サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 相州さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

相州さんのレビュー一覧

投稿者:相州

2 件中 1 件~ 2 件を表示

墓に持って入りたい一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

言われてみればそうなんだよな。毛利輝元なんてのはどうしようもないボンボンの三代目で家康に良いように騙されてやり込められたおバカという印象だったけど、考えてみたらあそこまで追い込まれても家を潰さなかったというのは凄いことなんだよな。
割と一気に読み終えてしまったけど色々考えさせられた、本当に今の時点では「墓に持って入りたい一冊」。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

これまでには無い歴史観。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

豊臣秀吉の懐刀として秀吉さえも恐れさせたという黒田如水に始まる福岡藩黒田家の草創期の物語。当時の人参模様を現代の我々の日常に置き換えて説明しており、とてもわかりやすい。また、従来の歴史小説と違い、「家康は本当に最初から豊臣家を滅ぼすつもりだったのか」など、その斬新な解釈はとても興味深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示