サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. おおよしさわこさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

おおよしさわこさんのレビュー一覧

投稿者:おおよしさわこ

34 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本銀魂 第49巻 一杯のラーメン

2013/05/31 12:19

やっぱり桂が好き!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

幾松表紙だから桂話だと思ってましたけど、素直に嬉しいです。
特に銀時との絡みで昔話でてくるとタマラんですね。
次回予告に出てくる九兵衛のオトコバージョンのかっこよさにも参った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本チョコストロベリーバニラ

2013/09/20 01:11

三者三様

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あらすじから勝手に連想したのは
とんだ変わり者の拾 でも大好きなので全て感受するミネ
その関係に付随する置物的存在タケ
かと思って読み始めたけど三人共に精神的描写がしっかりされていてあっという間に勘定移入してしまいました。
特に置物設定で読み始めたもののタケが主役だったの?と思うほどタケの描写が濃厚ですね。ホクロの多さも・・・細かいですね、設定が。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本会津孤剣 幕末京都守護職始末

2015/02/09 22:15

会津ー孤ー剣

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

順番を間違ったわけではないけど、入手した順に読んだ為、1・2・3を2・3・1の順で読んだ。これにより2巻以降孝太郎が常に意識する家名再興と父の死に対して完全に勘違いしたまま読んだわけですけれど、こんな事情だったとは!そして真之介の可哀想な人生がたまらない。二人の絆が特別なものになるのも当然だった。3巻のラストを思い出す。様々な出会いがあって色んな知識や世情に詳しくなっても、真さんを選ぶし裏切る事が無い筈だ。

小天狗というキャラ設定から 小天狗の剣 という題名だったろうし、それは決して悪くないけど、この改題も素晴らしい。真さんや父の秘密や喪失していた記憶を取り戻すまでは、常に孤独だった。だからこの1巻は弧剣だよ。そして1巻の最後に弧剣じゃなくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

武田真治の声が聞こえる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大好きだからでしょうけれど、本を読んでいるというより、武田真治から語ってもらってる感じです。内容は勿論分かりやすく、とても好感が持てます。大好きだからでしょうけれど・・ね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本二・二六事件秘話 復刻新版

2014/08/03 21:54

脇役達のその後

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

元々牧野嫌いだったけど、この森さんの話を知ると、ホントやな奴だなと思う。親の大久保利通に比べ平穏な時期を生きているせいか小物だ。親の七光りなんじゃないの、なんて勝手に思っちゃう。
死刑囚達の寄せ書きのインパクトも凄い。

河野司は行動力素晴らしいのだけど、こうした人生はあっという間なのかなぁ。
四六時中何かを探し続ける人生っていうのは。苦労は物凄かったろうし大変だったろうけれど、少し羨ましくもある。

内容は総じてタイトル通り秘話。あくまでも226関連の本を結構読んだ後に読む本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

二・二六事件 「昭和維新」の思想と行動 増補改版

2014/06/08 19:45

1冊で一通り分かる2.26事件

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2.26事件はその事件に至る所謂昭和史が解ってないと全然理解出来ない出来事ですが、これを読むと概ね解ります。
まずこれを読んで興味を持ったら他の本も読んでみるというのが良いかなって思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やっぱり本物

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本物なのか疑いたくなる程様々な書簡が出てきますが、ここは本物だと信じて読む。概略では無く書簡がそのまま掲載されている事がとても良いところだし感慨深い。
敷居が高そうな本だけれど、意外な程に読みやすい。
少しでも興味を持ったならば購入をお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本王城の護衛者 新装版

2012/07/05 20:31

魅力いっぱいの松平容保

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

全て本当の事と思い込んでしまいそうですが、事実とは異なる事もそれとなく入っています。伝記ではなく小説なのだろうと思います。でも関係ないです。これを読むと幕末の悲劇の人ですけれど彼なりのとっても前向きな日々が想像しやすくなります。

大村益次郎に興味のある方は、これに含まれる短編鬼謀の人ではなく是非とも【花神】読破にチャレンジして下さい。

新装版というだけあって字が大きく大変読みやすい文庫本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本世界はふたりでできている

2015/12/21 19:36

大月クルミのケンカップル最高

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この作者はケンカップルが凄く上手。監禁エレベーターが大好きで、続きを待っていられずこれを購入しましたが、こっちの方がより一層好みでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

幸せな気持ちになる話

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前夜・・は別ですけど、残るその後シリーズは全て心温まるお話ばかり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

相変わらずオモシロイ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回は凄く進展アリです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

猛獣シリーズ大好き

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まさか、兄の話があったとは知らず購入しましたので嬉しさ倍増。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本妻たちの二・二六事件

2014/12/04 23:52

当然に凄い生き様ばかり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

辛いやら可愛そうなのは当然ですけれど、以外にも愛情が溢れんばかりでじーんときます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本士道残照

2014/11/15 00:11

軽いタッチの哀しい男達のはなし

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

史実に架空の主人公を交えて進む展開です。でもその絡ませ方がとても上手。実際そうだったのかなって思っちゃう。
そしてなにせ真之介です。真さんの為に何度一喜一憂したことか・・。
真さんが余りに恰好良いので、孝太郎がイマイチにも見えてしまいますが、実際孝太郎もかなりイケた奴なんだよね。最後の薩摩に捕まってからエンドまでは一緒に気持ち高ぶった。
必ずしも史実ではないけど、こういった読みやすい本をみんなに読んでもらって、多くの人に幕末の幕府側を見直して欲しいな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

二・二六事件の謎 昭和クーデターの内側

2014/11/07 20:35

大谷敬二郎さんは憲兵です。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

やっぱり、実体験に基づく記述は迫力満点です。
これは必ず読まなきゃいけない資料の一つだね。松本清張も結構引用してたから追って確認するつもりではあったけど、直ぐに憲兵の手を離れたという事実があるから、憲兵の書いた本を買っても松本清張の引用部分と同程度かと思ってしまい、すっかり後回しにしてましたが、反省。昭和憲兵史も読まなきゃいけないです。
実際に裁かれた池田の話にぐっときた様に、裁く側の話もやっぱりぐっときた。今迄の本で最も纏まっており正しそうな本はやっぱり松本清張版だけど、それは様々な資料からの読み解きだ。当事者ではない。だから基本路線に違いが無く、新しい話は皆無であっても読後の満足感はかなりあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

34 件中 1 件~ 15 件を表示