サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 連佳さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

連佳さんのレビュー一覧

投稿者:連佳

26 件中 1 件~ 15 件を表示

久々、面白い漫画に出会った。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

久しぶりに、別マを買いました。
そして…何これ、めっちゃ面白い!ってなった作品です。
即、一巻から三巻まで購入。
これが読みたくて、別マを再び買う決意までしてしまいました!
河原先生の作品は、『高校デビュー』は買ったけど、『青空エール』は買わなかったな~。
なんか青春くさすぎて…でも、現在連載中の作品に影響されて、全部そろえようかな~と思ったぐらい。『素敵な彼氏』はツボにはまってしまいました。
今後の展開が楽しみです。でも、キスしすぎじゃない?苦笑。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

キャラ覚えに役立ちます。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ALL OUT!!は、とにかく登場人物が多いんです!ホントに。
すっごく面白い漫画なんですけど…試合の相手チームの顔が覚えられない!という方にオススメの一冊です。
私の場合、神高の二年生、三年生の顔も全員は覚えていなかったので…このキャラブックを見ながら覚えました。とても便利です。
この漫画を読むまで、ラグビーを全く知りませんでしたので、キャラと一緒にポジション名を書いてくれている所も助かりました。
キャラブック第二弾が出るといいな~と思っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ズッコケ三人組対怪盗X

2016/04/24 19:03

お手柄三人組

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ズッコケシリーズ26巻目。怪盗Xと最初に戦おうと言い出したのは、意外にもモーちゃんでした。それが、びっくり。「それで、ぼくらは、なにをするの?」と、モーちゃん。「そうさ。ぼくらも怪盗Xをつかまえるんだろ。」そう言ったのは、臆病者のモーちゃんです。ハチベエ少年が、モーちゃんの意見に感動したように、私もかなり感動してしまいました。これこそが、作者の狙いかもしれません。読者に作品を読ませる秘訣の一つは、意外性ですよね。今回のお話も、意外性たっぷりのストーリーでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ズッコケ財宝調査隊

2016/03/31 19:53

モーちゃんの伯父さん。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

北京原人の話から始まって、太平洋戦争の話へ…。
そして、それは、モーちゃんの伯父さんの話へと流れるのですから、見事なものです。那須先生のストーリー展開には、いつも感心して読み耽ってしまいます。
財宝調査隊というタイトルから、宝探しかな?と思ったのですが、宝は宝でも……。モーちゃんの伯父さんの話も、切なくて。これは、児童文学というジャンルを超えた作品ではないかな、と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ズッコケ心霊学入門

2016/03/31 17:21

わくわく感があります。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

心霊写真を撮りたがるハチベエ少年。それに、くっ付いて行った浩介少年に不幸?が始まる。
心霊研究家の先生の登場とか、色んな絡みがあるけれど、一番面白いのは浩介少年でしょうか。彼の心理が引き起こした今回の事件、ストーリー展開にわくわくしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ズッコケ山岳救助隊

2016/02/13 07:33

まさしく救助隊!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

子供会の夏休み行事から、出だしは始まる。
一番人気がないのは、登山合宿。その理由はなぜか…読み進めるうちに頷ける。
そして当然ながら、その登山合宿に巻き込まれるズッコケ三人組。
今年の登山メンバーには、読む方も唖然。子供を連れた山歩きは、せめて玄人が三人は必要ではないか?玄人が一人だけって恐ろしい!と思ったのは私だけだろうか。
案の定、霧の中ではぐれる子供たち。子供会の世話役で登山経験者の有本さん、あなた山をなめすぎですよ、と言いたくなった一冊。
しかし、この有本さんの甘さが、子供たちの賢さを引き立てる。霧ではぐれた子供たちは、自分たちだけで雨をしのぎ、誘拐された少女を見つけ、尚且つその誘拐犯まで救助してしまう。なんとも、すごい一冊。
来年からの子供会の登山は無くなったけれど、当然の結果だろう。山をなめてはいけないと、改めて思わされる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ズッコケ妖怪大図鑑

2016/02/09 07:43

予想以上に面白かったです!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

妖怪大図鑑というタイトルに惹かれ、購入しました。
本の内容とタイトルが一致していないようにも思われましたが、今回も話は面白かったです。
妖怪大図鑑ではなく、妖怪たちの大合戦、といった感じでしたが。化け狸たちの想いに、人間たちの複雑な事情が絡み合い、そこへ割って入ったズッコケ三人組と、モーちゃんのお姉さん!良い味を出していました。モーちゃんのお母さんの推理…「犯人は旧館の人達だ」というのも、中々のものでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本それいけズッコケ三人組

2016/02/07 09:18

面白い!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ズッコケシリーズは、とにかく文章のリズム感が良い。
出たしは、主人公の一人、ハカセがトイレの中にいる場面から始まるが、すらすらと読み進められる。
そして、そのハカセがトイレの中にいる時、侵入した泥棒の話が面白い。トイレ中に空き巣?まさか!そんなのありえない、いや、でも現実にも起こり得るのではないか?と思ってしまう話。そこが良い。
最後のお話し、モーちゃんのクイズ話も、実に良かった。道徳的な教訓というのが、押しつけがましくなく入っている点も、ズッコケの魅力の一つだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

尾白と尾黒が可愛い!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

三つ目のお話「告げ口屋達の囁き」で、尾白と尾黒が、いなくなった飼い猫(家来)の「アカ」を心配する様子が凄く可愛かった。この二羽が大好きな人には見逃せないストーリーかも。最後の話「ふさわしい道具」の中で、主人公の律に見えた生き物が何だったのか謎のまま。気になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おめんちゃん再登場!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

コタローのピンチを救う為、おめんちゃん、再登場!ほっこりさせてくれるストーリーです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本わたしと小鳥とすずと

2015/01/05 14:23

何十年たっても色褪せない言葉があります。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

子供の頃から大好きな詩集です。友人へのプレゼントの為に、再購入しました。
『土と草』、『つもった雪』など、胸を打つ詩で溢れた一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

双子ちゃんのおつかい話

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

七夕の際に吊るした短冊効果か、はたまた本当の実力か、運良く、次は甲子園のベストエイト!という所まで進んだ隼くんのお話や、双子ちゃんの牛乳を買いに!初めての・おつかい話が入っていたり、と今回もほのぼのさせてくれます。
私が好きだったのは、体育祭時のベビー部参加の所です。一生懸命走るキリンちゃんがラブリーで、転んで竜一の所へ戻って来る鷹くんも最高に可愛かった!でも一番可愛かったのは、走れと言われてまっしぐらに兄のもとへ駆けて来たコタロウちゃん!もうきゅんきゅんなっちゃうお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

近藤勲の小さい頃の話が出てます。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回は、坂本辰馬と陸奥が出会った経緯など、昔の話が出てきます。
攘夷時代の銀時と高杉も出てきて、二人で仲良く喧嘩しております。
近藤勲の幼少時代の話も入っていて、カッコイイけど馬鹿で不器用な男達の昔話と今、という感じです。
ちょっぴり心温まるお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本参上!ズッコケ忍者軍団

2016/05/12 06:47

それで、忍者か!納得…というお話。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルを見たとき、忍者軍団って、どういう意味?と首を捻りましたが。
納得のいくストーリー展開でした。
ズッコケ三人組が、忍者軍団になるまでの流れが非常にスムーズで、テンポもよく、話は面白かったです。
買って良かったとは思っていますが、今回、ハカセとモーちゃんの二人は気の毒でしたね。後半、ハカセもモーちゃんも、やり返すわけですが。
ズッコケシリーズは、文章のリズムで読ませてくれるのですが、個人的には所々ひっかかる点も多いです。
子供が読んだとき、三人組の真似はしないで欲しいと思う所が多いのも事実。
面白いには面白いのですが、もし息子が小学生になって、これを一人で読める年齢になったら、私は絶対に、私なりの注釈を挟んで息子に聞かせると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本緊急入院!ズッコケ病院大事件

2015/10/31 11:45

絶妙な始まり方。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

那須さんのズッコケシリーズは、こういう始まり方が上手いなあ、とつくづく感心します。ある男の話から始まって、それがストーリー全体に繋がっていく。最後も、びっくりするくらい、すっきりまとまっている。うん、お見事!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

26 件中 1 件~ 15 件を表示