サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. トキワ・ケイジュさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

トキワ・ケイジュさんのレビュー一覧

投稿者:トキワ・ケイジュ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

黎明の坂 2

2014/01/12 10:41

期待の星、九郎義経の成長と頼朝の登場

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

第一巻では美女常磐を中心として彼女に魅せられた男たちの新しい
国づくりの夢が描かれたのに対し、第二巻では常磐の息子九郎義経を
中心に、彼を崇拝する男たちのさらなる美しく激しい武士の世界が描かれます。
尊敬する老将頼政が亡くなり、棟梁清盛亡きあとの平氏は父たちの夢を
共に追うに値しない ― 軍師的天分をもって表舞台に躍り出た九郎は
非常な人望をあつめ、源氏再興と武士社会の実現に向かって大きな
一歩を踏み出す。そして兄頼朝との結束。
この巻には二つの美しい“デュエット”があります。相手の一人は母似の
美女、そしてもう一人は恩師の仇。その相手をする九郎義経の、女を
酔わせ男に救いの手を差し伸べる姿の何とも粋で高貴なことでしょうか。
ピアニストである作者の方もまた九郎のように志高く魅力的であり、この
ずしりと重い、しかし手にすることに喜びを感じさせる本を音楽のように
送り届けてくれる、粋な女性です。
ぱっと見は地味に思える装丁もじっくりながめてみれば、そこには日本と
いう国の美しい“頂上”と、自然と融和する歴史的建造物が静かに温かく
置かれ、見直すべき日本語の美しさに彩られたこの作品を大きく支える
かのようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

黎明の坂 1

2013/12/08 09:27

武士の時代はこう始まった~楽しく読める、日本歴史文学の新しい方向性を示す労作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

武士の時代を築かんとする源義朝と平清盛、そして彼らを魅了した美しく聡明な女性、常磐。登場人物の相関関係を詳しい系図で示し、歴史的背景を明確にしながら、生き生きとした魅力的な人物像を描き出しています。
使われている単語の格調高さも注目すべきところで、私たちが忘れかけている日本の言葉の美しさ、微妙な味わいをも堪能できます。
作者は関西でご活躍の、大変美しいピアニストの方。音楽家ならではの緻密な物語の構築力は、これが処女作とは思えないほどの本格的な取り組みを感じさせます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示