サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. まなぽんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

まなぽんさんのレビュー一覧

投稿者:まなぽん

7 件中 1 件~ 7 件を表示

共済組合の年金を知るための基本書

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

◇関根先生の文章には、ムダがない。文学でいうと、志賀直哉のような文章である。
◇共済組合の決定・支給する老齢厚生年金はもとより、新3階部分である退職等年金給付の記述も詳細を極める。旧3階部分の経過的職域加算額の記述も、必要にして十分の情報がある。
◇共済組合の年金を知るための基本書であり、この1冊で老齢厚生年金もマスターできる。
◇一元化を踏まえ、前年度版に大幅に加筆されているので、27年度版を購入している方も、28年度版の購入をおすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

受給資格期間短縮・一元化後では欠かせない本です!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

□受給資格期間の10年短縮が、平成29年8月1日に施行されます。直接、条文に当たって調べるというときには、この六法が必須です。
□被用者年金一元化後の新3階部分の退職等年金給付の条文を読むためには、経過措置が複雑なので、この本しかありません。
□また、被用者年金一元化後の運用指針が掲載されているのも、購入をおすすめする理由です。実務で、大いに参考となります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

共済組合の年金に関する定本です!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

□著者が関根先生から工藤先生に変わりましたが、内容の重厚さ・情報の正確さは、この本の右に出る本はありません。
□最初のページから読むという勉強法もありますが、実務で判断に困ったときに、該当するページに当たるという利用方法もいいと思います。
□根拠条文が示されていますので、この根拠条文は、このように解釈するのか、という読み方も可能です。
□まずは、手元に1冊置いておくことをおすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

被用者年金制度一元化の勉強に必携の書!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

■国家公務員共済組合法、地方公務員等共済組合法、私立学校教職員共済法などが掲載されている法律書である。
■おもしろいかと言われれば、おもしろくはない。しかし、平成27年10月に施行される被用者年金制度一元化を勉強するものにとって、欠かすことのできない必携の書である。
■退職等年金給付、いわゆる年金払い退職給付についての条文も、掲載されているので、共済年金の新3階部分を勉強するものにとっても、必須の法律書である。旧3階部分である職域年金相当部分の経過措置の条文も、もちろん掲載されている。
■値段は6,800円(税別)と高いように思うかもしれないが、一元化のセミナーに参加すると、1万円を超える価格が設定されている。それを考えれば、安い。この本が、6,800円の価格で読めるということに、決して、高すぎないという印象を感ずることのできる人は、インテリの仕事がいかにたいへんかを知っている人だと思う。
■重いので、hontoで、インターネット購入がお勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

年金相談にも使える、国家公務員の共済年金本!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

■共済年金について、詳しい本がほとんどない中で、国家公務員共済組合の重鎮である関根繁雄氏の執筆による、日本で唯一と言っていいほどの共済年金本である。
■値段が安い。1,019円である。水で薄めたような内容に、厚生労働省の発表した資料を添えて、2,000円台の定価をつけている本も散見されるが、この本は違う。
■ガイドブックというタイトルがつけられているが、内容は、本格的で、充実している。共済年金の年金相談には欠かせない本である。
■地方公務員共済年金や私学共済年金にもついても、国家公務員共済年金との違いの観点から叙述している。3つの共済年金をいっしょくたにしている、他の年金本と大きな違いである。
■平成26年4月より、マクロ経済スライドが発動されたことを記している。年金の計算式も詳細を極める。
■被用者年金制度一元化を前に、手元においておきたい一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

雑誌年金相談 第6号

2014/04/27 14:53

共済年金の情報が詳しい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

■公務員の再任用制度と加入する年金の関係、例えば、フルタイムの再任用だと、共済年金に加入するが、雇用保険にも加入しなければならないなど、いままで、一般の社会保険労務士が知らなかった情報が掲載されている。■被用者年金の一元化の情報など、この時期としては、早い情報も掲載されている。一元化で、共済組合は、どうなるのか、共済の手続きは年金事務所で行わなければならないのかなど、一読すると、疑問点は氷解する。■出色の記事。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一元化後の事例が豊富!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

■加給年金額の加算開始や支給停止のタイミングについて、いくつかの事例が掲載してあるので、実務での年金相談のときに参考になる。
■共済年金と厚生年金を受給できる人の在職年金の激変緩和措置について、いろいろな事例が取り上げられているので、これらをマスターすれば、他の事例についても応用が利くのではないかと思われる。
■一元化後の事例について、基本的な条文が掲載してあるので、わざわざ六法を紐解かなくても、その場で、条文を確認することができる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示