サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. サントノレ・ローズさんのレビュー一覧

サントノレ・ローズさんのレビュー一覧

投稿者:サントノレ・ローズ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本まんがサイコセラピーのお話

2013/05/10 17:00

読みやすい!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

身近なところで話題になっていたので、書店で手に取り、
読み始めたら、ついついおもしろくて購入して帰りました。

コミックスと思ったら、この値段は高いけど、
専門書っていう区分だと、まあ、妥当なお値段なんでしょうね。

サイコセラピーというのが、
心理カウンセリングと、どうちがうのか、イマイチわからないけど、
その一連の流れが、こんな感じなんだなあ、とよくわかりました。

今までは、妙にやさしいカウンセラーに、うんうん、と言われて、
それは、こういうことですね、ってズバリ見透かされるのが、
カウンセリング(あ、サイコセラピーですが)なのかなあ?と思っていたので、
目からウロコでした。

じっくり読むと、まんがで描かれている部分だけではなく、
脚注はもちろん、作者のことばや監訳者のことば、あとがきなど、
専門的なけっこう難しいことも書かれています。

よくわからない部分もあるけれど、
ジョハリの窓とか、なるほど、と思うこともたくさんあって、
なかなか勉強になるような。

絵も、細かくみると、いろいろおもしろいです。
イラストの中の額に入っている絵にも含みがありそうだし。

手元において、何度も楽しめそうで、買って正解でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

何度目かのパリ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ガイドブックには載っていない美術館も含めて、タイトルどおり「ほんとうは教えたくない」「パリの小さな美術館」が特集されている。こういう視点はありがたい。加えて、藤野可織のエッセイは、自分が旅をしているような気分を味あわせてくれる。自然史博物館に、とても行って見たくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示