サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ちさとさんのレビュー一覧

ちさとさんのレビュー一覧

投稿者:ちさと

2 件中 1 件~ 2 件を表示

大人が圧巻されるマンガ。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アニメのOPがよさすぎて、内容もわからず見てはまりました。
(アニメ→原作を読むの流れ。)

巨人VS人間の構図は、目新しくありませんが、戦いのリアルさ、残酷さ、「人間が自分よりも強い生物と、どうやって生存競争をしていくか」がとてもうまく表現されていて、まったく、新しいマンガです。ぐいぐい読めます。

絵がきれいとは言えませんが、むしろ「進撃」の世界観に負けない勢いのあるタッチで、絵があってると感じる。これでなきゃ!って思わされますね。まだまだ回収されていない伏線もたくさんあるし、続きが気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本プラチナデータ

2013/08/23 09:26

半現実的な設定。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

DNAからより、正確に犯人へと導く科学犯罪捜査が、悪用される犯罪捜査ものでした。うーん、楽しくはありましたが途中から、殺人犯の汚名を自分が開発した装置のせいでかぶり、追われている科学者(主人公の1人)が、どうも切羽詰まった感が薄くて、のめりこんで読む、ということはなかったです。なので、映画化までしたのは、少し驚き・・・。

ただ、個人的には、設定がごく近未来に実現しそうな感じで、違和感なく読めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示