サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ヤエチン25さんのレビュー一覧

ヤエチン25さんのレビュー一覧

投稿者:ヤエチン25

16 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本彼女について

2012/11/24 23:52

命の大切さ

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

よしもとばななさんの本は大好きで、今回も期待を裏切らずステキな物語でした。魔女の世界なんてちょっと現実離れしてるけど、小さな思い出を当たり前の事みたいに忘れずに大切にする・・・そんな基本的な事をあらためて考えさせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本喋々喃々

2012/12/19 03:07

柔らかい恋話

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本の紹介で“丁寧に描かれている”と書いてあったけど、本当にその通りで、
読んでて心地よく、作者の優しさが伝わってくる物語でした。私は北海道なので東京の地理には疎いけど、地元の人が読んだらきっと色々解って、もっと楽しいのでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本四度目の氷河期

2013/02/01 20:17

子供のがんばりには元気をもらえる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公もその幼なじみの女の子も決して恵まれた境遇ではないのだけれど、へこたれない健気さが伝わってくる。自分をクロマニヨンの子と信じなければ、心の穴がふさがらなかった思いはとても哀しいのだけれど、だからこそのその執着心には脱帽させられる。哀しい現実が続くけど、それを乗り越え1つの愛を手に入れられてほっとした。600ページにわたる長編だけど一気に読める読み応えのある作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本吸涙鬼

2013/01/21 01:10

哀しいけどさわやか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

市川拓司さんの小説はいつも超自然な現象が起きて、もの悲しく切ないんだけど、人を愛する純粋な気持ちが切々と伝わってきて感動させられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本青い鳥

2012/12/13 08:12

幸せだったんだなぁ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「青い鳥」を映画で見、ちょっとしたショックを受け、それが短編集の一遍だと知り、今回本を買いました。「青い鳥」は今読み返してみても心に響くものがあり「責任」の重さを考えさえられました。そう言えば、私達の中学にも嫌われ者はいて、皆で避けちゃうみたいな感じだったけど、彼女たちはその後どうしてるだろうとちょっと思いました。
私はずーっと名前や愛称で呼んで貰えていて、ひとりぼっちにもなったことがなくて、それを当たり前みたいに思ってたけど、とっても幸せな事だったんだなぁと周りに感謝したいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本宇宙エンジン

2013/01/05 15:33

面白いです

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

父親を探して一つ一つ紐解いていく過程が探偵小説のようでもあり、一気に読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本学問

2012/11/15 00:43

性がスッとなじみます

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ここ2.3年彼女の本を読んでいますが、当たり外れなく安心して読めます。それにしても何故山田詠美の書く性的な話は嫌らしくないんでしょうか?古い本も遡って読んでみようかと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本戸村飯店青春100連発

2012/11/02 00:37

2人にエールを!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

家を出たかった兄が家へ戻り、家にいるつもりの弟が家を出る...。結局逆転してしまった2人だけど、それぞれの未来を応援したくなる、できれば今後の展開も続編で読みたくなるようなお話でした。お兄ちゃんのトラウマわかるなぁ〜!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本5年3組リョウタ組

2012/12/01 08:33

頼もしいです

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

良太先生のような先生は今日本にどのくらいいるのでしょうか?
ここでもまた「普通」が大事なのですね。
それにしてもニュース番組でもたまに取り上げられていますが、文科省や教育委員会は余計な仕事作りすぎ!あれだこれだとデータ取る暇があったら、実際に現場に行って生徒の指導をしたらいいのに・・・じゃなければ自分でデータ集めて整理すれば良いのだ!全く腹が立ちます。
日本中に良太先生がいっぱいいて、明るい子供たちが育っていくことを願います

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本向日葵の迷路

2012/11/20 11:22

癒やされます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「四日間の奇蹟」以来久しぶりに読みましたがなかなか良かったです。
2話と3話はちょっと怖いですけど、4話と5話の家族の絆には癒やされます。
ついつい、ホラーというかファンタジーな展開が出てくるかと期待しちゃいますけど・・・普通のお話も優しくて良いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本きみは心にジーンズをはいて

2012/12/23 09:03

束の間の清涼飲料水のよう

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

喜多嶋隆さんの本はいつもさわやかで読みやすく、ちょっと重めの本を読んだ後に読むと、清涼飲料水のようにホッとします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラブコメ今昔

2012/12/30 00:49

普通です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

自衛隊という特殊な舞台を書いているけれど普通です。特に大きな起伏はなく、
どれもハッピーエンドでサラッと読後感がいい感じです。でも逆に特に心に響くって感じでもないかなァ…気分転換にはちょうどいいかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ふがいない僕は空を見た

2012/12/21 17:37

読後感はちょっと切ない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最初読み進めていて、性描写には辟易としたけれど、高校生たちの切ないというかものうい心情は切々と伝わってきた。コスプレ主婦は確かにもの悲しいけれど、彼らの印象強さの前では、存在感が薄いというかどうでもいいというか…。子供たちの言葉だけじゃなく、最後に母の語りべーしかも生の誕生に携わるーで占めてあるのも未来につながる感じが強まり良かったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本長い終わりが始まる

2012/12/03 20:16

音楽ネタは良かったけど...

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

昔音楽をやっていたので、音楽ネタは無条件で読んでて面白い。
学生の頃、サークル活動は楽しかったけど、どっちかって言うと仲間とわいわいやるのが楽しかったので、そういう意味ではこの作品の主人公には、嫌われるかもしれない。
ナオコーラさんはさらっと書くけど、主人公の心はちょっと寂しいし、心を寄せる学生はかなりの食わせ者だ。でも、あまりズシッと来ないところがいいのかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本遠くの声に耳を澄ませて

2012/11/06 00:57

解説に感謝

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

登場人物がちょっとずつ重なっている連作短編集のような感じなんですが、読んでるときは全部がつながらず、解説の説明をみてスッキリしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

16 件中 1 件~ 15 件を表示