サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ミントさんのレビュー一覧

ミントさんのレビュー一覧

投稿者:ミント

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本ビオラを買いに

2013/05/04 23:02

肩の力を抜いて、楽しく読めます

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本編終了後のアンコールシリーズと銘打って始まった外伝。

本編最後ではページ数の制限のせいか、盛り込みすぎになってしまったようで、消化不良気味の終わり方になってしまったのが残念でしたが、外伝になってからは肩の力が抜けたのか面白さが復活しているようです。

長年のファンゆえの辛口のコメントだったレビュアーさんたちの評価も今回は上向きになるのではないかと思っています。

二本立てですが、「ビオラを買いに」は圭の視点で、悠季の四重奏に参加することになって悪戦苦闘する話でした。天才の鼻っ柱がくじかれることになって、ちょっと気の毒。でもそのおかげで指揮者として復活する決意をすることになったわけで、悠季は意図せずに彼の背中を押すことになったようです。

もう一本の「通奏低音」は悠季視点で、フランスでの本格的なコンサート活動の様子が描かれています。ピアニストの吉柳さんとマネージャーの井上(旧姓)さんの三人の道中がとても楽しかったです。

やはり富士見は音楽シーンがあるのが楽しいですね。

最後の悠季の告白シーンは、本文始めの圭の不安と対比して、見事に決着をみていました。けれど、今度は世界中が圭のライバルって・・・笑えますね(笑)

ラブラブぶりはこれからも続くのでしょう。ぜひまた続きが読みたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マインちゃんは、かんばってます!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ネットで全文読めるのにもかかわらず、本媒体で欲しくなって購入してしまったシリーズです。第一部で虚弱さと貧乏のためにできなかったことを、なんとかかなえようと奮闘していましたが、第二部では自分のことだけではなくて周囲のことまでなんとかしようとがんばりはじめました。なんともけなげで少々斜め上を行く言動が笑いを誘います。追加された番外編やかわいいイラストもステキです。ぜひシリーズで購入することをお勧めします!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示