サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. moonさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

moonさんのレビュー一覧

投稿者:moon

53 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本劇場

2017/05/13 09:29

ラブストーリーというよりヒューマンストーリー。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

よく面白かったのか?と聞かれるが、この小説は面白い面白くないというより「好き」ですね。フィーリングが合うということなのかもしれないです。
人によっては凡人かつ弱い人間の物語で主人公が嫌になる人もいるのかもしれませんが私はそんなに悪い人間には思えないんです。成功者や強い人間には理解しにくいのかもしれない、というか理解しようとしない。挫折を繰返し経験したものにとっては永田の行為や想いは身に覚えがあることばかり。分かっているけど毒を吐くことがやめられないし八つ当たりもするし自己嫌悪にも陥る。
世の中どうしても強いものが評価され弱いものが省かれる。その者が這い上がろうとすると何も知らないものが勝手に決めつけて首を絞める。主人公はダメ人間の部類だけど守ろうとした気持ちは否定してほしくないです。
どこにでも転がってる人生。だからこそ必要な小説。ここに一人救われた弱者がいることを知ってほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜見師 1

2017/03/12 21:15

シリーズ化してほしい!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

久しぶりに中村ふみ先生の作品が読めて嬉しかったです。「なぞとき紙芝居」も良かったけどこちらの話もさらに好きになりました!
主人公の輝は呪われた不幸な境遇なのに心根が腐ってなくてとても気持ちのよい青年です。でも本当のところは死に対して目を背けてて弱いところもあります。そんな輝に感情移入させずにはいられません。それとは逆にもう一人の主人公と言うべき多々良は逆に見た目は車椅子で不自由な暮らしをしているようですが性格はいたってクールで意思が強い青年です。そんな二人の掛け合いはとても面白いです♪
ストーリーは怨霊の相手をしたり悲劇を実感したりとホラー色は強いお話ですがこの二人の掛け合いのお陰で暗さを引きずらずにすむし、雇用主と使用人を越えての友情が微笑ましくてなにより好きなところですね。
またシリーズ化してほしいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神様の御用人 6

2016/11/02 22:24

今回は東京と九州の神様。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回もそんな無理な…という御用が発動してしまい良彦が苦労してばかりです。しかもこのシリーズ最強?の新キャラ登場で良彦の身に危険が迫ります。といっても相手は人間ですが…今後良彦はさらに苦労するでしょうね。そんな良彦を見るこちらは楽しいです♪この問題は穂乃香ちゃん次第なので、穂乃香ちゃんがホントにいい子で良かったねって思います。
そしてもう一つの心配は良彦の財布の中身。今回の舞台は東京と九州なのでそこまで行く交通費と宿泊費、そしてご当地のスイーツを要求する黄金の胃袋を満たすのにいくらかかったのか。まぁそれは置いといて…。神様達の為に観光もせずに奮走する良彦を純粋に凄いと思います!だからこそ御用人に選ばれたんでしょうね。
次はぜひ東北に来てほしいですねぇ。名前だけは知ってるのにどんな神様なのか分からないって事が多いのでまたいろんな神様のお話を読みたいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

19世紀ロンドン、新しいバディもの!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

真っ直ぐなアッシュがいいですねぇ。優秀なんでしょうが性格のせいかまだ刑事としては未熟でそんなアッシュをヤダヤダどいいながらついつい助けちゃうジジが楽しいです♪二人の会話のテンポも笑えるので内容は悲しかったりグロかったりするのにそんなに暗くならずにすみます。
二人の関係は親友、師弟、兄弟、はたまた恋人?と思えるようななんだか不思議な関係で一冊じゃ物足りないです!バディもので章ごとに1話完結式なので続編も作れそうだしまた二人の話を読みたいので2巻目を期待したいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

宝石が好きになりました!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あまり宝石には興味がなかったんですが、一気に好きになりました!宝石について初心者でも分かりやすく無知の主人公目線で説明してくれるので難しくないですし、読み終わる頃には価値観がガラッと変わりました。それにストーリーが泣かせてくれます。ぜひ続編を出していただいてまた宝石や鉱石などについて教えてほしいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2017/09/04 14:21

面白かった!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

友人に進められて読んだらビックリ、いい意味で裏切られました。凄く面白かったです!
由良先生がカッコイイのもさることながら意外と可愛い一面も。その部分は読み手にもよりますが、自分に言い訳しながら生徒達を助けたりクッキーを頬ばったりする姿があんなに強いのに不器用でいて好きなところでした。
また物語もただ残酷なシーンが続くというわけじゃなくてしっかりキャラクター達の内面の変化が描かれていて感情移入しやすかったです。私が一番好きなシーンというか人物は教頭先生です!それは読んでみたら分かるかと。マジ惚れしたわ~。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

正義の大勝利!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回の謎鑑定はリチャード自身の謎鑑定という事になるのかな。正義自身の心の謎鑑定でもあるけど、彼はもう愛情以外の何者でもない!リチャードに向ける愛情溢れる言葉はなんて暖かくて素敵な事か。読んでいるこっちがお腹いっぱいになりました。これは外では読まない方がいいのかもしれないです。本編シリーズのファンは顔がニヤケてしまってヤバイです。
リチャードのいとこ達やお師匠さまも面白いしまだまだ読んでいたいシリーズです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本仁義なき新婚生活

2017/02/07 04:52

佳月の男前受けに惚れます!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

佳月の見た目と中身の違いがたまらないですねぇ♪強気の受大好きです。
余裕もって佳月を翻弄していたはずの健吾がいつの間にか翻弄される側にいてほだされるのも分かりますね。テンポのいい会話で二人のやり取りも面白いです。
また脇役も一癖二癖もあって気になるし続編を期待したい!けど、朝香りく先生の作品はほとんと続編がないので残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本タブーカラー

2016/12/04 20:06

リロードシリーズ10周年!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回は10周年ということで今までのキャラクターがいっぱい出てきました。その中でもやっぱり一番嬉しいのは「弾丸キス」の2人ですねぇ♪
藤村と河東が事件の捜査で組むとさらに好き勝手に動き出してそれがまた面白かったです。またこのコンビが読みたいですね。
いおかいつき先生の描かれるキャラクターはみんな好きですがこのリロードシリーズのカップル神宮と河東の2人が格別に好きです。2人の駆け引きといっても河東が一方に負けてばかりですが(笑)男らしい河東をいつまでも応援したくなります。まだまだリロードシリーズ長期連載期待しています!
苦労人の本条さんにもイイ人ができればいいのになぁ♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

珈琲を片手にどうぞ。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

3巻目待ってました!今回は新キャラクターの天使が登場します。蒼月先生のかかれるキャラ達はみんな個性があって物語が豊かになってイイですねぇ♪
亜門と司君の距離は前から近かったですが今回は司君とコバルトの距離が近づいてなんだか嬉しかったです。
司君は今回大変な目に会うけど、頼りになる友人達がいるから大丈夫かなっていう安心感はありました。友達の太一君がコバルトに出会って興奮するのも分かりますしね。
次の巻が出るまでまた焦れったいですが本の大切さと読者に与える影響の凄さを実感してコーヒーを飲みながらゆったりとした気持ちで待ちたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本性悪狐は夜に啼く

2016/07/19 08:07

本当の弱者

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

弱者ってどういう人達の事を言うんでしょうね。憎しみで攻撃をする人(今回はキツネ)は強く見えて実はとても弱い存在なんだなって秋野を見て思いました。敵という立場の人達は、純粋な悪と被害者であるがゆえの悪があって秋野は後者です。弱かったゆえに反動で復讐でしか目的を見つけられない秋野がとても可哀想でした。でも!北斗が現れて本当に良かった!守られる事に慣れない秋野のが可愛くもあり真っ直ぐ愛情を注いでくれる北斗の存在がとても微笑ましくて読んだあとはホクホクな気持ちになれました。繋がりを気にする方は前作の『恋狐の契り』を読んでからがいいですが、この作品単品でも十分楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本失はれる物語

2013/03/23 19:24

乙一の世界全開!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本当の愛とは何かこの小説を読めば分かります。読み終わった後の余韻が半端ない!そして他の乙一作品を探している自分がいました。
短編集ですが一つ一つの作品がとても濃くて、「せつない」とはこういう気持ちの事なんだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本東京百景

2017/10/09 08:28

東京の人々

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「東京百景」又吉さんの東京は風景というよりそこにいる人々でした。
エッセイ本は苦手でしたが又吉さんのは結構クスッと笑えるお話もいっぱいあったのでこの本は好きです。
数年前に出た書籍でしたが私には「今」必要な本でした。東京への羨望、誰もが感じるであろう心情が一つでもあるはず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神様の御用人 7

2017/09/15 18:13

涙を我慢するのが大変でした。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

このシリーズ1巻から読んでいますがずっと泣きっぱなしです。毎回涙なしでは読めなくて、もちろん今回も。
いつもよりシリアスなシーンが多く特に今まで以上に悩む良彦にかなり感情移入してしまいました。そして神様である「月読命」「須佐之男命」「天照太御神」の三兄弟の切なさが痛いくらいでした。絆が深ければ深いほど相手を想い合い、そしてすれ違っていた兄弟でしたがあのような終わりかたでホッとしました。さすが浅葉先生です。穂乃香ちゃんも癒しでしたね。8巻も楽しみに待ちたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本AX

2017/08/22 21:46

伊坂幸太郎先生ありがとう!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

すごく面白かったです!夫婦や家族にはいろんな形がありますが伊坂先生が描かれる夫婦愛、親子愛、家族愛が好きです。「重力ピエロ」が好きな人は好みかも。帯の文句負けしてる作品はよくあるけどこの作品はその通り極上のエンターテイメントでした。
殺し屋シリーズというと殺伐としたイメージをもたれる方がいるかもしれませんがそんなに暗くはないし、ときにはユーモアがあってクスッと笑えるシーンも多かったです。そして暖かい気持ちになれる物語でした。
実写化しないかなぁ~。漫画をやたら実写化してるけどよっぽどこちらの方がいいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

53 件中 1 件~ 15 件を表示