サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ysysさんのレビュー一覧

ysysさんのレビュー一覧

投稿者:ysys

電子書籍ぼくたちの女災社会

2014/05/27 03:55

男性のみにかかっている社会問題を採り上げた貴重な書籍

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書で言うところの「女災」(じょさい)というのは、

「女」によって男性にのみ降りかかる災い、つまり各種人権侵害や差別のことを指していると思われる。

前半にその「女災」を採り上げ解説し、後半以降は筆者なりの社会分析が続く。本書は、いわゆる「オタク」「2ch」「アニメ」「ゲーム」関係の用語や表現も用いて書かれてある部分もあるため、その手の分野の知識がない場合読むのに戸惑う可能性もあるかもしれない。


社会分析に重きが置かれている構成で、「『女災』をなくすにはどうしたらいいのか?」という提案が非常に少なかったのが残念なところ。
例えば
「この本を新品又は電子書籍データで買う」、「行政・企業などに男性問題に関連した意見を送る」など、個人でもできる社会的な活動はあるだろう。
個人個人の人間関係でも、例えば「男女関係を築く際、男性のみにかかっている問題・辛いことをよく理解できる女性と男女関係を築いていく」など。
そのほか、
「将来生まれて育っていく息子・娘やほかの子どもたちを、本書で散々出てきた『フェミニスト』になってしまわないよう恋人・夫婦の間では対等な関係を築いていく」など 個人でもできることはあるはず。

できればそういう「女災をなくすための方法」も盛り込んでほしかった。


私は男性として読んでいて悲惨な気分になった。このような男女問題では女性問題に偏っている社会であるから。私自身何度も尻を触られるなどの「セクハラ」を受けてきたが充分に声を挙げることができなかった。セクハラは女性が被害者という先入観のようなものを感じるから。

だが、本書の言うところの「女災」をなくすために個人でもできることがあるはず。それを個人個人少しずつしていくしかないだろうと考え実行していくほかない。

どうやら紙の書籍のほうは新品が無いようである。是非とも復刊されてほしいものだ。

男女問題の書籍はあまりにも「女性」に偏ったものが多い。男女問題は男性にも女性にも偏ると社会的にも良くない。この書籍のような男性にかかっている問題を提起しその解消を求めるような書籍が多く出版されてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する