サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. がーりっくさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

がーりっくさんのレビュー一覧

投稿者:がーりっく

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本動物農場 新訳版

2017/04/23 11:41

スターリン・ソ連のパロディ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

舞台はイギリスのとある農場。
ブタさんたちが中心になって農場主ジョーンズ氏を追い出し、動物の平等を謳う「動物主義」の理念のもと、動物たち自身が農場を経営をし始める。それはブタさんたち支配者による権力闘争、粛清、他農場との抗争の始まりであった。
訳者あとがきによれば、本書はスターリン率いる1945年頃のソ連のパロディとして書かれたようです。勇気あるなあ苦笑。しかし、本書が描く動物たち(支配者層のブタさんだけでなく被支配者層の馬や羊やニワトリたち)の言動は、中国、北朝鮮をはじめとする他の社会主義国家・独裁国家のみならず、日本を含む自由主義国家、ひいては企業からサークル、グループまで、人が集まり権力・権威が生まれるどの集団にも、どこか通じるものがあるように思えます。
本書は解決策なんて別に示してくれやしませんけれど。
本書に収載された「報道の自由」と題する「序文案」も興味深い。社会主義・ソ連への批判を黙殺・封印しようとする1945年当時のイギリスジャーナリズムの風潮に対する批判もまた、現代の日本に通じるように思えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍絶対に負けない交渉術

2014/05/13 03:07

絶対にとか言っている時点で

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

絶対にとか言っている時点で胡散臭い
詐欺師がよく使うセリフが「絶対に」w

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示