サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ウーロンさんのレビュー一覧

ウーロンさんのレビュー一覧

投稿者:ウーロン

叱れない上司を卒業して、ビシッと叱る。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ビジネスパーソンが、叱り方を体系的に学ぶ機会はない。
だから、多くの人は、職場や家庭で叱られた自分の経験をもとに部下を叱る。
しかし、自己流で叱るため、なかなかうまくいかない。
その結果、自信を失い、「できない」「苦手だ」と思ってしまっているのだ。

本書では、部下を励まし、勇気づける叱り方のコツが記載されている。
それは、まず、ユーメッセージを避けることだ。
叱るときには、「君は」「あなたは」という主語を避ける。「君はまた遅刻したのか」と言わず、「遅刻の原因は何なのだ」と叱れば、相手は傷つかない。

次に、加点主義で叱ることだ。「君の書類は、この部分がダメなんだ」と言わず、「君の書類は、ここを直せば良くなるんだ」と叱る。こうすれば、相手はすっと受け入れる。

さらに、問題解決型で叱ることだ。
過去を見て、「なぜこんな失敗をしたのだ」と責任追及型の叱り方をせず、未来を見て、「今度からはこうしろ」と問題解決型の叱り方をするのだ。

この本には、このような叱り方のノウハウが書かれていて、学びの多い内容だった。
著者は、「叱ることの本質を知り、八方美人を卒業し、叱り方を体系的に学べば、誰でも必ずうまく知れるようになる」と言う。

自分は、これまで叱ることから逃げ続けてきた。
この本は、ダメ上司から卒業するきっかけをくれた気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する