サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ノアさんのレビュー一覧

ノアさんのレビュー一覧

投稿者:ノア

電子書籍天地雷動

2017/07/12 18:59

話は面白いのだが、

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

こちらで認識している見解と違いが多く見られる。
尤も私の知識は他人からの受け売りだが。
まず、武田家の家臣は信玄に才能を見出されたのだろうが、
それでも以前の代からの譜代が多かったと聞く。
「武田24将図」を見ても比較的新参の真田が優遇されているとは言え、
山本勘助は足軽大将に過ぎなかった様だし。
勘助自体を創作上の人物と見る人もいる様だ。
多くの戦国大名が能力による人材登用を理想にしていたが、
成功したのは織田家のみだったと思われるが。
徳川家康でさえ、本能寺の変を間近に見て「やっぱり家臣は譜代に限る」
と認識していたとか。
また、他のアジア諸国と違い日本では鉄砲伝来の僅か4ヶ月後に
国産の鉄砲が製造されたと聞いている。
それでも大量生産には時間がかかり、かつ慢性の鉄砲不足に悩まされていたと考えるところなのか?
まだ途中までしか読んでいないが、この先も疑問を感じつつ
読み進めることになると思う。

それから思い出したので追加。
信長が堺に金を要求した件について。
本書ではその金額を問題にしていたとされているが
(現在の6億円相当でしたか?)
他から聞いた話では彼らは大金とは思っておらず、
堺の独立が脅かされることの方に問題意識があったと聞く。
ただ、これは単なる負け惜しみとも考えられるが。

読了して2つの疑問を追加。
信長が支配するようになり堺の賑わいが下火になったという記述があるが、
信長への税金の支払いという支出が増えたとはいえ、交易がより盛んになった分むしろ景気はより良くなったのではないかと思える。
後に秀吉が大坂に都市を造る事で堺が衰退したのが事実だとしても。
最後の疑問は家康は本当にここに書かれている様な小者だったのか?という点。
信長とは全く異なる性格故に大いに悩まされていた事は理解出来るが、
本能寺後の振る舞いから天才ではないながらも一種の秀才と認識している私としては甚だ疑問。
一方、信長や秀吉についてはこんな人物だったのだろうと納得している。

念押しするとこれらは全て疑問であって、間違いと決めつけている訳では無い。
ただ、今まで読んできた小説は予想に反して(部分的?とはいえ)史実を反映して書かれているのを最近になり思い知らされたので。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アイヌ民族を題材に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「同化」と「差別」は別物と論じているが実際そうした事が言えるのか疑問。
現に日本人は同じ言語を話す穢多(えた)・非人を差別してきたのだし、
朝鮮でも旧百済地域は差別化されていると聞いている。
一読の価値はあるが鵜呑みには出来ないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

話としては面白いが・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

九代将軍家重が女だったという説。それなりに状況証拠は揃っていると思ったが肝心な疑問が1つ。「どうして女将軍・家重に拘ったのか?」の説明が無い。吉宗に跡継ぎがいなかったならともかく、実際には宗武、宗尹がいたのだからこの点の説明は不可欠だと思われる。
本書では他の話題にも触れているが、「忠臣蔵と大名同士の不通の関係」については納得出来た。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍転校生 強制淫行

2012/05/21 15:50

とても有り得ない設定。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いくら都会と田舎で習慣の違いがあるとはいえ、
こんな場所があったら街は男であふれかえるだろう。
その代わり女は決して近付かないと思うが・・・。
ただし、都会人が田舎の風習を見る目は案外こんな感じかもしれない。
・・・というと、怒られそうなのでこれまでにするが話し割り切る分には
面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍三十六歳の義母【美囚】

2012/05/21 15:19

「義母」とあるけれど、獲物は義母だけでは無い。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

義母と義姉が犯されるのはおなじみの展開だが、
第三者の女性がこれを救おうと関わってくる点が
いつもとは違う展開。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍淫檻【みだらおり】

2012/05/21 14:41

人にもよるのだろうが

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

少々過激とはいえ、一通り楽しめる一冊
標的を二人に絞ったのが良かったのか悪かったのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍麗獣【人妻姉奴隷】

2012/05/21 14:37

美姉のみならず

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公に好意を寄せる同級生までも餌食にするのが◎
続編とまでは言わないまでも後日談を付けてほしかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍アイドル姉妹の蜜の味

2012/05/18 16:33

「黒崎竜」名義では最高の傑作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

唯一不満な点は3P、4Pのシーンが無かったこと。
それから細かいことを言うならヒロインの妹のシーンをもっと増やして欲しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍セーラー服 下半身解剖

2012/05/18 16:24

全体的には良く出来ています。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

某アニメのキャラをそのまま持ってきた話ですが、
それぞれの章で特徴は生かされていて合格点だと思います。
特にマーキュリーとムーンがお薦め。ヴィーナスも悪くない所でしょうか。
最後の章が蛇足に思えた事と、続編を是非作って欲しかった点が満たされなかったところです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【全1-2セット】「全世界史」講義

2017/12/27 06:29

書籍の価値は認めるけれど…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まず、世界史全般を俯瞰した書物が中々無く、
そもそも全般を一通り網羅している本が
少ない中で本書を読む価値はあると思う。
しかし、世界史全般を2冊となると
どうしても大筋を辿るだけになってしまい、
本を書くにあたって色々試行錯誤していたかもしれないが
時代背景の考察はあまり記されていない。
歴史の専門家でないから限界があるだろうが、
例えば空間的にも時間的にも限定されている
井沢元彦氏の「逆説の日本史」でさえ
20冊以上かけても未だ終わらない事を挙げるだけでも
2冊というのは少な過ぎるのは明らかだろう。
冊数が多ければ良い訳ではないのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍女高生 十六歳の凌辱

2012/06/09 15:38

「姉 虜われの白衣」とほとんど同じ荒筋

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

題名が「女高生~」となっているが山場は姉弟相姦。
話しが好みなので☆3だが本当なら☆2にしたいところ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

正直、題名に偽りあり。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

47都道府県に関する本文は、ただ事実を羅列したのみであまり面白くない。
この本で読む価値があるのは前書き・後書き・コラムであり、これらに関しては著者の主張が見て取れて読み応えがある。その全てに賛成するわけでは無いにしてもだ。ここでは一例だけ挙げて反論してみたい。
確かに豊臣政権が続いていれば、一時日本は世界を席巻していたかもしれない。しかし人間に体力があるのと同様に国にも国力があり、日本が早い時代に黄金期を迎えると同時に植民地支配に有能な人材を派遣し続けることが原因で廃れる時期も早い時代に訪れたのでは無いかと思える。丁度かつて世界を席巻していたスペイン・ポルトガルが今では中堅国でいるのと同じ様に。すなわち逆に20世紀の経済成長は無かった話しになりそうに思える。
それでも歴史の「if」を想定する事は楽しい空想であり、そういう意味では本書も決して無駄ではないと考える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する