サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ポップコーンさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

ポップコーンさんのレビュー一覧

投稿者:ポップコーン

1 件中 1 件~ 1 件を表示

大学教授の知的遊戯

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

数理モデルを元にamazonの売上ランキングについて推計を行なっているけれど、現実の答えが存在しており、それを知っている人がいる問題について研究者が推計をするのって時間の無駄じゃないでしょうか。

更に推計結果が正しいなら価値があるのかもしれないけれど、
・Amazonはロングテールではない
・ランキング10位の本は5秒/冊売れている
といった推計はまったく的外れな結論になっている。

5秒に1冊売れたら1日で17,280冊も売れることになるけど、いくらアマゾンでも10位の本でそんなに売れているわけがない。
ロングテールではない(下位からの売上の寄与は総売上にたいして無視できる)というのも、アマゾンではないが別のネット書店の実績データを見るかぎりまったく事実と反している。そもそもロングテールが成り立たないなら、戦略としてあれほど数字にこだわるアマゾンが在庫数を増やすためにどんどん倉庫を増やしているという戦略をとるわけないし。

秘密主義のアマゾンから実際のデータを開示してもらうのは困難だろうけど、その気になればいくらでも研究のためにデータを提供してくれるネットショップはあるだろうから、実際のデータをつかって理論と現実の差異を示すとかはいくらでもできたはず。

理論の説明がわかりやすいわけではないので、結論の間違った本をわざわざ読むのは読者にとっても時間の無駄です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示