サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. なんてこったさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

なんてこったさんのレビュー一覧

投稿者:なんてこった

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ナショナリズムの復権

2013/07/09 23:14

ナショナリズムを自然に帰す

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ナショナリズムと結びついて理解されてきた3つの概念との結節点を解きほぐし、ナショナリズムとは何か、その概念に在るものを浮かび上がらせようとする本作。
 ナショナリズムと全体主義、宗教、民主主義との不等号をたどっていく過程は、ナショナリズムが政治との結びつきから離れていくものであり、帰結として、政治の枠組みを形づくる装置としてのナショナリズムではなく、政治における価値判断を支える思想としてナショナリズムを描き出していた。
 疑問は、政治の価値を支える思想としてナショナリズムは存在しえるのか。統治構造を形成する機能としてその概念は語られてきたものであり、価値の体系としてナショナリズムを見るとそれは、ナショナリズムではないのではないか。また著者が行き着くナショナリズムは、国家との結びつきが見えてこなく、その概念が機能する場も想像しにくい。
 最後まで知的刺激を与えてくれる本作は、一種のミステリーのようであり、著者渾身の日本社会への一喝でもある。特に終章、おわりには、鳥肌が立つ、迫りくる文章であった。大変有難い読書経験でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示