サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. ランキング
  3. 新書・選書・ブックレットランキング

商品の絞り込み

ジャンル

新書・選書・ブックレットランキング

本の通販ストア、電子書籍ストア、提携書店の新書・選書・ブックレットの本の売れ筋24時間ランキングです。100位のうち、1位~25位をご紹介します。

集計期間:
24時間
1週間
1ヶ月
表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示
集計結果 100 位中 1 位~ 25 位を表示 表示件数:

1

STAY

80歳の壁 (幻冬舎新書)

新書

食べたいものを食べる、血圧・血糖値は下げなくていい、ガンは切らない、おむつを味方にする…。80歳からの人生、「生老病死」の大きな壁を越えていくヒントを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】後送【商品解説】人生100年時代だが、健康寿命の平均は男性72歳、女性75歳。80歳を目前に寝たきりや要介...

2

STAY

物語ウクライナの歴史 ヨーロッパ最後の大国 (中公新書)

新書

ロシア帝国やソヴィエト連邦のもとで長く忍従を強いられながらも、独自の文化を失わず、有為の人材を輩出し続けたウクライナ。不撓不屈のアイデンティティは、どのように育まれてきたのか。スキタイの興亡、キエフ・ルーシ公国の隆盛、コサックの活躍から、一九九一年の新生ウクライナ誕生まで、この地をめぐる歴史を俯瞰。...

3

UP

邪馬台国の女王・卑弥呼はどこにいた? 豊臣秀吉の朝鮮出兵が成功しなかったのは李舜臣が率いる亀甲船に水軍が敗れたから? 日本海海戦で日本がロシアに完勝した真因は? エンジニアが「数字」を駆使して日本史の謎に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】歴史とは、人と物が時間軸・空間軸の中をいかに運動したかを...

4

DOWN

基礎からわかる論文の書き方 (講談社現代新書)

新書

書く方法がわかれば、勉強はもっと面白くなる。論文とは何かから、研究の進め方、文章の書き方や注記のしかたまで、論文の書き方を会話形式を交えながら解説する。慶應義塾大学の講義をもとに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】学問の「型」を理解すれば、勉強はもっと楽しくなる。社会人にも役立つ、大学の双方向...

5

UP

一汁一菜でよいと至るまで (新潮新書)

新書

レストランで食べるものと区別し、家庭では簡素なものを食べればよい「一汁一菜」スタイルを築いた料理研究家・土井善晴。父と同じ道を歩み、家庭料理の斬新なスタイルを構築するまでの道のりを綴る。『波』連載を新書化。【「TRC MARC」の商品解説】料理に失敗なんて、ない――レストランで食べるものと家で食べる...

6

UP

現代ロシアの軍事戦略 (ちくま新書)

新書

ロシアはなぜ世界的な大国であり続けられるのか。ドローン、サイバー攻撃などの最新の戦略を駆使し、ハイブリッドな戦争観を磨き上げて返り咲いたロシアの「新しい戦争」を読み解き、未来の世界情勢を占う。【「TRC MARC」の商品解説】弱小国となったロシアはなぜ世界に覇権を誇示し続けられるのか。異能の研究者が...

7

UP

現代思想入門 (講談社現代新書)

新書

デリダは「概念の脱構築」、ドゥルーズは「存在の脱構築」、フーコーは「社会の脱構築」。人生を変える現代思想の真髄を、かつてない仕方で書き尽くした、俊英による現代思想の入門書。【「TRC MARC」の商品解説】人生を変える哲学が、ここにある――。現代思想の真髄をかつてない仕方で書き尽くした、「入門書」の...

8

UP

10分で名著 (講談社現代新書)

新書

「神曲」「源氏物語」「失われた時を求めて」「相対性理論」…。手に取ってみたけれど、挫折した難解な名著や古典12冊の読み方や読みどころをその道のプロが紹介。冒頭には各作品の基礎知識を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】最強の水先案内人がプロに「読みどころ」を聞いてみた――。『神曲』『源氏物語』...

9

DOWN

ウイルス学者の責任 (PHP新書)

新書

日本の自粛要請は過剰。子供がワクチンを打つことには強く疑義を呈したい−。COVID−19から学ぶべき教訓を批判覚悟で語り、警鐘を鳴らす。「ウイルスRNA混入事件」「今市事件」の回顧や、研究観と研究歴なども記す。【「TRC MARC」の商品解説】ウイルス学の専門家として、世に伝えるべきことがある。日本...

10

UP

日本史を疑え (文春新書)

新書

丸暗記を脱却し、「時代の変化はなぜ起きたのか?」を考えると、歴史は何倍も面白くなる。自分の頭で歴史を考えたい人に向けて、「史料」の読み方から「史実」の確かめ方、「定説」「最新学説」の疑い方までを明快に語る。【「TRC MARC」の商品解説】「定説」も「最新学説」も一から見直そう!45のクエスチョンで...

11

DOWN

「最後の活動期」をどう過ごすかで、老化は遅くなる! 30年以上にわたり高齢者医療の現場に携わってきた著者が、要介護を遠ざけ、自立した晩年をもたらす70代の健康術、医療とのつき合い方などを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】現在の70代の日本人は、これまでの70代とはまったく違う。若々しく、健...

12

UP

つまらないと感じたら後はずっと1.5倍速、会話のないシーンは即飛ばす、観る前にネタバレサイトをチェック…。一体何がそうした映画や映像の視聴スタイルを生んだのか? あまりに巨大すぎる消費社会の実態をあぶり出す。【「TRC MARC」の商品解説】

13

UP

戦国武将、虚像と実像 (角川新書)

新書

信長は戦前まで人気がなかった。秀吉は人たらしでなく邪悪だった…。時代ごとに変化していた人物像。最新研究に基づく実像を示すだけでなく、著名武将のイメージの変遷から日本人の歴史認識の変化と特徴までを明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】妄説、打破!信長は戦前まで人気がなかった。秀吉は人たらしで...

14

UP

食べものと体の関係は誤解だらけ! 酵素を摂るとダイエットや健康に良く働く、ビタミンは多く摂るほど体に良い…。食品学・生化学を専門とする著者が、栄養素や体を作る成分、体のなかの代謝という動きについて解説する。【「TRC MARC」の商品解説】「食物繊維は体にいいから消化もいい」と語っている学生に、そも...

15

UP

日本病 なぜ給料と物価は安いままなのか (講談社現代新書)

新書

どうして日本の国力は30年以上も低下し続けているのか。低所得・低物価・低金利・低成長の「4低」に喘ぐ状況を「日本病」と名付け、海外との比較や日本に独特の事情も検討しながら脱却するための道筋を考察する。【「TRC MARC」の商品解説】どうして日本の国力は30年以上も低下し続けているのか?低所得・低物...

16

STAY

ユヴァル・ノア・ハラリ、トマ・ピケティ、ジョージ・ソロスなど、世界の賢人12人によるウクライナ戦争についての最新論考を収録。戦争が起きた背景、プーチンの狙い、これからの世界秩序について、深い視座を得られる。【「TRC MARC」の商品解説】ユヴァル・ノア・ハラリ、トマ・ピケティ、ノーム・チョムスキー...

17

DOWN

未完の敗戦 (集英社新書)

新書

なぜこの国は人を粗末に扱うのか?その根本原因に迫る!コロナ対策、東京五輪強行開催、差別やハラスメント、長時間労働、低賃金……。日本の組織はあまりにも人間を、人の命や暮らしを、軽視していないか?こうした状況と酷似するのが、先の戦争中の日本社会だ。本書では、大日本帝国時代の歴史を追いながら、その思考の構...

18

DOWN

ほったらかし投資術 全面改訂第3版 (朝日新書)

新書

手間いらずで簡単、シンプルでローコスト、早期リタイアも夢ではない! インデックス・ファンドを使った資産運用の具体的方法を紹介する。Q&Aなどを加筆し、2024年の新NISAにも対応した全面改訂第3版。【「TRC MARC」の商品解説】投資初心者も、もう迷わないほったらかし投資の公式本!ベストセラー『...

19

DOWN

猪木と馬場 (集英社新書)

新書

“燃える闘魂”と“東洋の巨人”の終わりなき物語。昭和のあの頃、金曜夜8時に「男の子」はみんなテレビの前にいた--。アントニオ猪木とジャイアント馬場は力道山門下で同日デビューし、やがて最強タッグ「BI砲」で頂点に上り詰めた。その後、独立してそれぞれの道を歩み、二人は仁義なき興行戦争へと突入していく。プ...

20

UP

自衛隊最高幹部が語る台湾有事 (新潮新書)

新書

現実味を増す台湾有事に備え、自衛隊の元最高幹部たちが「有りうるかも知れない有事の形」をシミュレーション。政府、自衛隊、国民はどのような決断を迫られるのか? リアルなストーリーを通じて安全保障の課題をあぶり出す。【「TRC MARC」の商品解説】現実味を増す台湾有事に備え、自衛隊の元最高幹部たちが「有...

21

UP

『失敗の本質』を語る なぜ戦史に学ぶのか (日経プレミアシリーズ)

新書

日本軍の敗因分析から様々な教訓を引き出し、勝てる組織になるための方法を提言した名著「失敗の本質」。筆者代表・野中郁次郎が戦史研究を俯瞰し、どのように研究を深め、自身の経営理論とどうリンクしてきたのかを解説する。【「TRC MARC」の商品解説】『失敗の本質』は、日本が第2次世界大戦(同書では大東亜戦...

22

DOWN

捨てない生きかた (マガジンハウス新書)

新書

愛着ある“ガラクタ”は人生の宝物。モノが捨てられない、それもまたいいではないか−。著者自身の「捨てない生活」から「この国が捨ててきたもの」までを語り、モノを捨てることがブームとなっている現代社会に一石を投じる。【「TRC MARC」の商品解説】<マガジンハウス新書創刊第1弾>“捨てる身軽さ”よりも“...

23

UP

20歳の自分に教えたい現代史のきほん (SB新書)

新書

ロシアのウクライナ侵攻や米ロ・米中関係など、現在起きているニュースの歴史的背景を解説。東西冷戦・イスラム情勢・世界の軍事力・世界経済等、今さら恥ずかしくて聞けない現代史の常識を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】米中新冷戦とはどういうことか? なぜ中国は経済大国になったのか? アメリカ軍がア...

24

STAY

歴史人口学で見た日本 増補版 (文春新書)

新書

17世紀は核家族が増え、結婚率があがり、人口爆発が起こった。結婚数年での離婚が多かった。出稼ぎに出たまま戻ってこない人が相当数いた…。「宗門改帳」などの人口史料を分析し、近世庶民の家族の姿・暮しぶりを活写する。【「TRC MARC」の商品解説】「日本の多様性」を見事に明かした名著!磯田道史氏「速水先...

25

STAY

「正しい戦争」は本当にあるのか (講談社+α新書)

新書

必要性のない戦争は戦争犯罪そのものであり、ただ犠牲を招くだけである。それでは、どの戦争が誤りであり、どの戦争が必要なのか。正しい戦争は本当にあるのだろうか。当代最上の知性が、この問いに答える。〔ロッキング・オン 2003年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】「ぼくは抽象論が嫌いなんです」ーー...
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。