サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. さぁーこさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

さぁーこさんのレビュー一覧

投稿者:さぁーこ

21 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本溺愛調教

2013/10/23 22:37

圧巻のイラスト

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

叔父+友人二名×甥。攻めは「寝取られることで激しい嫉妬を覚え、受けへの深い愛情を再確認するマゾ」という回りくどい性癖の持ち主。3Pとそれぞれ3人とのタイマンプレイww視姦プレイと全編の約7割はエロと盛りだくさんながら、幼い頃から受けを溺愛していた攻めの深い愛情をきちんと感じさせることも忘れず。こういう愛の形もあるんだとドキドキしながら読めました。攻めが自分の快感よりも受けを可愛がるというプレイスタイルも良かったな。圧巻はやはり笠井さんのイラスト。全体的に薄い本ながらカラーイラスト2枚にモノクロ8枚!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ふったらどしゃぶり

2013/10/25 19:58

大人のリアルな恋愛模様。

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まさに「大人の女性の官能小説」といった印象。普段、BLをファンタジーと思ってるからか、萌えは正直あまり感じないんだけど、「セックスレス」というある意味リアルな題材を扱ってるからか、生々しくてドキドキした。転がり落ちるように堕ちてく二人のそれぞれの道筋に惹きつけられる勢いで、後半は本当にページをめくる指が止められず、果たしてその選択でいいのかと(特に整に対しては)思ったり、雑念入りながら最後の「びしょぬれ」を読んで、「あぁ、良かったんだなぁ。」と感じて読了。タイトルの付け方、言葉選びがとにかく秀逸の一作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

巡る神と人間のハートフル愛。

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

巡る神と人間の交流を描いた短編4編。もぅ可愛い!!可愛い!!ほんと胸がギューっとつかまれた一冊☆特に表題作は言葉を多く重ねることなく、イラストで二人のささやかな日常を描く事で、竜がマウリを大切に想って距離を縮めてく様子がわかり、独占欲あらわに怒る竜と慈しむように目の傷にキスするシーンにとにかく萌え☆ちょいちょい入る、デフォルメ竜がほのぼのとした癒しを演出してくれて、ガッツリエチシーンなしでも全く問題なく楽しめます。白蛇様はひたすら可愛くて、小鳥は健気で、馬のお話は泣けました・・・。とにかく素晴らしい一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本アイズオンリー

2013/10/25 20:00

言葉選びが秀逸。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読み友様からのオススメの一冊。幼少期に全盲だった攻め×ある視覚障害を抱える受け。見えなかった世界が見えるようになった戸惑いと、見えるのに見えない世界。普段私達が経験したことのない、理解は出来ても共感は出来ないそれぞれの視覚障害を非常に分かりやすく描く手腕にまず脱帽。人と関わることが出来ず、息をひそめるような孤独な日々が、攻めとの出会いでゆっくりと降り積もるように一緒に過ごせる喜びに変わっていく様子がとにかく心にグッとくる。最後のバリケード守る受けと攻めの攻防は怒涛の勢いで展開していき、想いの丈をぶつける場面はとにかく涙がとまりませんでした。幼い頃のエピソードもやさしいばかりではなく、辛い思いでであった分、どうしても忘れられない記憶として攻めを突き動かしていたんだと思う。とにかくすごく良かった!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本慈愛の翼 紫眼の豹と漆黒の鳥

2014/02/19 18:42

薔薇本待望のスピン作品!!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

楽しみにしてたシリーズスピン作品。
シリーズ中でも馨→蒼真の図式が濃かったので、先生もずいぶん悩まれたかと思う。

読んでみて率直に、新キャラ加入で正解だと感じた!
魔族という性質からか、恋に堕ちるスピードの速さには驚くけどww
健気で一途なユーリに自由奔放に生きてきた蒼真の始まったばかりの恋模様を上手に描いてたと思う。
馨にせよ蒼真にせよ、既存キャラを壊すことなくきちんと作られた上でバーディアンという架空の生き物と神秘性。
魔族の弱肉強食な設定を上手に取り入れて読ませてくれる作り方は本当に上手い!!面白かった☆
ただ、スピード感ありすぎて、描ききれてない部分もあるような。。2冊に分けられなかったのかなぁ。次は馨のお話でしょうか。もうちょっと蒼真のお話を読ませて頂きたいなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あの日、校舎の階段で

2013/10/23 22:51

究極の執着愛

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

すごいな。その一言に尽きる。真っ向からリアルな執着攻めを描くと、こうも気持ち悪くなるのか。でも、どうしよもなく好きで好きで、そこに相手の都合とかを考えられずに突き進むひたむきなまでの真っ直ぐな感情は切なくて、嫌で嫌で仕方なくて殺意すら覚える笠井のどす黒い感情は醜くて。どうやっても混じり合いそうもない二人の終着点を美しい回想や熱帯魚を使った演出で、まさに「うっかりほだされた」と語る一言を綺麗にまとめる描き方は本当に上手いと思う。この先もグラグラ揺れながらも溺れるような愛情を受けて二人暮らしていくんだろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本忠誠の代償 聖なる絆

2013/10/23 22:47

六青さんらしいどっぷり浸れるファンタジーモフモフ。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

面白くって一気読み!!二段組み新書の分厚さが物足りないと感じる位、濃厚なファンタジーの世界観に浸れました。そして、幼いキリハの可愛さ!!周りのむさくるしい大人に溺愛されてすくすくと成長を見せる場面は微笑ましくて癒されました。なにより、六青作品につきものの肉体的な痛みが皆無で、後半のみにくいあひるの子設定で心を痛める二人のやりとりにはハラハラしつつも、一貫して攻めのヴァルが大らかでありつつも皇子としての資質を備えたいい男だったことで、読んでて爽快感すらありました。次作のリュセラン編は少し覚悟して読まねば。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本奪還の代償 約束の絆

2013/10/23 22:46

モフモフ神降臨!!

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今年度読んだ作品の中で一番です!!薄幸・健気受けのモフモフ。途中、何度も泣きながら読んだ萌えの宝庫の一冊。一度は奪われて失ってしまうものの、騎士・リグの執念に引き寄せられるように再び出会い、結ばれてく血の誓約以上の絆。言葉を発する事が出来ない聖獣・カイエが無心に甘える様子が痛々しくも健気で心が痛い。束縛の令逆らってでも守りぬいた二人の新たな絆に涙。前半が辛い場面が多かった分、後半は幼獣の可愛い寝姿や親バカ學園パートに癒され、キリハとヴァルのラブラブっぷりも堪能でき、何より美しいイラストに心奪われる!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本銀の雫の降る都

2013/10/25 19:56

近未来ファンタジー

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

近未来ファンタジー。生きてる事が希薄でただ淡々と時を過ごしてるカレスが起こしたほんの気まぐれという小さな点。
それが滲むように大きく広がってカレスの心に広がってく様子がやっぱり淡々と描かれてるのにグッと心をとらえて離さないんですよね。
それはユーリスがただ静かにカレスを想い続ける一途さだったり、 静かに紡がれる日常生活だったり。一目惚れとか劇的ななにかじゃなく、降り積もる雪のようなサクッと踏めば固まってしまうような感覚でしょうか。。

美しい描写から一転、荒々しい暴動シーンでいっきに二人心に畳み掛けるように想いがあふれ出す、あの最初のキスシーンが本当に切なくて。。

命を縮めるように身体を重ねるシーンから、最後のシーンまではずっと泣きっぱなしでした。余韻を残すしっとりした終わり方も良かったです☆
ただ、カレスとユーリスの寿命の長さが違うことが切ないですね~。もう一度、新たな命を得たことで、希薄だった生を生き直す・・・ふたりの日常描写をもっと見たいです。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本チョコストロベリーバニラ

2013/10/23 22:35

3人愛の完成系

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

感想が上手く書けない。すごい世界観。。元が「麗人」掲載作品だっただけに、大人でビターな三角関係もの。自分の好きな物を半分こする拾と、拾の喜ぶ顔見たさ受け取るタケと拾が好きな峰。半分に分けられない有機物。それを共有する事でそれぞれの感情が走り出す様子を視点別に描く事で混ざり合うマーブル模様。「好き」という感情にも色んな種類があって、必ずしも同じ枠に収まらない絶妙なバランス感覚を上手く描いてますね。ビジュアル・性格的に受け攻め逆転の拾と峰の描き方や、歪んで閉じた精神世界とドロドロな肉体関係に萌えた一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

胸躍る社交ダンスBL

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

オモロー!!(古っっ)と叫んでしまいたくなる面白さ☆男女ペアが基本の社交ダンスの世界をBL目線で描くとこんなにもワクワクするものか・・・。社交ダンスって、まったく知らない世界なんだけど、優雅な見た目と違って、こんなにもハードな競技なんですね。どっちが受け攻めなのかももちろん気にはなったけど、なにより精神的な部分で反発し合いながらも認め合い、お互いが歩み寄ってゆく過程の人間ドラマがいい!!イラストの濃さも世界観にぴったりで、続きがすごく楽しみ☆

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本狼憑きと夜の帝王

2013/10/23 22:39

犬飼さんらしいファンタジーモフモフ作品。

12人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ウォータービジネス界の美形帝王×狼憑きホスト。表紙イラストからしてキラキラ感満載だけど、心霊オカルトもののドロドロがいい具合に相殺されててバランスがいいですね☆受けと受けを守護する狼こと「狗神」の銀がそれぞれ重たい過去を背負い、一番近くにいるのに遠い存在である微妙な関係でありながらも、孤独と癒しをそれぞれ求めており、差し出された攻めの手を素直に取れない受けと素直に甘える銀の関係も面白い。物語的には、どうしてもページ数が足りない感があったので、是非シリーズなんかで読みたい作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本5人の王

2013/10/23 22:59

まだまだ序章。

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私の理解力が足りないのか・・・。所々「んんっ??」となって何度か読み返す場面が多々あり(^_^;)それでもよく作りこまれた世界観にぐいぐい惹かれました。いったいどうなるのか分からない先の読めない展開にとにかく目が離せない。。ってか、これはBLとして転がっていってくれるのか・・・。全巻そろってから買えばよかったなぁ(>_<)先が気になって仕方ない。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ステノグラフィカ

2013/10/25 20:02

速記者という変わった職業を取り扱った一冊。

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一穂先生は3冊目。ようやくこの作家さんの魅力に気が付いた…と今更ながら実感出来た作品。国会を舞台に政治部記者×速記者。舞台は派手だが、人物それぞれはわりと地味。なのに、降り積もるようにそれぞれが魅力的に映る様になっていく。不思議な文章マジックがありますね。少し古風な受け・碧の気持ちの穏やかな変化が読んでて心地よくて、一風変わった『速記者』というお仕事の興味も相まって、最後まで楽しめました最後の西田視点のお話しで、碧にメロメロな様子には萌えました!地味だけど、もう一度時間を置いて再読したい作品!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

思ってた以上にエロかった。

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

エロ濃くてびっくり・・・(^_^;)黒豹君が余りに強引で前半は全く萌えず。ただ、黒豹視点で黒猫君に対して執着を感じて強引に迫り、黒猫が恥じらいつつも放置された期間を正確に告白する場面にキュウ~って萌えた☆ただ、ちょっと唐突だったから、エチシーンより、心理描写をもう少し丁寧に描いてくれたら良かったんだけどww捨てられる事に怯えて逃げたし、迎えに来た黒豹に段ボールから拾い上げられるシーンは可愛くて切なかったなぁ。大きな図体と小さな黒猫姿のギャップがとってもかわいい作品でした~。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

21 件中 1 件~ 15 件を表示