サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 松籟社の紙の本一覧

“松籟社”の紙の本一覧

“松籟社”に関連する紙の本を377件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

アカシアは花咲く モンタージュ (東欧の想像力)

アカシアは花咲く モンタージュ (東欧の想像力)

  • デボラ・フォーゲル (著)
  • 税込価格:2,160
  • 取扱開始日:2019/01/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 今世紀に入って再発見され、世界のモダニズム地図を書き換える存在として注目を集めるデボラ・フォーゲル。短編集「アカシアは花咲く」や「鉄道駅の建設」、東欧ユダヤ人の民衆言語イディッシュ語で発表した短編などを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

原因 一つの示唆

原因 一つの示唆

  • トーマス・ベルンハルト (著)
  • 税込価格:1,836
  • 発売日:2017/12/01
  • 発送可能日:1~3日
  • ベルンハルトの自伝的5部作の出発点。学校の寄宿舎を統べていたナチズムとカトリシズムを弾劾し、故郷ザルツブルクへの悪罵を書き連ねながら、「人生のもっとも凄まじい時代」の回想のなかに自らを形成した「原因」を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

複数にして単数の存在

複数にして単数の存在

  • ジャン=リュック・ナンシー (著)
  • 評価4.5レビュー:2件
  • 税込価格:3,888
  • 発行年月:2005.4
  • 発送可能日:7~21日
  • 「大文字の他者」は存在しない。「複数で単数」の共−存在から存在論を作り直さねばならない。「無為の共同体」を越えて「われわれ」を思考するナンシーの主著と、現代の状況に直接に言及した論考4編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

ネムレ! (フランダースの声)

ネムレ! (フランダースの声)

  • アンネリース・ヴェルベーケ (著)
  • 税込価格:1,944
  • 発売日:2018/12/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 【フランダース新人賞】眠れない苦しみを抱え、眠れる人々への怒りに駆られて、夜の街をさまよう不眠症のマーヤ。その彷徨のはてに、「仲間」となるひとりの中年男と出会い…。ベルギーにおけるオランダ語文学の「現在」を紹介するシリーズ、第3弾。【「TRC MARC」の商品解説】

宰相の象の物語 (東欧の想像力)

宰相の象の物語 (東欧の想像力)

  • イヴォ・アンドリッチ (著)
  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,376
  • 発売日:2018/11/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 恐怖政治を布く強大な権力者が、ふとした気まぐれから一頭の仔象を飼いはじめる。街中を無邪気に暴れまわる象は、人々の憎悪を集め…。権力への民衆の忍従と抵抗を描いた表題作をはじめ、ボスニアを舞台に紡いだ全4編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

火曜日 (フランダースの声)

火曜日 (フランダースの声)

  • エルヴィス・ペーテルス (著)
  • 評価3.0
  • 税込価格:1,944
  • 発売日:2016/10/27
  • 発送可能日:1~3日
  • ふだんと変わらない、とある火曜日に、老人は思いだす。若きころの無軌道な生活を、ともに過ごした女性たちを、そして動乱期のコンゴで過ごした日々を…。【「TRC MARC」の商品解説】

ある子供

ある子供

  • トーマス・ベルンハルト (著)
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,728
  • 発売日:2016/05/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 母、祖父母と過ごした少年時代。それは、世界の表層を拒絶し、真実に対峙することを学んでいく日々であった−。死後四半世紀を経てなお、多くの読者を魅了する作家ベルンハルトを解き明かす鍵「自伝」五部作のひとつを翻訳。【「TRC MARC」の商品解説】

謎解き「嵐が丘」

謎解き「嵐が丘」

  • 廣野 由美子 (著)
  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,944
  • 取扱開始日:2015/12/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 「嵐が丘」の謎を解くためにテクストから証拠を拾い上げてゆくと、また新たな謎が出現し、これまで見えなかった作品の一断面が、鮮やかに浮かび上がってくる…。「「嵐が丘」の謎を解く」に3つの新章を加え、全面的に改稿。【「TRC MARC」の商品解説】

幻島はるかなり 推理・幻想文学の七十年

幻島はるかなり 推理・幻想文学の七十年

  • 紀田 順一郎 (著)
  • 評価4.4レビュー:3件
  • 税込価格:2,592
  • 取扱開始日:2015/02/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 戦後日本ミステリの隆盛に併走し、幻想怪奇文学の発掘と紹介に心血を注いだ著者による、七十余年のクロニクル。同人誌『SRマンスリー』の初期活動や、畏友大伴昌司との個人的な交友のエピソードなどにもふれる。【「TRC MARC」の商品解説】

植民者へ ポストコロニアリズムという挑発

植民者へ ポストコロニアリズムという挑発

  • 野村 浩也 (編/ほか著)
  • 税込価格:3,456
  • 発売日:2007/11/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 癒しという名の暴力−。沖縄と在日表象と傷の記述が現代日本の植民地主義を暴き出す。日本解放社会学会創立20周年記念出版事業の一環として、8本の論文を中心に編集した一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

不埒な希望 ホームレス/寄せ場をめぐる社会学

不埒な希望 ホームレス/寄せ場をめぐる社会学

  • 狩谷 あゆみ (編)
  • 税込価格:2,376
  • 発行年月:2006.11
  • 発送可能日:1~3日
  • もうひとつの場所へ−。寄せ場の、ダンボール村の、収容施設の、ストリートの男、女、外国人たち。その不埒な生が示すものは…。彼/女のもとへと歩み出る7篇の考察。強制撤去・排除、襲撃などに関するコラムも収録。【「TRC MARC」の商品解説】

近世畿内在払制度の研究

近世畿内在払制度の研究

  • 美馬 佑造 (著)
  • 税込価格:4,104
  • 発行年月:2006.3
  • 発送可能日:24時間
  • 近世畿内における在払を研究対象として、その実態および在払を通して見通せる近世社会の状況、および経済社会の評価や変遷のしくみについて見た後、今日の日本の社会状況についても言及する。【「TRC MARC」の商品解説】

ハインリヒ・マン短篇集 第3巻 後期篇

ハインリヒ・マン短篇集 第3巻 後期篇

  • ハインリヒ・マン (著)
  • 税込価格:3,672
  • 発行年月:2000.7
  • 発送可能日:1~3日
  • 1907年以降に発表された8編の短篇を収録。「ハデスからの帰還」「子供」「罪なき女」「コーベス」など、愛する者の死をめぐり、言葉に沈められた喪の記憶にまつわる後期短篇小説のコレクション。【「TRC MARC」の商品解説】

ハインリヒ・マン短篇集 第2巻 中期篇

ハインリヒ・マン短篇集 第2巻 中期篇

  • ハインリヒ・マン (著)
  • 税込価格:3,672
  • 発行年月:1999.7
  • 発送可能日:1~3日
  • 1901年から1906年にかけて発表された、8編の短篇を収録。「ピッポ・スパーノ」「女優」「ムネー」「知られざる者」など、弟トーマス・マンとの確執が反映される中期短篇小説のコレクション。【「TRC MARC」の商品解説】

社会学する原動力 (広島修道大学テキストシリーズ)

社会学する原動力 (広島修道大学テキストシリーズ) 新刊

  • 田中 慶子 (著)
  • 税込価格:2,160
  • 取扱開始日:2019/03/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 不安定な雇用、うつ病と過労自殺、降りられない消費ゲーム、ファッションと感情労働、生きづらさ−。現代社会のさまざまな現象・事件・出来事を社会学的に考察する。「論文の書き方」も指南する。【「TRC MARC」の商品解説】

子どもたちの見たロシア革命 亡命ロシアの子どもたちの文集

子どもたちの見たロシア革命 亡命ロシアの子どもたちの文集 新刊

  • 大平 陽一 (編訳)
  • 税込価格:2,808
  • 取扱開始日:2019/03/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 内戦期の混乱に巻き込まれ、肉親との別離や飢えを経験し、異境の地への亡命を余儀なくされ…。1920年代前半、亡命ロシア人の子弟が通うギムナジウムで、ロシア革命後の体験をテーマに課された生徒たちの作文を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

コミュニティ・ユニオン 社会をつくる労働運動

コミュニティ・ユニオン 社会をつくる労働運動 新刊

  • 文 貞實 (編著)
  • 税込価格:2,592
  • 発売日:2019/03/01
  • 発送可能日:1~3日
  • コミュニティ・ユニオン全国ネットワーク(CUNN)の全国調査のデータをとおして、誰が参加し、何を求めているかを分析。さらに、コミュニティ・ユニオンがどのような公共圏を生成しているかを明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

ヒューディブラス

ヒューディブラス

  • サミュエル・バトラー (著)
  • 税込価格:5,616
  • 発行年月:2018.9
  • 発送可能日:1~3日
  • 騎士ヒューディブラスと従者ラルフォーの滑稽な行状や不毛な論争に託して、清教徒革命から王政復古に至るまでの英国の事件・政情・人心の動向を鋭く風刺した長編詩。サミュエル・バトラー関連年譜、人名・地名・事項索引つき。【「TRC MARC」の商品解説】

共謀綺談 (創造するラテンアメリカ)

共謀綺談 (創造するラテンアメリカ)

  • フアン・ホセ・アレオラ (著)
  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,944
  • 取扱開始日:2018/07/20
  • 発送可能日:1~3日
  • 【ハリスコ州文学賞(1953年)】寓話とも、罪のない小噺とも、皮肉みなぎる笑劇とも取れるその作品たちをどう読み、どう味わうかは、著者とあなた(読者)の「共謀」しだい−。「転轍手」「驚異的なミリグラム」をはじめ、全28篇の掌篇・短篇を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

ことばの水底へ 「わたし」をめぐるオスティナート

ことばの水底へ 「わたし」をめぐるオスティナート

  • 國重 裕 (著)
  • 税込価格:1,728
  • 取扱開始日:2018/07/10
  • 発送可能日:購入できません
  • 自己を凝視し、自分自身への果てしない問いかけを続けた画家や音楽家。自らを、そして世界をまなざす「ことば」のあり様を問い続けた詩人や作家−。彼ら彼女らを導き手として綴られた「わたし」と「ことば」をめぐる随想集。【「TRC MARC」の商品解説】

狂人の船 (創造するラテンアメリカ)

狂人の船 (創造するラテンアメリカ)

  • クリスティーナ・ペリ=ロッシ (著)
  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,160
  • 取扱開始日:2018/07/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 終わりのない旅を続ける亡命者エックス。出会いと別れ、獲得と喪失を繰り返す遍歴の果てに見出されるものとは−。母国ウルグアイの圧制を逃れ亡命という「痛みを伴う複雑な経験」をくぐり抜けた著者が綴る、現代の遍歴の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

島の「重さ」をめぐって キューバの文学を読む

島の「重さ」をめぐって キューバの文学を読む

  • 久野 量一 (著)
  • 税込価格:2,160
  • 取扱開始日:2018/06/05
  • 発送可能日:1~3日
  • 自らのアイデンティティを自明視するギジェンの「肯定の詩学」と、それを疑うピニェーラの「否定の詩学」。相反する二つの詩学を両輪に走り続けてきたキューバの文学を、複眼的な視線で追う。【「TRC MARC」の商品解説】

トポスとしての図書館・読書空間を考える (図書館・文化・社会)

トポスとしての図書館・読書空間を考える (図書館・文化・社会)

  • 相関図書館学方法論研究会 (編著)
  • 税込価格:3,240
  • 発売日:2018/04/01
  • 発送可能日:購入できません
  • 図書館という場とその機能の分析を軸に、図書館を中心に広がる読書空間を多様な観点から考察する。「読書装置に関するレトリック」「ピッツバーグ・カーネギー図書館における児童サービス空間」など8編の論考を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

下半身から読むアメリカ小説

下半身から読むアメリカ小説

  • 高野 泰志 (著)
  • 税込価格:3,024
  • 発売日:2018/03/01
  • 発送可能日:1~3日
  • アメリカ文学史において太文字で特筆される男性作家は、作品中で女性登場人物をどのように描いたのか。視線と欲望、女性のセクシャリティ等の観点からアメリカ小説を読み直し、男性性に基づいた価値観とその変遷をあとづける。【「TRC MARC」の商品解説】

想像された「北方」 象徴主義におけるベルギーの地詩学を巡って

想像された「北方」 象徴主義におけるベルギーの地詩学を巡って

  • 三田 順 (著)
  • 税込価格:6,480
  • 発売日:2018/02/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 多言語国家ベルギーにおいて世紀転換期に各地域で展開した象徴主義を考察。「ベルギー」というアイデンティティーを問題意識の核に据え、全言語圏を対象として文学と絵画を比較・検討する。【「TRC MARC」の商品解説】

三浦義武 缶コーヒー誕生物語

三浦義武 缶コーヒー誕生物語

  • 神 英雄 (著)
  • 税込価格:1,620
  • 発売日:2017/10/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 独自のネル・ドリップによって濃厚で香り高いコーヒーをつくりだし、世界初の缶コーヒーを発売した三浦義武。日本のコーヒー文化の礎を築いたその足跡を辿る。三浦義武が発表したコーヒーに関する文章なども収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

こころの病いときょうだいのこころ 精神障害者の兄弟姉妹への手紙

こころの病いときょうだいのこころ 精神障害者の兄弟姉妹への手紙

  • 滝沢 武久 (著)
  • 税込価格:1,620
  • 発売日:2017/09/01
  • 発送可能日:1~3日
  • こころを病む人のきょうだいが長い悩みのトンネルから抜け出して、より良い人生を送って欲しい−。こころを病むきょうだいを持った精神科ソーシャルワーカーとして歩んだ著者が、内面の経験と提言を書き綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

蔵書一代 なぜ蔵書は増え、そして散逸するのか

蔵書一代 なぜ蔵書は増え、そして散逸するのか

  • 紀田 順一郎 (著)
  • 評価3.8レビュー:6件
  • 税込価格:1,944
  • 発売日:2017/07/01
  • 発送可能日:1~3日
  • やむをえない事情から3万冊超の蔵書を手放した著者。自らの半身をもぎとられたような痛恨の蔵書処分を契機に、近代日本の出版史・読書文化を振り返りながら、「蔵書」の意義と可能性、その限界を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

ブラックウォーター灯台船

ブラックウォーター灯台船

  • コルム・トビーン (著)
  • 評価1.0レビュー:2件
  • 税込価格:2,160
  • 取扱開始日:2017/06/28
  • 発送可能日:1~3日
  • 死期の近づいた弟のために、棄てたはずの故郷に戻ってきたヘレン。自分の人生から切り離した過去と、母という存在と向き合う苦しみの中で、彼女が見出したのは…。現代アイルランドを代表する作家コルム・トビーンの長編小説。【「TRC MARC」の商品解説】

文学と政治 近現代ドイツの想像力

文学と政治 近現代ドイツの想像力

  • 青地 伯水 (編著)
  • 税込価格:3,672
  • 取扱開始日:2017/03/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 「政治とのかかわりで文学を読む」という発想のもと、喜劇「大コフタ」、叙事詩「ヘルマンとドロテーア」、小説「ヴァイマルのロッテ」などを取り上げながら、ドイツのバロック時代から第二次世界大戦後に至るまでを論じる。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 377 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。