サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. angelさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

angelさんのレビュー一覧

投稿者:angel

3 件中 1 件~ 3 件を表示

初心に帰る

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

看護師になり十数年、最近の新卒者らか゛学生時代に何をどう学び指導を受けているか再確認し、自分自身の手技や技術・知識をもう一度振り返る目的で購入。臨床で直ちに必要とされる技術や処置について根拠や注意点は網羅、タイトルの「みえる」のとおり図や絵といったイラストも多く視覚的に理解しやすい一冊といえるだろう。内容としては臨床実習中の学生から新卒・卒後3年といったところか。解りやすく纏められているので持っていて損はないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シンガポール

2014/10/22 18:44

今年の旅友

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ほぼ毎年のようにシンガポールに独り旅をするようになって十数回、今年も9月下旬より飛んで来ました。独立して40年、ここ数年は毎年のように開拓と埋め立て・新規リゾートや観光スポットが建設。まさに急成長の止まらない「星の国:シンガポール」は訪れる度に新しい発見ができるアジア最大の観光立国でもあります。土地勘はあっても今日は何をしようか、何を食べようか、ここはどうやって行くんだろうと思ったとき、やはり日本語での現地観光ガイドは安心感もあり心強い味方。今年は渡航前に最新刊だった「空旅シンガポール」をチョイスしました。この本、ホテルなど現地で不要となりやすい情報が他紙よりも少ない、なので多少は薄めな仕上がり。そして特徴かつPR内容といえるのがパタパタ折りたたんで持ち歩ける地図がついていること。この地図、持っていくまでは小さすぎるだろ、見にくいんじゃない?などと思っていましたが、実際に現地で使いうと丁度良い。本体を持って歩かなくても場所や道・MRT(地下鉄)の駅やルートを確認するのに重宝しました。できれば畳角が摩耗しにくい加工なりがされていれば良かったのですが、それはなくとも「旅友」な役割を充分に果たしてくれました。毎年、現地で「最新版の折り畳み市街地図」を購入していたのですが、今年は入手することなく帰国しています。最新刊ということもあり開通したばかりのMRT新路線と新駅も繁栄されてたのは良かったです。まぁ、どのガイドブックにも言えることですが実際の場所と地図の位置に多少のズレが発見といったハプニングはありますが、それでも路地一本といったレベルなので何とかなります。(笑) 今年も新しい発見をし、行ったことのない場所や路地・レストランに訪れ職を堪能、約8日間を濃厚かつ有意義に過ごすことができました。ぜひ、「みなさんの旅友の1冊」に検討して頂きたくレビュー&評価を投稿です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シンガポール本 最新版

2013/09/11 10:35

旅の友

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

巷にありふれたガイドブック以上、地理本以下な感じ。A4程度の大きさなので現地で持ち歩くには不便かも知れないが、渡航前の予行練習として自宅でも、滞在先のホテルで当日の予定を立てたり空き時間に街中をジャランジャラン(ぶらぶら)する前に読むにもカラーが多く見応えはあると思う。他のガイドブックのようにホテルやレストラン・エステ情報だけで半分以上を占め、旅先のPetit情報や薀蓄など生活・渡航情報が少なく困ったなぁーというのも少なそうではある。自身の渡星歴(シンガポール訪問歴)は学生時代に初めて飛んで以降に惚れ込み、自己完結(ツアー利用なし)での滞在が可能なため、シンガポールに関する「最新本」を謳うにしては本品は少しばかりか物足りなさを感じてしまったのは否めない。『成長の止まらない国:シンガポール』であればこそな真新しさが欲しかっが、初めての渡星であってもリピーターであっても、それがツアーであったとしてもなかったとしても、ビジュアルや構成は読みやすく、付録の地図は使い勝手は良さそうに感じた。今月(9月)待つ、約一年ぶりに訪れる計画を立てているので、旅の友の1冊として連れて行こうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示