サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. もりあやこさんのレビュー一覧

もりあやこさんのレビュー一覧

投稿者:もりあやこ

紙の本あん

2013/02/10 10:50

あん…それは 命の輝き

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

丁寧に 慈しみ育てられた素材を撫でるようにして作られた食べ物を口に含むと
その命が この身に働きかけ
細胞の一つ一つが にこにこと 笑顔になるような感覚を思い出した
作者 ドリアン助川氏は かつて「叫ぶ詩人の会」として 社会とのそぐわなさ
魂のあるべき処を 思いあぐね悩む人々の思いを代弁するように叫んできた
しかし今 彼が 自らを名乗る時「作家・詩人・朗読者・道化師」と
声高に叫ぶ姿はもうない
今回の著作は 構想10年
ハンセン病についての 丁寧な取材に基づくもので 彼自身の人生の集大成
魂の書ではあるけれども
自分だけの力ではなく「出会った人たちの魂が書かせてくれた作品でもある」と 語っている
「ハンセン病について触れた作品」というと
辛く重い事実を ぐいぐいと突きつけられる イメージも多いが
この『あん』は それぞれの姿、辿った人生が どんな形であれ
命を持ったものが生きていくこと そのものを愛おしむ 温かな光に満ちている
決して 甘やかな 夢物語としてだけではなく
遂げられぬまま逝ってしまった命や思いを受け取り
届けようとする 静かに熱い思いは 塩辛さを感じさせぬ 微妙なバランスで
隠し味として 物語を 要所要所で 引き締めている
人と人とが出逢い 心で触れ合い
それが 鍵となって 次に踏み出す道への扉が 開かれてゆく
役立つとか 立たぬとか そんなことは 生きていく上で ほんのおまけにしか過ぎないという 安心感
著者自身の足で歩いた 地面の感触
季節の移ろいを 詩人として 見つめ 掬い上げ 紡いできた視点の 清涼感…
ドリアン助川氏の これまでの人生の集大成には違いない
しかし、かつて若者からカリスマと崇められた頃のような 叫ぶ形をとってはいないが
熱い思いが水底に脈々と流れ続けており
それを ぶつけることなく 優しさで包みながら 人の手へ 確実に届けようとしている
更なる進化の第一歩に過ぎない
著者が 今後また その足で歩き 出逢い 触れ合いながら 踏みしめてゆく 一歩一歩の 足跡に咲いてゆく 花のような作品が 楽しみでならない

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本辞書、のような物語。

2013/05/09 10:08

なでなでしたくなる本

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

装丁の 手触りのよさ
普段手に取るきっかけもない作者に 出会え
それぞれの作品の 切り口の角度の違いも 堪能できる
手で 目で 心で なでなでしたくなるような 本でした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ピンザの島

2014/11/06 14:31

いのちは いのちに すくわれる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

既に 著者のファンになってしまっているので
いいようにしか 受け取れなくなっているのかもしれないのですが
生きていくということを 頭でっかちに 考えばかりで 何とかしようとすると
行き詰まって 息詰まって ゆくもの
ふと 出逢い
そのいのちと 向き合い
付き合うことで
生きていくという 肉体を伴った 実体として 実感として 得て
改めて 心身 生きていくことを しっかりと踏みしめることができるようになる物語
著者の 経験で得てこられた 数々の体験と 深い思考とが がっぷりと 組み合わさって
他の作品以上に
ここにないのに 実感として手に 胸に 届く物語になっている
読後 たまらなく 山羊に会いたくなり
山まで 車を走らせてしまいました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本花鯛

2013/06/15 17:21

魚に重ね 魚に託す

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

淀みを
うねりのなかを
停滞したり
あがいたりして 生きる
うっすらと 不甲斐ない主人公たちの 生き方を
作者ならではの 色彩感覚 身体感覚で
いとおしんで 編んでいく 物語の 数々
色や匂いや肌触りが
生々しく身のうちに跳ねている感じにさせてくれるのは
言葉を編んでいくことに対する
作者の真摯なる構えからくるのか…
表現のひとつひとつに
思わず「そうそう!!」と膝を打ちたくなる
改めて ここに 登場する魚を 見直し 味わい直したくなる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いろいろなところにいろいろないのち

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

それぞれが いきやすいように
いのちをつなげていけるように
それぞれが
さまざまでいいんだ
きっと にんげんだってそうなんだ
生物多様性…なんて難しい言い方でなく
たのしくやさしく みせてくれながら
ほかのひととちがうこと
ひととしていきていくときの
こころづよさまで しらぬうちに うけとらせてくれますね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本クロコダイルとイルカ

2013/05/19 17:00

命の奥の 透明な珠のような想い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この物語の もとになったという
『クロコダイルの恋』という 歌物語を
筆者ドリアン助川氏のライヴにて
一度だけ聴いたことがありました
たいそう アンビバレンツな 大人の 恋物語のようであり
それが 絵本になるとは…と 構えつつ
手に取りました
生きるという ごつごつした営みのなかから
逃れられないことも
報われないことも
誰かを想う という
透明な珠のような光に向かう 行為によって
救われるのであるな…と
切ないけれど
すこぅし 救われる想いの 光さす ものがたり

生き物を 見守り続けた あべ弘士さん ならではの
濃密でいて 温かく 澄んだ絵が
このものがたりを
更に 愛しい想いで満たしてくれます

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本大幸運食堂

2013/05/09 10:41

ほんのりやさしくおいしい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

威勢のいいタイトルではあるけれど
さえない
ついていない人が
景気付けに 口にするような
そんな 身近な やわらかな日常の 物語たち
奇を衒っていない
ほんのりやさしくおいしい 普段のご飯のような 味わい
作者の手で温められた やわやわとした 温もりの湯気で
胸のうちも
涙腺も
弛んで
人に優しくしたくなる読後感でした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ろうそくの炎がささやく言葉

2013/05/09 11:01

ことばは届いたり 届かなかったり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

震災後
遠く近くおられる言葉を携える方々が
なにができるのか…と
じりじりした思いで 編まれた…と 伺いました
被災地へ…と来てくださった折り
生の声での 朗読も 一部聴かせていただきました

掬い上げた言葉に救われる思いも 生まれる一方
こんなもので 何が変わるのだ…と 捻り回された 言葉の群れに 意地悪な思いも生まれたり…
複雑な思いになったものでした
それでも これからも あがいたり諦めたりしながら
ことばは 書き留められてゆくのでしょう
ことばの 可能性と 限界が みっちりつまっている本でした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する