サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. yukitiさんのレビュー一覧

yukitiさんのレビュー一覧

投稿者:yukiti

11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本女王陛下の魔術師

2015/11/17 19:58

魔術とは!?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

魔術は訓練さえすれば誰でも使えるものなのだろうか?
それとも何らかの才能(?)が必要なんだろうか?
今後魔術体系の解明を望みます。
現代版生贄は笑いどころwでもお金かかるよー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本密室殺人ゲーム・マニアックス

2015/02/15 21:43

完璧に騙された

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あぁ、くそっ
完璧に騙された
もしかして前作を読んでなかったら大丈夫だったのか?
でもそんなのミステリー好きとして我慢できない
ミステリー好きの人、騙されるの覚悟で王手飛車取り、2.0から続けて読んだ方が良い
前作よりもはるかに本格だ、読者への挑戦がないのが不思議な位
最後にヒントを、と思ったがそれはミステリー好きに許される行為ではないのでやめておく

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ハンガー・ゲーム 下

2012/09/27 18:26

ゲームの結末は?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

生存確率は24分の1。
それが崩れた時の主人公の感情がリアル。
上巻からまとめて読んでしまってほんと寝不足。
2巻も買っちゃったよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ハンガー・ゲーム 上

2012/09/27 18:22

主人公の性格は良くない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

でもそれがいい。
こんな世界で善人でいられるピータの方が不思議なんだと思う。
あっという間に読んでしまって寝不足だよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本造物主の選択

2012/09/27 18:18

SFのFはファンタジーのF

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

創造主の掟に続き、地球の中世のように発展した機械の星のその後のお話。
生命とは何かを感じさせる。
中世の人が信じていた魔法も、科学的に分解したらこんな風に描けるんだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

レロリャ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

スニケ ベリュが巻き起こす言語混乱のせいで苦労するのは主に緋山燃な訳で、三途川理は元々三途川言語があるせいで謎解きを楽しんでも苦労はしない。
普通ノバソをバギホクポしたりしないし、緋山は三途川に関わる毎にレロリャさせられてる気がする。
三途川シリーズは時系列順に刊行されるわけではないので、今作で高校生の緋山の苦労はまだまだ続くんだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本最後のトリック

2015/04/05 17:30

読者が犯人

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読者が犯人のミステリとしては鯨統一郎の方が良かったかな。
100万人が本を読んだら100万人が自分が犯人だと思うことが「読者が犯人」を成立させる条件なら、自分は犯人だと思えなかった。
鯨統一郎は自分が殺した実感があった、まああちらはメタミステリだけども。
多分自分が殺したと思えなかったのは、自分が犯人であるには特殊な条件(ネタバレの為割愛)に更に仮定が必要だからだろう。
駱駝の背骨を折った藁はあったかもしれないが、自分は駱駝の墓に藁を添えただけだと思う。
あるいはこうも言えるかもしれない、そんなものは無く単なる自意識過剰と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

足りない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

設定は面白いけどこのページ数じゃ足りないかも。
説明不足に感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ルネサンスの女たち

2012/09/27 18:20

若さゆえ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者自身が書いているように、若さゆえのよく言えば勢い、悪く言えば粗さが見える作品。
年を経て今の著者ならどう書くのか読んでみたい。
この著者の本を読むとイタリアに行きたくなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

荒唐無稽なおとぎ話?

10人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

遺跡調査と化石(特に恐竜)発掘の違いがわからない人は結構いるらしい
この作者もそんな一人か。でも本書くんなら調べようよ
現実の運用としてあり得ない話と科学的にあり得ない話とあからさまに間違った話が入り乱れてて話に集中出来ない
いや、設定の方も割とおとぎ話なんだけどね
どうやらラノベでファンタジー書いてた人みたいだから、ずっとラノベで書いてたら良いのに
大人向け文庫で本出したらうっかり自分みたいに買っちゃう人いるし、突っ込まれても仕方ないよ
中学生以下のお子さまにオススメです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本世界から猫が消えたなら

2014/10/16 01:35

薄くて軽い本でした

9人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

こんな作品を出版した編集者の気がしれません。
もし新人賞に送られて来た作品だったら最終選考にもいけないでしょう。
設定を作者自身が把握出来ていないような感じです。
思いつきを垂れ流しているだけ。
読んだ感想としては、作者に知名度があって映像化前提だと中身がどうであろうと本屋大賞って取れるんだな、ってとこです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

11 件中 1 件~ 11 件を表示