サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あさきさんのレビュー一覧

あさきさんのレビュー一覧

投稿者:あさき

1 件中 1 件~ 1 件を表示

百鬼夜行抄 新版 5

2012/07/04 11:35

衝撃の出会い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

初めて手に取った百鬼夜行抄が、コミック8巻でした。(この文庫版5巻と同じところから始まります)

もっとも衝撃を受けたのが「魔の咲く樹」
たいていの人は律の眼帯姿に驚いたでしょうが、わたしが一番驚いたのは律がいきなり「道切り」をしたこと。しかもまったく説明無しで。

これは気合を入れて読まなければ!と思い、のちに文庫で全巻そろえました。

1巻の「闇からの呼び声」を読み、そこからのストーリーを追い、「魔の咲く樹」に連なる「返礼」(文庫5巻の最後に収録)を読んだところで、わたしはやっと満足して本を閉じることが出来たのです。

「狐の嫁入り」の酒と誤解と鉢合わせのカオスっぷりも好きですね。

文庫6巻以降も新たなストーリーの展開があって面白いのですが、文庫5巻が一つのクライマックス、私にとって傑作集となっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示