サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ぶなさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

ぶなさんのレビュー一覧

投稿者:ぶな

2 件中 1 件~ 2 件を表示

風に散る文のつなぐ縁

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

舞台は平安時代ではあるものの、現代風な言葉遣いや風俗が織り込まれていて、堅苦しさはまったくない。
親バカな高級官僚がいたり、キャリアウーマンがいたり、じみーな陰陽師がいたり、婚活にいそしむ女子がいたりして、飽きさせることなくストーリーは展開(転回?)していく。
話の芯にあるのは主人公二人の縁。風にとばされたチコの文を偶々拾った亨が、戯れに返歌を返したことにより繋がった縁だ。3巻ではか細いその縁が、にぎやかな事柄の内側でふわりと広がっていく様が描かれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本惑星のさみだれ 10

2013/07/13 11:43

年甲斐もなく何度も泣いた。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1巻を読んだとき、妙な設定の話だなあと思った。2巻でこれはギャグ路線ではないと知った。
それからは巻を重ねるごとに続きが待ち遠しかった。
奇妙な設定、狭い人間関係、たくさんの伏線。よくできているなと思うところもあれば、強引すぎじゃないかなと思うところもあったけれど、最終巻までぶれることなくよそ見させることなく一気に突き進んでいくストーリー展開、作者の力量は見事。
この作品はマイベストと言っても過言ではなく、決して手放すことはしない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示