サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 七無齋さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

七無齋さんのレビュー一覧

投稿者:七無齋

169 件中 1 件~ 15 件を表示

事件告発

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

小説を読んでいると錯覚するのは著者の筆力によるものもあるかもしれないが、前作同様現実の世界だ。ほんのちょっとでもこうした作品で世の中が暮らしよくなることを願わずにはいられない。最後がすっきり解決というわけでないのが残念である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本幕末・戊辰戦争 図解詳説

2017/05/10 20:51

戊辰局地戦

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

戊辰戦争を広く薄く扱った作品。新政府軍の内部抗争なども主軸になっている。一つ一つの戦いは丁寧とは言えないがあまり取り上げない箇所も掲載され必見。古い作品だが今見ると真新しくも思える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本宣教師と『太平記』

2017/05/05 17:52

中世史

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

宣教師と太平記の関係とは視点がいい。当時どれくらい日本人の意識と常識がわかるようで興味が引く。若干脱線気味とも思えるが論証していく上ではやむを得ないのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

戦国史

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

応仁の乱が時系列でわかりやすく解説されている。しかも主な人物を個別に取り扱ってもいて事変の流れがつかみやすい。時には地図入り解説もされ立ち位置などもつかめる。しかしながら図表で東軍は右側に、西軍は左側に記入するべきだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ルポニッポン絶望工場

2017/03/09 06:39

社会啓発本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本社会が海外の方たちにとっていかに魅力のない国であるかがよくわかる。国家の体質や外国人受け入れ組織の犯罪が横行している現状を早急に改めること警告している。多くの日本人がこの本で啓発されることが必要だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ちいさな城下町

2016/12/14 18:45

お城好き

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あまり人の行かなそうなところまで取り上げているのが嬉しい。そこに行くまでの動機づけのエピソードがまた良い。もっともっといろんなところに出かけてほしかったが著者が他界してしまったのは非常に残念だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

史書入門

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

歴史書の解説がわかりやすく、どのような姿勢でこの本に向き合うかもわかる。歴史的事実をわかろうとする一歩だがある程度日本史の流れは把握しておくことが必要。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

禅本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

何か生きるヒントを貰いたいときに読む本。しかし読み手の心理状況によって変化するから、よくよく熟読して理解しようとする姿勢が大事。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本大学

2016/09/15 06:57

道徳本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大本の原本解説から朱子の解釈まで記載されているのがよい。しかし難解なことであるから何度も繰り返し熟読する必要がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本日本人の底力

2016/07/29 18:21

啓発書

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

菅原文太がこの社会の在り方をひとりひとりに訴えかけてくる本。番組本だがこれからも永く継承し続けてけれる本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本戦国の陣形

2016/01/28 18:39

研究熱

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

陣形についての考察ははっきり類書がなかっただけに秀逸。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本真田四代と信繁

2015/12/09 18:32

逸品

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

真田本で新書サイズでこれだけの内容の濃い本はめったにない。きちんとした資料に基づき調査され、多少掘り起こしが浅いと感じるものの新書でこれだけの書籍は稀であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本太平記 4

2017/08/22 17:35

太平記肆

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

欠本の二十二巻の解説も掲載。解説では太平記の成り立ちも書かれており欠本の事情などもわかる。楠正行や高一族の滅亡など内容は有名どころが亡くなっても見どころはあり。観応の擾乱へと進んでいく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

真田史

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

国衆の動きなどドラマや小説では取り上げられない場面がきちんと開設されている良本。要所の場面や人物画の掲載も良い。地名の番地記入も役に立つ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本太平記 3

2017/08/18 18:50

太平記参

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

楠正成、後醍醐天皇、新田義貞などが次々と亡くなっていく。名場面の連続。桜井の別れなどもあるが情緒的というよりは淡々と進む。解説にもあるように皇国史観や源平交代論などが見え隠れする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

169 件中 1 件~ 15 件を表示