた6歳の男の子が、東欧の僻地をさまよう。ユダヤ人あるいはジプシーと見なされた少年が、その身で受け、またその目で見た、苛酷な暴力、非情な虐待、グロテスクな性的倒錯の数々—。【「BOOK」データベースの商品解説】

    第二次大戦下、親元から疎開させられた6歳の男の子が、東欧の僻地をさまよう。ユダヤ人あるいはジプシーと見なされた少年が、その身で受け、またその目...

二つの伝説 (東欧の想像力)

  • ヨゼフ・シュクヴォレツキー (著)
  • 評価4.5レビュー:3件
  • 税込価格:1,870
  • 発行年月:2010.11
  • 発送可能日:1~3日
  • 狂った時代だったけれど私たちにはジャズがあった—圧政下のチェコで歌いあげられた二つの伝説—「エメケの伝説」「バスサクソフォン」は、ナチスもソ連も憎悪した音楽・ジャズにのせて、満ち満ちる閉塞感のなかで、生がはかなくもきらめく一瞬をとらえる。ジャズに憑かれた作者の回顧エッセイ「レッド・ミュージック」併録。【「BOOK」データベースの商品解説】

    20世紀後半のチェコ文学を代表する作家のひと...

ハーン=ハーン伯爵夫人のまなざし ドナウを下って (東欧の想像力)

  • エステルハージ・ペーテル (著)
  • 評価3.4レビュー:5件
  • 税込価格:2,420
  • 発行年月:2008.11
  • 発送可能日:1~3日
  • 黒い森から黒海まで、中央ヨーロッパを貫く大河ドナウ川。その流れに沿って町から町へと移動する「プロの旅人」が、行く先々から雇い主に旅の報告書を送る。その内容は旅行報告の義務を軽やかに無視し、時空を超えて自在に飛躍。歴史、恋愛、中欧批判、レストラン案内、ドナウの源泉、小説の起源等々を奔放に語りつつ、膨大な引用(その多くは出所不明)を織り込みながら、ドナウの流れとともに小説は進んでいく…。【「BOOK」...

あまりにも騒がしい孤独 (東欧の想像力)

  • ボフミル・フラバル (著)
  • 評価4.2レビュー:22件
  • 税込価格:1,760
  • 発行年月:2007.12
  • 発送可能日:7~21日
  • ナチズムとスターリニズムの両方を経験し、過酷な生を生きざるをえないチェコ庶民。その一人、故紙処理係のハニチャは、毎日運びこまれてくる故紙を潰しながら、時折見つかる美しい本を救い出し、そこに書かれた美しい文章を読むことを生きがいとしていたが…カフカ的不条理に満ちた日々を送りながらも、その生活の中に一瞬の奇跡を見出そうとする主人公の姿を、メランコリックに、かつ滑稽に描き出す、フラバルの傑作。【「BOO...

路地と世界 世界文学論から読む中上健次 新刊

  • 今井 亮一 (著)
  • 税込価格:3,960
  • 取扱開始日:2021/04/15
  • 発送可能日:1~3日
  • 21世紀に入ってから、欧米を中心に盛んになっている世界文学論。そこでの重要な論点は、不思議にも、1992年に物故した作家・中上健次の問題意識と共鳴する。世界文学論の知見を援用しながら、中上作品を読解する。【「TRC MARC」の商品解説】

アーダルベルト・シュティフターにおける学びと教育形態 新刊

  • 磯崎 康太郎 (著)
  • 税込価格:4,950
  • 取扱開始日:2021/04/13
  • 発送可能日:1~3日
  • 19世紀オーストリアの作家・教育者、アーダルベルト・シュティフター。年少者が年長者を「まねぶ」ことから生まれる世代間伝達など、多様な教育形態を提示する彼の作品世界を、近年の教育学の知見を援用しながら捉えなおす。【「TRC MARC」の商品解説】

ドイツ語のヘクサメタ

  • 松波 烈 (著)
  • 税込価格:3,300
  • 取扱開始日:2021/03/31
  • 発送可能日:1~3日
  • 言語とは何か、韻文はなぜ韻文なのか。近代ドイツ詩における古典韻律の取り込みを、形式的な因習の模倣ではなく、創造的な異文化交流による言語混交プロジェクトとして読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

テクストと戯れる アメリカ文学をどう読むか

  • 高野 泰志 (編著)
  • 税込価格:2,750
  • 取扱開始日:2021/03/18
  • 発送可能日:1~3日
  • アメリカ文学作品を対象として、様々な方向からテクストにアプローチをした論文集。対象テクストのみに焦点を当てた論文、歴史状況などテクストの外を指向した論文、複数の対象テキスト間の影響作用を検証した論文等を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

ベルギーの「移民」社会と文化 新たな文化的多層性に向けて

  • 岩本 和子 (編著)
  • 税込価格:3,080
  • 取扱開始日:2021/03/18
  • 発送可能日:1~3日
  • 世界的に「移民」の現状や背景への関心が高まっている。「移民」社会ベルギーを検討対象とし、「移民」をとりまく文化・芸術面での具体的な制度や方策、個々の芸術家や作品を取り上げ、「移民」の創造的側面を考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

戦争とテレピン油 (フランダースの声)

  • ステファン・ヘルトマンス (著)
  • 税込価格:2,750
  • 取扱開始日:2020/10/23
  • 発送可能日:1~3日
  • 【AKO文学賞】祖父は、おのが半生を2冊のノートに綴っていた。戦争の記憶と美の崇高に捉えられ、離れられなかったその生涯を、手稿を託された孫が読み解く。ベルギーにおけるオランダ語文学の「現在」を紹介するシリーズ、第4弾。【「TRC MARC」の商品解説】

世界の文学、文学の世界

  • 奥 彩子 (編)
  • 税込価格:1,980
  • 取扱開始日:2020/04/01
  • 発送可能日:1~3日
  • ケニア、シリア、イラン、アルバニアなど、多様な国の、多様な言語で書かれた小説・詩・戯曲を集めた、世界の文学/文学の世界への扉となるアンソロジー。作品ごとに「作家・作品解説」「キーワード」を掲載する。【「TRC MARC」の商品解説】

宰相の象の物語 (東欧の想像力)

  • イヴォ・アンドリッチ (著)
  • 評価5.0レビュー:3件
  • 税込価格:2,420
  • 発売日:2018/11/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 恐怖政治を布く強大な権力者が、ふとした気まぐれから一頭の仔象を飼いはじめる。街中を無邪気に暴れまわる象は、人々の憎悪を集め…。権力への民衆の忍従と抵抗を描いた表題作をはじめ、ボスニアを舞台に紡いだ全4編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

原因 一つの示唆

  • トーマス・ベルンハルト (著)
  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2017/12/01
  • 発送可能日:1~3日
  • ベルンハルトの自伝的5部作の出発点。学校の寄宿舎を統べていたナチズムとカトリシズムを弾劾し、故郷ザルツブルクへの悪罵を書き連ねながら、「人生のもっとも凄まじい時代」の回想のなかに自らを形成した「原因」を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

時の止まった小さな町 (フラバル・コレクション)

  • ボフミル・フラバル (著)
  • 評価4.8レビュー:4件
  • 税込価格:1,870
  • 取扱開始日:2015/12/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 戦争がはじまり、祖国が消えた。戦争がおわり、新しいかたちの国ができた。ボヘミア地方の小さな町とビール醸造所でも、また別の新しい時代が始まる。しかしそこには、古い時への鍵しか持たず、新しい時代には入れない人々も、また…コレクション前作『剃髪式』のその後を描く、ノスタルジックな佳品。【「BOOK」データベースの商品解説】

    戦争がはじまり、祖国が消えた。戦争がおわり、新しいかたちの国ができ...

幻島はるかなり 推理・幻想文学の七十年

  • 紀田 順一郎 (著)
  • 評価4.4レビュー:3件
  • 税込価格:2,640
  • 取扱開始日:2015/02/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 戦後日本ミステリの隆盛に併走し、幻想怪奇文学の発掘と紹介に心血を注いだ著者による、七十余年のクロニクル。同人誌『SRマンスリー』の初期活動や、畏友大伴昌司との個人的な交友のエピソードなどにもふれる。【「TRC MARC」の商品解説】

表皮と核

  • ニコラ・アブラハム (著)
  • 評価5.0
  • 税込価格:4,620
  • 取扱開始日:2014/04/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 精神分析の脱構築、あるいは脱構築の精神分析ともいうべきニコラ・アブラハムとマリア・トロークの著作の日本語訳。フロイトの精神分析理論の制約を解除し、限りない豊饒さをもたらした名著。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 408 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。