サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. みずのさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

みずのさんのレビュー一覧

投稿者:みずの

5 件中 1 件~ 5 件を表示

電子書籍海軍乙事件

2013/08/31 23:35

あまり知られていない乙事件

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

偵察中に山本五十六がアメリカ軍に襲撃された甲事件と比べ、乙事件はあまり有名でないと思います。
しかしこの本を読んでから乙事件が帝国海軍の興廃を巡る重要な事件であることが分かりました。

他にも甲事件等が収録されています。
甲事件は、山本五十六を護衛する零戦に乗ったパイロット視点で話が展開されています。

私はこの本で古賀司令官に好感を持ちました!
たった数行しかでてきませんが、彼の物怖じしない姿勢に惹かれました!!!!かっこいいです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍陸奥爆沈

2013/08/31 23:18

陸奥がなぜ沈んだのか

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

陸奥がなぜ爆沈したのかは色々な説が飛び交っています。
陰謀説や、いじめや兵役に耐えきれなかった兵が故意的に起こした等今でもその真相は分かっていません。

ただ陸奥艦長の優しい気配りが仇となり 、沢山の乗組員が亡くなったことは確かです。

この本はあくまで吉村氏が自分の調査のもと、独自の切り口で推理したものであり、真実かどうかは定かであります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍遠い日の戦争

2013/08/31 23:49

戦争犠牲者

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

敗戦してから、日本の価値観がどのくらい変わったのかを教えてくれる本。

戦前は称えられていた軍人たちも敗戦すれば戦犯扱い。
民主主義の名の元に白い目でみられる。
裁判の初期では捕虜を殴っただけで死刑になったそうです。当時の軍人からすれば、捕虜だけでなく自分の部下を殴るのは当たり前のことであったし死刑なる意味が分からず死んでいったのだろうと思います。それが一年、二年かけて刑が軽くなり、捕虜を殺しても死刑にならなくなります。
まさにアメリカのずさんな対応が生んだ悲劇というべきでしょう。
そしてだんだん民衆の価値観が変わり、戦犯はやがて戦争犠牲者と呼ばれるようになるそうです。

戦争犠牲者って、なんやねんアホか!と思いながら読みました。
私も自分の町や肉親を空襲した戦闘機のパイロットが目の前にいて、呑気にグラビアやジャズ音楽を聞いていたら殺したくなるかもしれません。

この本の主人公は自らの手で斬首してしまいました。
そんな彼の逃避行の話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍戦艦武蔵

2013/08/31 23:10

戦艦武蔵がすきになる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

図書館で借りて読むだけにしようと思いましたが、読んだときの衝撃が忘れられず書店で購入しました。
相変わらず吉村さんの聞き込みや情報収集のきめ細かさが目立ちます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本零戦 その誕生と栄光の記録

2013/08/31 23:04

零戦の誕生とそれに伴う苦悩

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一生に一度は読んでおくべき名著だと思います。
零戦に対しての見方も変わりました、零戦が平成になっても これほどまでに愛される理由が分かります

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示