サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. saku0077さんのレビュー一覧

saku0077さんのレビュー一覧

投稿者:saku0077

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本世にも奇妙な人体実験の歴史

2014/05/31 13:04

面白かった。が、果たして正確なのか?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あらすじは省略。興味深い内容とこなれた訳で、大変楽しく読めたのだが、この本で興味を持ち、ハンターやスノー、ペッテンコーフェルの伝記も読んでみて印象が変わった。特にペッテンコーフェルについては、本書と伝記とで、受けるイメージが全く違う。一時期役者を目指したことや(おそらく老年性鬱により)自殺したこと、その他もろもろの取り上げ方には、ペッテンコーフェルを笑い物にせんとするノートンの強い悪意を感じる。ハンターだってほとんどマッドサイエンティスト扱い。華岡清洲は妻を実験台にしただけの男。否定的なことはあまり書かない伝記と本書のどちらが正しいのかはわからないが、面白可笑しく書くために、本書のほうが、正確さを随分犠牲にしているのではないかと思わざるをえない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示