サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. カラスさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

カラスさんのレビュー一覧

投稿者:カラス

29 件中 1 件~ 15 件を表示

あたしンち 18

2012/12/27 10:47

残りも期待して

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回も基本的に楽しかったですが、
作者が震災の影響をもろに受けてしまっているのが
作品にあらわれているのが読者としてはすこし残念でした、
あたしンちの世界観は現実とはまた違う世界観として構築してほしかった。
でもそれは作者の資質によると思うので仕方がないと思います。
連載は終了したので、残りの単行本を楽しもうと思います。
ほっとした、それでいておもしろいたちばな家を読みたいな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本しょうがの味は熱い

2013/02/24 08:05

天才

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

やはり綿矢りさは天才だと思う。
完璧な小説。
19世紀から続く心理小説をうまく
引き継いで一組のカップルの時間の流れを書いている。
すごくよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本金融緩和で日本は破綻する

2013/02/15 07:45

よかった

4人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

非常におもしろくかつわかりやすかった。日本がかかえる財政赤字の深刻さとこれから起こるだろうインフレについて勉強になった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本自選谷川俊太郎詩集

2013/02/06 11:29

とてもよい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

谷川さんの詩の集大成ともいうべき詩集。
文庫サイズでこれまでの詩を俯瞰できます。
谷川俊太郎ファンにはとてもおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本1、2、3

2013/04/23 11:47

いい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

3をキーワードにした動物の写真集。
とにかく、写真がきれいのひとことにつきる。
かわいい写真も多いし。
おすすめ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本遮光

2013/04/05 14:35

傑作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これは21世紀の
「異邦人」であり「性的人間」である。

文句のつけようのない傑作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ロバート・キャパ

2013/04/04 20:38

いい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

キャパの代表作を見るにはいいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

カルティエ=ブレッソンの秀作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

刺激的

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アラーキーの写真目的で買いました。
ポラロイドですがそこはアラーキー、かなり刺激的です。
「愛のバルコニー」よりはじけていて個人的に好きです。
何度も繰り返し眺めています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あたしンち 17

2012/11/06 10:16

安定のおもしろさ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最新刊をいまになって読みました。
今回も安定のおもしろさでした。
つぎが出てもきっと買って読むと思います。
家族みんなで読めるマンガというのも
いいものですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本荒木経惟

2012/10/31 21:24

ARAKI

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アラーキーの写真集はたくさん見ていますが、
手元に置いておくためにこれを購入しました、
この編集はこの編集でなかなかよくて、
海外からみた「ARAKI」の顔が見える編集だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

今年もまた、来年も

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

来年のマイブックが発売される時期になりました、
もう、年末ですね、11月だもの、
ことしもとぎれとぎれながら、
マイブックに日記をつけてきました、
ブログもやっていますが、それとはべつに
だれに見せるわけでもないほんとうの意味での日記、
来年もつづけたいです、

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

カラー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2012年に起きたことを写真で振り替える。
いいのだが全部カラーにできなかったものか。
モノクロが多くてちょっとさみしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本悲しみの歌 改版

2013/02/23 21:50

「海と毒薬」続編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一種の群像劇だが、
遠藤周作が描きたかった世界が描かれていると思う。
一種、残酷な救いのない終わり方だが、
「ふぁーい」という言葉はずっと耳に残る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1Q84後

15人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1Q84のような物語を期待すると肩透かしをくらうと思う。
あくまで、ほとんどリアリズムの小説で、
村上作品なら、「ノルウェイの森」などの系譜。

いままででてきたモチーフの使いまわしでもあるのだが、
文章としては読ませる。

ただ、最終章の冒頭など、かなり文章が粗い部分もあると感じた。

村上作品としては、「小休止」という感じだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

29 件中 1 件~ 15 件を表示