サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. とめさんのレビュー一覧

とめさんのレビュー一覧

投稿者:とめ

210 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本みかづき

2017/03/21 12:48

名作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

津田沼に縁のある人、教育に関心のある人、五輪後に不安を抱く人、国語力(作文力)が大切と感じている人、女性の中の男性の在り方に若干のあきらめを抱いている人、とにかく面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本21世紀の不平等

2017/02/24 11:44

結果の不平等と機会の平等

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今日の事後的結果は明日の事前環境を形作る、非自発的な失業の最小化が雇用市場の目標。本書においても最低賃金の導入を説いているが、それに伴う零細企業の人材確保の困難化については言及されていないのが残念。結果の不平等の解消のための制度設計は、モチベーションの向上の阻害とそれに伴う財源確保といった問題のほか、倫理・道徳面の問題も決して小さくないということを改めて思い知らされた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本深い河

2016/10/21 20:10

久々の良書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「人生は深い河のごとし」は、三島由紀夫の『豊饒の海』の輪廻転生や住井すゑの『橋のない川』の「世の中には橋のない川が流れている」といったフレーズを思い起こさせる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

50代少年2

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

待望のキングジョーとメトロン星人の登場に感激。ゼットンのお母ちゃんの話の秀逸さ?に大感激。将来的にセトとウルマが実は兄弟だったなんて展開になるのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

50代の少年

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

われらウルトラマン(セブン)世代が待ちに待った作品。ケムール人、ダダ、ゼットン等という組み合わせを考えた作者の感性は秀逸としか言いようがない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本居酒屋ぼったくり 5

2016/03/19 08:02

次はいつ?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

酒は苦手だが、出てくる料理は食べたくなる。6も期待してポン!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本21世紀の資本

2015/01/31 19:10

分厚かったけれど・・・

11人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書への評判は様々だが、経済的格差問題を歴史的データを利用して持論を唱えているところはご苦労さま、といったところ。結果として貧困差が拡大したことを解決するために累進課税と資産課税を強化しましょうと、自分なりの解決案も提案しているのだから、実現の可能性云々は別として一応評価できる。また、累進課税の強化のしすぎは高報酬のために頑張る者のインセンティブを阻害することも理解しているようだ。政治問題か制度問題かの議論があるが、悔しかったらルールを変えられる立場になって、理想論を唱えるべき、と99%サイドの私はそう思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

グッジョブ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

有事に当たって、政治家、自衛隊、官僚、一般市民及びマスコミがどう対処すべきかをシミュレーションするきっかけとなる巻となっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

戦中なら課題図書

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

有事における自衛隊、官邸、外務省の役割と対応のほか、ジャーナリズムの対応に関しても、かわぐちらしい考えを込めた力作。沈黙の艦隊の著者だけに、8巻の展開も期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2ndも読むぞ!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

昔懐かしい怪獣や宇宙人、そのキャラを活かしたストーリー、差別という社会問題を真面目に語りながらもナンセンスな落ちが待っている。下戸でも飲み、いや、読みたくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本オリバー・ツイスト 改版 上

2017/03/14 11:45

昔話なんかじゃない

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

昔読んだ憐れな子供の童話のような内容だが、欧州の貧困や格差が昔から連綿と続いていることを再認識させられる書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本隷従への道

2017/03/09 15:35

ウィーン学派経済論

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

中央集権型の全体主義を嫌悪している著者の考えがそこかしこに表現されている。国際的な計画経済のための自己(自国)犠牲を払える抑止力を発揮できるリーダー(又は国)は所詮理想に過ぎないのだろうかと考えさせられる書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本日本の試練

2017/02/24 11:28

是非為政者に

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

目にする像は自らの心の反映である、中国の路線変更は手法と手段の変換にすぎない、世界に日本の性善説は通用しない、大東亜戦争の原因の一つは人種差別、、中国の一般市民にとって言論の自由や民主主義よりも日々の暮らし、軍事力強大化の第一の目的は戦わずして相手の戦意を喪失させること、説明は責任につながるので日本の政治家や官僚は説明しないことを以って旨としてきた。4~5年前のコメントであるにも拘らず、資料に基づく凛とした態度に信頼感を覚える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本当のやさしさとは

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

男の友情を女性が描くとこんなにも美しい?ものなのか、と思わされる。数年前に読んだ原作の印象が蘇ってきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

他人の褌?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

資本論の解釈本を多くの引用を用いることによりよりわかり易く解釈したちょっとおいしい経済本。新自由主義の解釈は少々怖いものを感じさせる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

210 件中 1 件~ 15 件を表示