サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. JOLLYeeicさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年5月)

JOLLYeeicさんのレビュー一覧

投稿者:JOLLYeeic

1 件中 1 件~ 1 件を表示

他の方もおっしゃっていますが

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まず、ペアノの公理についての項目、並びにε-δや対角線論法などについてはわかり易かった。

他の方も指摘する通り、ゲーデルの不完全性定理についての項目が、開幕4ページくらいで初見は意味不明になってしまい、現在全力で解読中。
しかしこの項目がわかりにくいのかと言えばそれ以前の問題で、メタ数学への入り口の項目(5章)が既にわかりにくい。僕は少なくとも真理値表についてはユーリちゃんレベルの理解にすらおぼつかず、A、Bの真偽がA→Bの真偽に直接関係するのか?という所から既に意味不明でした。
それもさることながら、特にわかりずらかったのが、「形式的体系」と「実際の数学」との結び方。ここは作中でも(少なくとも9章までの内容では)これとこれがつながっている、と非常に曖昧な表現をしています。
形式的体系は少なくとも僕達の考える世界の遙か遠くにあり、ひたすら事務的に弄る事で新たな定理を導いたりする。これについては理解出来ました。しかしこの形式的体系における定理と、数学の定理が如何に結びついているのか、それについての説明が一切無いから、何の為に形式的体系を導入したのかがサッパリ分からないのです。

形式的体系で証明できたからなんで数学の不完全性が証明できるのか。それについての解説、どなたか下で補足してくださりませんかね?

不完全性定理の内容についてはうーんとなりましたが、メタ数学以外の内容はわりかしスッと読めたので3点。
ガロアの群論についても購入したので、楽しみにしてます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示