サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. じぜるさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

じぜるさんのレビュー一覧

投稿者:じぜる

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本眠れるラプンツェル

2012/09/15 18:18

少年と主婦のキレイなラブストーリー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『恋愛中毒』 『ブルーもしくはブルー』で大好きな山本文緒さん。
この人はエッセイも面白くて、『結婚願望』とか『再婚生活』も大好き。

読書する、ということからとんと離れていた私ですが、
山本文緒ファンが一番好きな作品として挙げることの多いこの本、ようやく読むことができました。

やっぱり主人公は狂気を帯びてしまうのだけれども、読み終わりが嫌な感じじゃない。
すっきり、さっぱり、そして切ない。

恋愛小説の主人公って、どこか狂気を持ってしまうことが多いと思うのです。
それって、誰もが心の中に持っているあやうい狂気。
だけれども、読者をいやーーな気持ちにさせてしまう、理解できない、狂っている、と思わせてしまう物語もたくさんありますよね。
この物語は、そうゆう気持ちにさせない。

それから、主人公と私はなんの共通点もない。
のに、この引き込まれ感はなんなのだろう。

専業主婦6年目、子どもなし。
月々15万円の生活費が振り込まれてくる。家のローンや光熱費などは、夫の口座から引きおりているので、いくらかかっているのか知らない。
夫は帰ってこない。季節が変わると衣類を取りに帰ってくる程度。
暇つぶしはパチンコ屋に行くことくらい。ほとんど出掛けない。
昨日も暇で、今日も暇、明日もたぶん暇だろう・・と言っている。

きっと、そんな暮らし、過去も現在もしたことないし、未来もしないだろうと思う。

まず、第一に、そんな好条件の男と結婚できないだろうし、
万万が一、働こうが働かなかろうが、出掛けようが昼寝をしようが自由な生活を手に入れたとして、
主人公のような暮らしぶりにならないだろう。


でも、でも、共感した。
物語に入り込んでしまって、一気に読んだ。


あ。1つだけ、重要な共通点がありました。
なんと同い年です。主人公の汐美さんとは。
それって、けっこう親近感がわくポイントですよね。

巡りあわせかしら?なんてすぐに思ってしまうタイプです、私。
本って、その時々に読んで感じることって違うから、今がその時期だったんだなーーなんて思っちゃう。

44ページまで汐美さんの年齢をわからずに読んでいたので、
全然年上の女性のイメージで読んでいましたが、

12歳の少年がずっと「おばさん」って呼ぶので、
おばさんっていうのやめてよって汐美が言うと何歳なの?って聞かれ、正直に答えるシーンがあります。
そこで、「おばさんじゃん。」って言われちゃう。
色んな意味で衝撃を受けました(笑)


まぁ、これはルフィオ(という少年)にとって、汐美は“おばさん”だ、(つまり恋愛対象ではない。)ってことに伏線をはる、重要なシーンなわけですが(と、勝手に思っている)、
いやいや、別の意味で印象に残る名シーンでしたわ。

あとあと、恋愛小説って、日常の切り取りみたいな感じで、
結末がスッキリしないってゆうか、
ほら、テレビドラマでも、途中の展開は面白いのに、最終回にガッカリって多いでしょ?
いかにも続編を意識したつくりとか。

でも、これは、ばっちりです。
最後までどう落とすのか、サッパリわからなかったけれど、いい結末でした。
すっきり爽快。起承転結がしっかりしていて、とても納得のいく面白い物語でした。

ジャンルでくくっちゃえば、専業主婦の自立ものなのですが、
13歳の少年と28歳の主婦の恋ものがたりという面で斬新で、ピュアで、透明で、
切なくて、新しいラブストーリーでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示