サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. jupestar61さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

jupestar61さんのレビュー一覧

投稿者:jupestar61

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本永遠の0

2014/01/02 18:19

永遠の0を読み終えて。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ちょうどジブリの『風立ちぬ』も上映された時期で、ちょっとした戦争モノが流行った年でしたね。
横山秀夫著の『出口のない海』も良い本でしたが、負けじと良い本です。当時の零戦がいかに世界を席巻していて、操縦者が優秀で有ったかがよく分かります。
しかしながら、日本の運命とも言える国力差で徐々に情勢は覆され、零戦も研究され、破綻へと向かうべくして向かっていき、狂気の軍国主義が暴走していく事に誰もが抗えなく、国のために特攻していく人達がいたという事実は忘れることが出来ない日本の歴史なんだなという思いを読み終えた後に痛感しました。
戦争を放棄している現代でなかなか共感はしにくいですが、確実に死ぬという選択肢しか状況的に選べない立場に立たされたらどういう気持ちなんだろうかという事を考えさせられ、死ぬという選択肢以外に数多くの選択肢があるのに自殺者が出てしまう今の時代の違和感を感じずにはいれません。
少なくとも国を守るという目的意識を持って死んでいった軍人の方がまだ良いのかもしれませんね…
戦争のない社会は到来したけど、心理的な地域戦争は各地で起こっており、競争社会である以上、人は本質として争うことを辞められないのでしょうか?
それにしても少年期のイジメに関してもそうですが、コミュニティに属さない人に対する排他主義は単一民族である日本人の特性なのか?というのも最近気になる疑問です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示