サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. akiさんのレビュー一覧

akiさんのレビュー一覧

投稿者:aki

14 件中 1 件~ 14 件を表示

価値ある地味な研究

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

湖底の地層7万枚を4年もかけてひたすら数える。その間、論文発表なし。
なんと地味な研究。しかし、アフリカから地球の隅々まで拡散していく人類の歴史を知る上で非常に重要な研究。
国を越えての協力や競争もあり、ハラハラドキドキしながら読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

科学者を目指す少年少女に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「絶対音感」などのノンフィクションで定評のある最相葉月さんが、12人の博士にインタビューした記録。取材に際し、科学者としての自分に影響を与えたと思う伝記・評伝を1冊あげてもらってそれを切り口にして、科学者としてやってきたことや将来の夢について語ってもらっている。科学者がどんな生活をしているのかも伺い知れる。科学者を目指す人、とりわけ、少年少女に読んでいただきたい本である。

本書で取り上げられた恐竜博士佐藤たまきさんが2016年の猿橋賞を受賞するなど、著者の取材対象を選ぶ目にも感心させられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

流れの不思議な世界を体験

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

誰でもできる簡単な実験で流れの不思議を体験できる。数式を一切使わず、流体力学を勉強し始める人にとって役に立つと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

浮かび上がる日本人の美意識

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本美術にも造詣が深い西洋美術史の専門家が語る日本人の美意識の特徴。
われわれ日本人が当たり前過ぎて気づかないことを浮かび上がらせてくれる。
例えば、「西欧世界においては、美はある一定の基準を満たしているものという考え方が強く、そのかぎりで美は永遠不変であるが、日本人にとっては美とはむしろ時の流れとともに消え去りゆくもので、失われゆくものに対する愛情の思いが、美意識の重要な要素のひとつとなっている」との指摘は興味深い。30年以上前に書かれたものもあるが、今でも新しさは失われていない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本バスクとバスク人

2017/12/03 00:25

どこから来たの?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

バスクは、スペインとフランスの国境付近の地域。ヨーロッパにありながら、他の地域と全く異なる言語を用いている。そのため、どこから来たのか全く分かっていない。
そんなバスクとバスク人について、歴史と特徴を平易に述べている。
ピカソの絵で有名なゲルニカなどのバスク地方を訪ねるときに読んで行けば、旅はもっと面白くなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本世界がわかる理系の名著

2017/06/03 20:50

科学の古典を文系にもやさしく

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

科学の発展に寄与した古典を紹介。世界がわかるというのは大げさ。

取り上げられているのは次の14冊:
1. ダーウィン『種の起源』
2. ファーブル『昆虫記』
3. メンデル『雑種植物の研究』
4. ワトソン『二重らせん』
5. ユクスキュル『生物から見た世界』
6. パヴロフ『大脳半球の働きについて』
7. カーソン『沈黙の春』
8. ガリレイ『星界の報告』
9. ニュートン『プリンキピア』
10. アインシュタイン『相対性理論』
11. ハッブル『銀河の世界』
12. プリニウス『博物誌』
13. ライエル『地質学原理』
14. ウェゲナー『大陸と海洋の起源』

それぞれ、
 ・書いたのはこんな人
 ・こんなことが書いてある
 ・その後、世界はどう変わったか
 ・エピソード
 ・教訓
 ・さわりピックアップ
について分かりやすく解説されている。理系のみならず、文系のひとも楽しめる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

生物進化の戦略が隠されている

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

内臓とは、体内にある器官系の内、呼吸器系、消化器系、泌尿器系、生殖器系、内分泌系の5つを一括したもの。この5つの器官系がそれぞれどのように進化・発展してきたかを詳細なイラストを用いて解説してくれる。そこには種が発展していくための戦略が隠されている。生物のからだがうまくできていることがよくわかる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本思考のレッスン

2016/07/09 11:21

考える基本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1)思考の型の形成史、2)私の考え方を励ましてくれた三人、3)思考の準備、4)本を読むコツ、5)考えるコツ、6)書き方のコツ の6つのレッスンからなる「思考=考えることのレッスン」。人間がものを書くときは、表現したいから書く場合と、秘匿したいから書く場合があるとの指摘は、本の読み方を考える上で重要である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

宇宙の不思議がわかる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

国立天文台に勤める著者が一般の人向けに書いた宇宙の本。むずかしい言葉をやさしく解説しており、読めば宇宙のことがだいたいわかる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本近世古文書解読字典 増訂

2016/03/19 21:18

古文書を読もうとする人が最初にもつべき字典

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本語の古文書を読むための字典である。同じ字でも崩し方によってかなり異なって見えるが、多くの字体が掲載されており、どの字になるのか探すことができる。コンパクトなサイズの割に多くの例が載っており、初心者が最初にもつべき字典であると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

専門家と患者が一緒に統合失調症をたどる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

臨床医として長年統合失調症の患者と向き合ってきた中井久夫の著書を患者が読み、自分の症状の変化を振り返り、それに対して中井らが専門家の立場から考えを述べている。当事者がどう感じ、どう考えていたかが述べられる。統合失調症の家族がいる人たちにとって、どう対応したらよいかを考える上で参考になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本食と日本人の知恵

2017/12/03 00:17

和食はすばらしい。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

漬物博士で有名な小泉先生の若き頃の作品。
和食とそれを生み出した日本人の素晴らしさを熱を込めて説明してくれる。
和食をもっと食べよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ベイズ統計入門

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ベイズ統計って何?っていう人のために、書かれた「超」入門本。
前半は、とある殺人事件の犯人を推理するという話になっていて、「結果から原因を推定する」ベイズ統計の輪郭がつかめる。後半は、数式が出てきて、もう少し詳しくベイズ統計が分かるようになっている。数式といってもビビる必要はない。文系の人にも分かるように書かれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

盆栽と始めたいと思っている人へ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

NHKの趣味の園芸にも出演している盆栽家の山田香織さんが盆栽の基本、魅力についてやさしく解説した本。これから始めたい人におすすめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

14 件中 1 件~ 14 件を表示