サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. りょうけんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

りょうけんさんのレビュー一覧

投稿者:りょうけん

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本おにぎり、ころりん

2013/07/04 05:52

言葉と実態の…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

時空間を飛び越えての展開で、様々な状況を作り出しての鬼麿の働きを見せようとする設定は、面白いと思います。
天賦の才ではなく、身につけた力と周囲の助力で切り抜ける設定のため、敵味方なく何でも有りで登場する人物や妖は、びっくり箱のようです。

ただ…、
陰陽道のお札の力が、書かれている漢字に依るのかなあ。
ソハヤノツルギの力って何なのかなあ。
何故、京都の公家が大阪弁を話しているのかなあ。
鬼がいっぱい集まって動いたら、百鬼夜行なのかなあ。
その他諸々。

江戸時代のお気楽な展開ではまだ流せたけれど、京に舞台が移って緊迫した展開で言葉に違和感を感じると、緊迫感が薄れてしまいました。

最後は、登場人物が使い捨てられているようで寂しいなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

嘘が多い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

設定の無理は、小説ですから許容するとしても、時代考証の間違いが多すぎます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示