サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. タコ足配線さんのレビュー一覧

タコ足配線さんのレビュー一覧

投稿者:タコ足配線

2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍下に見る人

2013/09/22 16:01

人間は平等ではない。不平等がメリットを生むこともある。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本は儒教の影響が強い国であり、どんな場合にも上下関係が生まれる、という事を気付かせてくれる本です。
人間は平等、は嘘。そして、不平等が悪であるとは限らない。
二人の人間がいたら、片方を上の立場に置くことで仕事の意思決定がスムーズに行くこともある。
それを逆手に取って上手く利用すれば、案外楽しく生きられる。
人付き合いが苦手な中学生や高校生に読んでもらいたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「断る以前に、話を聞くな」という考え方

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「おかしな話を持ち掛けられた時には、下手に断ろうとするのではなく、そもそも話自体を聞くな」、という考え方が提示されている。
断りの返事をすること自体が、相手のペースに乗せられる第一歩だという。
私はこれまで、たとえ親しくない人でも連絡をくれた人にはきちんと返事をしないと失礼だと思っていた。
しかし、著者によると、必ずしもそうではないようだ。
こちらが求めていない話を勝手に持ってくる方が失礼だ、と。
「お隣さん同士なんだから協力して」などと言って断りづらい雰囲気を作ることを、著者は「感情的恐喝」と呼んでいる。
なんとも凄い表現だが、腑に落ちた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示