サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0125-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 夏葉社の紙の本一覧

商品の絞り込み

絞込キーワード

発売日
ジャンル
新刊・予約商品
フォーマット
在庫状況
価格帯

“夏葉社”の紙の本一覧

“夏葉社”に関連する紙の本を39件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

喫茶店で松本隆さんから聞いたこと

  • 松本 隆 (述)
  • 評価4.2レビュー:6件
  • 税込価格:1,540
  • 取扱開始日:2021/07/08
  • 発送可能日:1~3日
  • ビートルズについて、時間の使い方、詞のつくり方、戦うということ…。作詞家・松本隆が喫茶店で語った言葉を、京都で書店・ホホホ座を営む著者が掬い取る。【「TRC MARC」の商品解説】

レンブラントの帽子

  • バーナード・マラマッド (著)
  • 評価4.0レビュー:28件
  • 税込価格:1,760
  • 発行年月:2010.5
  • 発送可能日:1~3日
  • 人間の心の色どりと移ろいを哀切に、精密に、あたたかみをもって描いた、マラマッドの最高傑作である表題作のほか、「引出しの中の人間」「わが子に、殺される」の計3篇を収録。荒川洋治のエッセイも収録。〔集英社 1975年刊の抜粋〕【「TRC MARC」の商品解説】

星を撒いた街 上林曉傑作小説集

  • 上林 曉 (著)
  • 評価4.1レビュー:16件
  • 税込価格:2,420
  • 発行年月:2011.6
  • 発送可能日:1~3日
  • 心を病んだ妻を看取り、脳溢血によって半身不随となってからも、優れた短編小説を書き続けた文豪・上林曉。表題作ほか、「花の精」「和日庵」など全7編の美しい私小説を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

風の便り

  • 小山 清 (著)
  • 評価4.5レビュー:7件
  • 税込価格:1,760
  • 取扱開始日:2021/03/31
  • 発送可能日:1~3日
  • 君のよさは、ながくともに暮らしているうちに、いつか自然にこちらの心に映ってくるような性質のものです−。太宰治に師事した作家が、1950年代に綴ったつつましやかな全11編の随筆集。各章扉に糊付けの小さな絵あり。【「TRC MARC」の商品解説】

さよならのあとで

  • ヘンリー・スコット・ホランド (詩)
  • 評価4.5レビュー:30件
  • 税込価格:1,430
  • 発売日:2012/01/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 死はなんでもないものです。私はただとなりの部屋にそっと移っただけ。—永別のかなしみをいやす、42行の言葉。【「BOOK」データベースの商品解説】

    死はなんでもないものです。私はただ となりの部屋にそっと移っただけ。英国教会の神学者であり、哲学者でもあったヘンリー・スコット・ホランドの詩の邦訳を、絵本作家・高橋和枝の絵とともに収録。【「TRC MARC」の商品解説】

私の文学渉猟 新刊

  • 曾根 博義 (著)
  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,530
  • 取扱開始日:2022/01/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 「芥川龍之介と宇野千代」「川端康成「純粋の声」」「伊藤整のなかの詩」…。近代文学研究者であり、古書蒐集家でもあった曾根博義の本と文学にまつわる48本の文章を精撰して収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

近代日本の文学史

  • 伊藤 整 (著)
  • 評価4.0レビュー:4件
  • 税込価格:2,420
  • 取扱開始日:2012/04/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 森鷗外、夏目漱石、谷崎潤一郎、芥川龍之介、太宰治…。明治維新から昭和33年までの日本文学の歴史と躍動する文学者たちの姿を綴った名著。荒川洋治のエッセイも収録。【「TRC MARC」の商品解説】

第一藝文社をさがして 新刊

  • 早田 リツ子 (著)
  • 税込価格:2,750
  • 取扱開始日:2022/01/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 戦前、伊丹万作、今村太平、杉山平一らの本を刊行した、たったひとりの出版社「第一藝文社」。中塚道祐が自ら編集者を務めた花道機関誌『花泉』掲載の記事や自伝などをもとに、第一藝文社と彼の生涯をたどる。【「TRC MARC」の商品解説】

美しい街

  • 尾形 亀之助 (著)
  • 評価4.5レビュー:12件
  • 税込価格:1,760
  • 発売日:2017/02/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 街よ 私はお前が好きなのだ お前と口ひとつきかなかったようなもの足りなさを感じて帰るのは実にいやなのだ(「美しい街」より) 尾形亀之助の全詩作から55編を精選。能町みね子によるエッセイも掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

昔日の客

  • 関口 良雄 (著)
  • 評価4.5レビュー:59件
  • 税込価格:2,420
  • 発行年月:2010.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 尾崎一雄、尾崎士郎、上林暁、野呂邦暢、三島由紀夫…。文学者たちが愛した東京大森の古本屋「山王書房」の店主が、文学者たちとの交流と、古本と文学に対する愛情を綴る。〔三茶書房 昭和53年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

ブックオフ大学ぶらぶら学部

  • 武田砂鉄/大石トロンボ/山下賢二/小国貴司/Z/佐藤晋/馬場幸治/島田潤一郎/横須賀拓 (著)
  • 評価4.5レビュー:17件
  • 税込価格:1,430
  • 取扱開始日:2020/11/09
  • 発送可能日:1~3日
  • これまで論じられてこなかった、日本全国の本のある場所。ブックオフとはなんなのか。その魅力と、いくつかの思い出を、ライター、漫画家、ホホホ座座長、BOOKS青いカバ店主らが語る。【「TRC MARC」の商品解説】

サンライト 永井宏散文集

  • 永井 宏 (著)
  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:2,200
  • 取扱開始日:2019/09/26
  • 発送可能日:1~3日
  • ものをつくること。表現すること。店をやること。だれにでもできるということ−。いまなお多くの人たちに影響を与え続けている美術作家、永井宏の初めてのアンソロジー。そのあこがれと実践を26の文章からたどる。【「TRC MARC」の商品解説】

山の上の家 庄野潤三の本

  • 庄野 潤三 (著)
  • 評価4.7レビュー:2件
  • 税込価格:2,420
  • 発売日:2018/07/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 今なお多くのファンをもつ、庄野潤三。一家が暮らした生田の山の上に立つ家の風景を、豊富な写真で紹介するほか、単行本未収載の作品、全著作案内、家族の原稿などを収録する。佐伯一麦の特別寄稿も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

埴原一亟古本小説集

  • 埴原 一亟 (著)
  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:2,420
  • 取扱開始日:2017/08/30
  • 発送可能日:1~3日
  • 戦前戦後の雑踏のなかから、文学が見えてくる−。忘れられた作家・埴原一亟の古本小説集。建場やツブシ屋を廻って貴重な雑誌や本を探し出す、本屋の島赤三を描いた「翌檜」のほか、「塵埃」「十二階」など全7編を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

神保町

  • 得地 直美 (著)
  • 評価3.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2016/10/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 本のある町を歩いて、歩いて、歩いて、描いた、1冊のスケッチブックのような本。散歩するように、思い出すように、読む本…。2010年〜2016年に神保町とその周辺を描いたモノクロ町画集。【「TRC MARC」の商品解説】

未来の図書館のために

  • 前川 恒雄 (著)
  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,980
  • 取扱開始日:2021/02/09
  • 発送可能日:要確認
  • 1960年代、東京の日野ではじまった図書館改革。それは1台の移動図書館が市民の求める本を供給したことがきっかけだった−。日野市立図書館についての論考、図書館への思い、私的な記録などをまとめた遺稿集。【「TRC MARC」の商品解説】

漱石全集を買った日 古書店主とお客さんによる古本入門

  • 山本 善行 (著)
  • 評価4.0レビュー:7件
  • 税込価格:1,430
  • 取扱開始日:2019/05/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 本に興味のなかった若者が文学に出会い、古本マニアになるまでの歳月を、古書店主との対談形式で楽しく伝えます。巻頭に本棚の写真も収録。読めば今すぐ古本屋さんに行きたくなる一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

早く家へ帰りたい 新装版

  • 高階 杞一 (著)
  • 評価5.0レビュー:1件
  • 税込価格:1,760
  • 取扱開始日:2019/02/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 時間の川をさかのぼって あの日よりもっと前までさかのぼって もう一度 扉をあけるところから やりなおしたい(「早く家へ帰りたい」より) 障害を負って生まれ、4年弱の日々を生きた息子への思いを綴った詩集。【「TRC MARC」の商品解説】

ふたりっ子バンザイ 石亀泰郎写真集

  • 石亀 泰郎 (著)
  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:2,200
  • 発売日:2017/12/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 西部劇ごっこ、おふとんの上ででんぐりかえり、ふたりでおそうじ…。成長していく兄弟のようすを写した、愛情あふれる小さな写真集。子どもたちを撮り続けた写真家・石亀泰郎のデビュー作を約50年ぶりに復刊。〔こども部屋社 1965年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

すべての雑貨

  • 三品 輝起 (著)
  • 評価4.0レビュー:6件
  • 税込価格:2,200
  • 取扱開始日:2017/04/25
  • 発送可能日:1~3日
  • 世界がじわじわと雑貨化している気がする。それまでは雑貨とみなされてなかった物が、つぎつぎと雑貨に鞍がえしているせいなのだ−。「雑貨とはなにか」をテーマに綴った文章を中心に収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

東京の編集者 山高登さんに話を聞く

  • 山高 登 (著)
  • 評価4.0レビュー:2件
  • 税込価格:2,530
  • 取扱開始日:2017/04/24
  • 発送可能日:1~3日
  • 昭和の風景を鮮やかに、あたたかく彫る木版画家・山高登は、木版画家に転身する前は新潮社の文芸編集者だった。内田百間、志賀直哉ら作家との思い出と、編集した書籍の書影、書票、モノクロ写真を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

移動図書館ひまわり号

  • 前川 恒雄 (著)
  • 評価4.5レビュー:16件
  • 税込価格:2,200
  • 取扱開始日:2016/07/19
  • 発送可能日:1~3日
  • 1965年、図書館のなかった市に、1台の移動図書館が誕生する。本を求めている人がいるなら、どこへでも行く。若い彼らの実践が日本の図書館を大きく変えていく。本と、市民と、図書館で働く人たちの、熱い記録。〔筑摩書房 1988年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

ガケ書房の頃

  • 山下 賢二 (著)
  • 評価4.2レビュー:24件
  • 税込価格:1,980
  • 発売日:2016/04/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 目立つ外観と独特の品揃え、店内音楽ライブなどでファンから愛された京都市左京区の本屋・ガケ書房。その店主が、店を移転・改名するまでの11年間とその青春、未来を綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

かわいい夫

  • 山崎 ナオコーラ (著)
  • 評価3.8レビュー:37件
  • 税込価格:1,870
  • 発売日:2015/12/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 日々の暮らし。父との死別。流産。ふたたびの妊娠。さまざまな出来事をとおして、浮かび上がってくる、あたらしい結婚の形。変化していく、作家のこころ。毎日、少しずつ読みたくなる、結婚エッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】

    日々の暮らし。父との死別。流産。ふたたびの妊娠。さまざまな出来事をとおして、あたらしい結婚の形と、変化していく作家のこころを浮かび上がらせる結婚エッセイ集。『...

レコードと暮らし

  • 田口 史人 (著)
  • 評価3.7レビュー:5件
  • 税込価格:2,420
  • 発売日:2015/09/01
  • 発送可能日:1~3日
  • 235枚の音盤に耳を傾けることで見えてくる、戦後の人々の気持ちと暮らし。人々に愛された「物」としてレコードを眺めることで、失われた何かがよみがえる、レコード庶民列伝。【「TRC MARC」の商品解説】

いちべついらい 田村和子さんのこと

  • 橋口 幸子 (著)
  • 評価4.0レビュー:13件
  • 税込価格:1,870
  • 取扱開始日:2015/05/27
  • 発送可能日:1~3日
  • 田村隆一さん、北村太郎さん、田村和子さん。ひとりの女性と、ふたりの詩人。稲村ケ崎の田村和子さんの住む家で暮らした著者が、可笑しくて、痛切な日々を綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

90年代のこと 僕の修業時代

  • 堀部 篤史 (著)
  • 評価4.5レビュー:9件
  • 税込価格:1,760
  • 取扱開始日:2018/11/07
  • 発送可能日:要確認
  • ヒップホップ、レンタルビデオ、タウン情報誌。スマートフォンもアマゾンもGoogleもなかったあの頃。僕はどこで何をしていたのだろう−。自身の半生を振り返りながら、90年代のことを綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

故郷の本箱 上林曉傑作随筆集

  • 上林 曉 (著)
  • 評価4.4レビュー:4件
  • 税込価格:2,420
  • 取扱開始日:2012/07/23
  • 発送可能日:要確認
  • 昭和を代表する私小説作家が、正宗白鳥、井伏鱒二、藤澤清造、葛西善蔵といった作家たちの思い出や、なつかしい本の記憶、大学時代の思い出のひとこまなどをつづったエッセイ集。【「TRC MARC」の商品解説】

神様のいる街

  • 吉田 篤弘 (著)
  • 評価4.3レビュー:11件
  • 税込価格:1,760
  • 取扱開始日:2018/04/30
  • 発送可能日:要確認
  • 神戸にいると、僕は神様の声が聞こえるのだ−。高校生の終わりごろから結婚するまでのあいだに起きたことを、神戸と神保町というふたつの街を中心に据えて綴った自伝的エッセイ。幻の処女作「ホテル・トロール・メモ」も併録。【「TRC MARC」の商品解説】

いのちの学校

  • 柳沢 智子 (著)
  • 税込価格:1,650
  • 取扱開始日:2015/12/10
  • 発送可能日:要確認
  • 事件や事故によって、突然、奪われた「いのち」。被害者たちの、断ち切られた現在と未来を紡ぐ「生命のメッセージ展」の中から、15家族の物語を紹介する。被害者のための法律解説も収録。【「TRC MARC」の商品解説】
検索結果 39 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。