サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ぼてねこさんのレビュー一覧

ぼてねこさんのレビュー一覧

投稿者:ぼてねこ

11 件中 1 件~ 11 件を表示

あと1~2巻で完結らしい

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

怪我で入院した五浦が栞子の母と話すシーンから始まる。
きっかけは太宰の「晩年」を奪うために栞子を傷つけた田中からの依頼。
太宰治の希少本がキーになり、栞子と五浦は栞子の祖父が扱った案件の足跡をたどる。
太宰の本への執着が様々な事件を起こし人々を不幸にしていた。
長年の誤解が解けたり、更に強い執着を示す存在が現れたり、挙句は田中も巻き込んだ対決に発展。
ただ、五浦と栞子の関係はかなり進んだのが救いかな?
人間関係も複雑化したがある所に収斂しそう。
あと1~2巻で完結、グイン・サーガの様に終わりが見えない恐怖はない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

COMIC版はこれで完結

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

COMIC版はこれで完結。
小説版の2巻まで。
よく書かれているんだけど、小説版の内容をコミックでやるのはちょっと無理というかページ数の問題があったようだし、モノクロなのもね。
小説からアニメ化されたあとのコミックなのでちょっと不利だったかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

OJT長い

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

国鉄が分割民営化されずに残っているという架空の世界で、国鉄のOJT(インターンですね)で鉄道公安室に配属された高校生たちの活躍を描くシリーズ。今回は上越線トンネルがメイン舞台。出演者に大きく偏りがあったり、安中榛名の件はどうなったんだろうって疑問も残るけど、OJTとしては異例の延長はまだまだ続くようです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本いい加減な夜食 1

2015/05/06 01:06

主人公も普通じゃなかった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

若き財閥総裁の屋敷でバイト、作った夜食が気に入られ専属の夜食係になる。就職が決まっても潰され、能力を見込まれて専属秘書になる。
その能力は普通の大学生レベルじゃない秘密があったのだが。
話としては金と権力を持つ男に魅入られた女性が、パワハラ・ストーカーもどきで縛られてしまうという悲惨な話とも取れるけど、『居酒屋ぼったくり』作者のちょっと抑えたような表現で素直に楽しめる作品に仕上がっていると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ノベライズ

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

上映中の映画のノベライズ。
著者はレイルウォーズの作者。
イスカンダルから地球に戻るヤマトに襲いかかるガトランティスの戦艦達。
攻撃を辛くもワープで逃げ出したヤマトは、不思議な惑星に囚われ、そこにあった戦艦大和で同じく囚われていたガミラス人達と会う。
そして彼らと協力してガトランティスと戦うことになるのだが。
白色彗星帝国本体はまだ出てこないのだね。
なんとなくガトランティス人はクリンゴン人の劣化コピーっぽい気がする。
他にもあの機雷は「星界の紋章」の人類統合体の武器に似ているとか思うのだけど、ま、楽しければ良し。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

この先は小説で

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

角川版のコミックとしてはここで完結。
ちょうど母親が登場したあたり。
二人の仲もちょうどいい感じで先に続いていく、、、、
この先を知りたかったら小説版を読んでねってことですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一気に読んでしまいました

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一気に読んでしまいましたので、書評は第一巻のを見て下さいね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一気に読んでしまいました

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一気に読んでしまいましたので、書評は第一巻のを見て下さいね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一気に読んでしまいました

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一気に読んでしまいましたので、書評は第一巻のを見て下さいね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

009完結

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

石ノ森章太郎さんの遺志を継ぎ、009シリーズが完結した。
「神々との戦い」、不可思議な事件が起こり、自らを「神」と称する時には異形な者達が現れる。
戦いに傷つくサイボーグたちは、改造手術と001の力でさらにパワーアップするが、人と離れていく自分達に悩みもする。
満を持し「神々」と戦うが次々に倒れていく。
最後の戦いに望む009と003。
「神々」が何かということは、物語中で明らかにされるが、展開が急テンポでわかりづらい面もある。
やっぱ小説版も読むべき。
エンディングはありがちだけど、あれで良いと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本いい加減な夜食 3

2015/05/06 01:03

親子バトル触発?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1巻で独裁者から逃げまわっていた夜食係は、3巻では完全に「いちゃこら」シリーズに変化していた。
自分の息子に妻を取られかねない原島財閥総裁は、妻を職場に復帰させるために自社の社員食堂を潰してしまった。
この巻で出てくる「いい加減な夜食」は次に繋がる物語の初め。
まぁ、イチャコラはどうでもいいので、「居酒屋ぼったくり」の続編を書いて欲しいと思うのは私だけでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

11 件中 1 件~ 11 件を表示