サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. bookshelfさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

bookshelfさんのレビュー一覧

投稿者:bookshelf

1 件中 1 件~ 1 件を表示

電子書籍似ている英単語使い分けBOOK

2014/01/14 16:55

土台をガッチリ固めたい方に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

説明が丁寧なので、辞書と併用してます。

はしがきに書いてある通り、英語をやりなおすビジネスマンなどは、基本単語を軽視したまま難しい表現や単語に走りがちだと思います。しかし、それでは根本的なところで思わぬ誤解を招くおそれがあります。

たとえば、「明日もここに9時に来てください」と伝えるとき、
Please come here at 9:00 tomorrowと言うと、「明日の9時になった瞬間にここに来てください=9時に出発し、しかも9時にここにいてください」という不自然な意味になります。なぜなら、go/comeは、動作の開始を表す語だからです。
この場合、Please be here at 9:00 tomorrowが正しいそうです。
単純に「come=来る」と覚えてると失敗しますね。

類義語収録数は、日本語タイトル数90個、英単語数337個と他の本に比べて少ないですが、重要語は4頁にわたり解説するなど、厳選されているのが特徴です。また、イラストがあるのでわかりやすいです。

本書と同じくらいの大きさの使い分け辞典も売られてますが、ページが開きにくかったり、字が小さかったり、説明が不十分だったり、例文が難しかったりします。

2001年初版のままですが、基本単語は意味が大きく変わることはないので、私は大丈夫だと思ってます。

ただし、各ページの最初に出てくる例題の答えがはっきり書かれていないので、☆を-1しました。先を読み進めていけばどれが正解だったかわかるんですが。。

なお、本書に載ってるのは動詞・形容詞・名詞のみなので、副詞に関しては同じ著者の「似ている英単語 形容詞・副詞使い分けbook」をお薦めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示