サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ゆきんこさんのレビュー一覧

ゆきんこさんのレビュー一覧

投稿者:ゆきんこ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本モンスター・シークレット

2012/08/15 21:36

懐かしのあの人登場!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ルーブルの巨大ダイヤの謎を追う。という内容紹介を見て興味を持ち読んでみました。
謎解きに、35過ぎの私には懐かしい人物が登場!!
10代の時コバルト文庫で活躍中だった作者の作品に登場し、その後集英社で発売されたとあるシリーズ3冊の主人公が再び登場!!
懐かしさと作品の展開に夢中になり、朝の4時まで読み切ってしまいました。
相変わらずの彼の姿を楽しみつつ、フランス史(特にいナポレオン)については第一人者ともいえる作者の知識あふれる物語も楽しめる作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

歴史書です

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この作品が全1巻なのが、非常に残念です。
「マリー・アントワネットの嘘」を読み、作者の160pだから描けたという言葉で諦め、納得するしかないですが、本当に綺麗で、精密な描写で、この先の話がどうなるのか、この絵で読めたらと思いました。今までのイメージとは違う、マリー・アントワネットとルイ16世像がとても新鮮です。話がここで終わるのかと思うと、評価に満点をつけられないですがとても良い作品だと思います。
フランスの出版社・ヴェルサイユ宮殿からの企画、膨大な資料と取材・ヴェルサイユ宮殿の専門家による監修と作品の制作過程をみても、漫画でくくらず、歴史書としてみていい作品だと思います。(制作の裏話は「マリー・アントワネットの嘘」からです。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示