サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. とめさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

とめさんのレビュー一覧

投稿者:とめ

83 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本深い河

2016/10/21 20:10

久々の良書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「人生は深い河のごとし」は、三島由紀夫の『豊饒の海』の輪廻転生や住井すゑの『橋のない川』の「世の中には橋のない川が流れている」といったフレーズを思い起こさせる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

50代少年2

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

待望のキングジョーとメトロン星人の登場に感激。ゼットンのお母ちゃんの話の秀逸さ?に大感激。将来的にセトとウルマが実は兄弟だったなんて展開になるのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

50代の少年

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

われらウルトラマン(セブン)世代が待ちに待った作品。ケムール人、ダダ、ゼットン等という組み合わせを考えた作者の感性は秀逸としか言いようがない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本居酒屋ぼったくり 5

2016/03/19 08:02

次はいつ?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

酒は苦手だが、出てくる料理は食べたくなる。6も期待してポン!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本21世紀の資本

2015/01/31 19:10

分厚かったけれど・・・

11人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書への評判は様々だが、経済的格差問題を歴史的データを利用して持論を唱えているところはご苦労さま、といったところ。結果として貧困差が拡大したことを解決するために累進課税と資産課税を強化しましょうと、自分なりの解決案も提案しているのだから、実現の可能性云々は別として一応評価できる。また、累進課税の強化のしすぎは高報酬のために頑張る者のインセンティブを阻害することも理解しているようだ。政治問題か制度問題かの議論があるが、悔しかったらルールを変えられる立場になって、理想論を唱えるべき、と99%サイドの私はそう思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本当のやさしさとは

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

男の友情を女性が描くとこんなにも美しい?ものなのか、と思わされる。数年前に読んだ原作の印象が蘇ってきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

他人の褌?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

資本論の解釈本を多くの引用を用いることによりよりわかり易く解釈したちょっとおいしい経済本。新自由主義の解釈は少々怖いものを感じさせる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本居酒屋ぼったくり 6

2016/10/11 10:57

旨いもん

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

オレオレ詐欺や迷惑なご近所さんの話題など井戸端会議的時事ネタを交えてお手軽な料理ネタを読んでいると自分でも作ってみたくなる。近所に『ぼったくり』のような店があればなぁと思ってしまう書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ひかりごけと深い河

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

遠くの国のテロなどの暴力が身近な心配事となった時代に物語の中の宗教を通して世界を知るきっかけになればと思う書。本の紹介本としても読める。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

プロレス少年復活

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

プロレス大好きな元祖「プ女子」の視線から今のプロレスを生々しく捕えている。プロレスファン歴数十年の元少年が読んでも「ウンウン」とうなずきながら一気読破してしまえる書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本アンと青春

2016/03/28 20:02

上生菓子

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一気読みできる作品ではあるが黒文字で少しずつ切り分けて味わいたい作品。読後のデザートはやはり上生菓子。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

リアル

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

現状の西太平洋情勢がもろに反映されているようだ。できれば現実となって欲しくないものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

反ポピュリズム論

2012/08/22 15:01

第一印象

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

中曽根をはじめ広範な交際範囲の著者の政治に対する正論を当たり前のように持論を述べただけなのに、引き込まれてしまうところに自分もポピュリズムに侵されている部分を感じる。禁煙してふんぞり返った態度を改めると、彼の言葉に耳を傾ける者も増えると思うのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本横浜駅SF

2017/01/30 19:54

書店員ビブリオ銀メダル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

金曜日の書店員ビブリオバトルでうちわを上げた作品なのでさっそく買って読んでみたが、期待通り楽しめた。横浜駅LOVE、鉄道オタク、現代の諸問題の一部に興味のある者等、全員集合で楽しめる。次はアニメで。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ダーウィンの警告 下

2017/01/14 06:31

アマゾニア+生命工学?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人間が宗教や政府や法律を必要としているのは倫理を振りかざすだけの卑しい本性を抑えるため、人間は頭で考える前に破壊しようとする。南極という隔絶した世界とダーウィンの歴史に最新の生命工学の知識を融合したアメリカらしい活劇もの。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

83 件中 1 件~ 15 件を表示