サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 平出良人さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

平出良人さんのレビュー一覧

投稿者:平出良人

1 件中 1 件~ 1 件を表示

類書にないアプローチは一読の価値あり!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、総合的かつ恒常的な危機管理部門の設置に対する提言書といえる。

危機管理について述べた他の類書との相違点は、行政の内側から見た危機管理のあり方について詳細に述べられている点と、外から見た(特に米と比較した)日本の危機管理対策の欠点に対する言及が多いことである。とりわけ優れた点は、災害・有事対応専門の部署が長年欠落してきた日本の危機管理対策のまずさに警鐘を鳴らすにとどまらず、今後日本で構築されるべき危機管理対応専門組織の設置のあり方や、米FEMAを他山の石とした組織の存続・活用に関する論究であろう。さすが、この辺りは、様々な肩書を持つ編著者でならではの観点が光っていると思う。

本書は上述のように、行政による災害対応の方策だけでなく、組織論や行政論に言及した個所も多くあるので、俯瞰的な物の見方のヒントにもなり得る。したがって、警察・消防・自衛隊等の災害対策担当官だけでなく、地方自治体の課長クラス以上の方なら一読していただきたい内容であると思う。

今後はますます危機管理に関する研究は盛んになるだろうが、内容から言って本書はその先便をつけるものである。現在一読の価値がある一冊といえるであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示