サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. モニカさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年5月)

モニカさんのレビュー一覧

投稿者:モニカ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

雑談してみたいと思う人は読むべき

10人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本屋で面陳されていたので手にとってみた。
というのも私は普段から他人との話がなかなか続かないことに不満を抱えていたからだ。
相手から「今日は天気悪いねー」と話しかけられても「あっ、そうですね」で終わり、「スマホ変えた?」と話しかけられても「あっ、そうです」で終わる。
そこから何か会話を続けようと相手が頑張ってくれることに心苦しさを感じていたのだ。
正直私の場合はいわゆるコミュ症の部類に入るかもしれないが、会話が途切れて気まずいなどと感じる人は多いのではないだろうか。

この本では話にオチをつける面白いトークや真面目なビジネストークの技術については直接的には書かれていない。
あくまで”あいさつ+α”の雑談力について書かれている。
しかし、その雑談力こそが相手との会話(例えば会議やディベートなどでも)を行う際の下準備として大事なのだ。
いわば野球をする前のグラウンド整備みたいなものである。

雑談力を上げる話し方として、雑談のルール、マナー、テクニックが具体例とともに紹介されるため読んでいてとてもわかりやすい。
加えて雑談が現代社会でとても大切なスキルだということも教えてくれる。
読んでいて共感するところが多く、コミュ症の私でも「誰かと話してみたい」と思えるような本であった。

余談だが私の場合は話す時にまず「あ、」と行ってしまうのを辞めたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示