サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. アトレーユさんのレビュー一覧

アトレーユさんのレビュー一覧

投稿者:アトレーユ

84 件中 1 件~ 15 件を表示

北欧ライフスタイル関連

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

実際に作らなくてもいいの。眺めているだけで素敵な時間を過ごせる。こうゆう、北欧・東欧のものって、見ていて飽きない。ついつい見かけるたびに買ってしまうけど、見るとやっぱり心がウキウキする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

北欧ライフスタイル関連

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

眺めているだけで素敵な時間を過ごせる。こうゆう、北欧・東欧のものって、見ていて飽きない。ついつい見かけるたびに買ってしまうけど、見るとやっぱり心がウキウキする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

北欧ライフスタイル関連

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

眺めているだけで素敵な時間を過ごせる。こうゆう、北欧・東欧のものって、見ていて飽きない。ついつい見かけるたびに買ってしまうけど、見るとやっぱり心がウキウキする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

こちらは日本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

眺めているだけで素敵な時間を過ごせる。見ていて飽きない。ついつい見かけるたびに買ってしまうけど、見るとやっぱり心がウキウキする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

北欧ライフスタイル関連

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

眺めているだけで素敵な時間を過ごせる。こうゆう、北欧・東欧のものって、見ていて飽きない。ついつい見かけるたびに買ってしまうけど、見るとやっぱり心がウキウキする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

北欧ライフスタイル関連

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

実際に作らなくてもいいの。眺めているだけで素敵な時間を過ごせる。こうゆう、北欧・東欧のものって、見ていて飽きない。ついつい見かけるたびに買ってしまうけど、見るとやっぱり心がウキウキする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

北欧ライフスタイル関連

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

実際に作らなくてもいいの。眺めているだけで素敵な時間を過ごせる。こうゆう、北欧・東欧のものって、見ていて飽きない。ついつい見かけるたびに買ってしまうけど、見るとやっぱり心がウキウキする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本怒りの葡萄 下

2015/12/17 14:15

悲痛な現実

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ムラ社会の善き慣習(相互扶助など)とそこに押し寄せる資本主義の波。強いものは弱いものから奪い、弱いものは更に弱いものをたたく。そんな中でも弱者の『先に進んでいかなきゃならないんだよ。食べていかなきゃなんだからね』『あたしたち(家族)は離れちゃいけないんだよ』というジョードのおかみさんの言葉がささる。途中でその『先に進んでいく』ことから逃亡・脱落して物語から消えていく人達。当時、どれだけの人がそのように行方知れずになったのだろう…と思うと、逆にその結末を書かないでいることがリアリティをだしている気もした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本兵士シュヴェイクの冒険 4

2015/06/06 21:33

シュヴェイクのアホッぷりに乾杯♪

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

もぅ大好き!! このおたんちんが!!と怒鳴りたくなる上官の気持ち、わかります(笑) が、それでもシュヴェイクはまさに愚鈍な馬鹿モノでまっすぐ。このおバカちゃん加減がたまらなく好き。権力と軍隊の力に翻弄され、敗北と屈辱を味わってきた歴史をもつチェコという国から、(かっこ良くいえば)何者にも屈せず己の道を信じていく主人公が生まれた処が興味深い。いや、こいつがバカなだけか(笑) ある意味、理想主義の権化なのに、全くそう思えない馬鹿さ加減に大絶賛!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本新編風の又三郎 改版

2015/06/04 08:47

独特の世界観

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

宮沢賢治はどれも好きだが「やまなし」か「よだかの星」か。クラムボンはかぷかぷ笑ったよ…クラムボンってなに?かぷかぷってどんな感じ? 独特の擬音は理屈で考えちゃいけないのだ。かぷかぷといったら、かぷかぷなのだ。黙読と音読でまた印象が異なるのもまた特徴。その一方で、どの作品でも舞台の背後には深遠たる自然の静けさを感じる。又三郎のようににぎやかな作品でも静謐さを感じるのはなぜだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

語りの文学の力強さ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最後は胸がじんわり熱くなる感覚を久々に受けた、素敵な作品。

『百年の孤独』と比較されるのはしかたがない。あれだけの傑作のあとでは、設定が似通っていれば、類似品扱いになってしまうのだ。
個人的には「百年の孤独プラス嵐が丘みたいかな」とは思ったが。
誉め言葉です(念のため・笑)
どちらも大好きな作品なのだ。

文章から受けるのは『百年の孤独』は硬質で『精霊たちの家』はやわらかいタッチ。

お話の内容は、非現実的な出来事に取り囲まれながら描かれる、一族の栄枯盛衰。
“語り”の力に改めてひきこまれる。
無機質な書き方をされると「単なる作り話」になるのに、語りの形式で書かれるとなぜかすんなり入り込める。
これが文章の力なんだろう。

日本の昔話でも同じで
たとえばかぐや姫。
科学的・理屈っぽく考えれば
竹を割ったら女の子が出てきた…
って、どうやったら竹の中で受精するんだよ? 胎児の栄養補給はどうなっていたのか?
五人の貴公子が来たときも、会話が成り立つってことは、かぐや姫とその一家はバイリンガルなのか?何語で会話してたんだ?

みたいに、突っ込みどころ満載すぎる(笑)
だが語りとなると、聞いてる(読んでる)方は、なぜかそんな疑問は抱かず、そのまま受け入れる。
日本語なら『むかぁ~し、昔、あるところに…』って言われると、脳内で、語り受け入れスイッチがonになるのかなぁ、と思っているが。

海外文学でも同じで、こうゆう語りの形式のものを読むと、小説の深さ、語りの形式が作り出す“物を語る力”を改めて大きく感じさせてくれる。

やっぱり語りの文学、大好きだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アウステルリッツ 改訳

2014/08/05 11:58

独特の世界が素晴らしい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ストーリーそれ自体に、それほど重きをおいていないような「なんてことのない日常のちょっとした話」のような口調だが、ものすごく引き込まれる。
感情移入し、物語に入り込んでしまう、その一歩手前で出てくる「…とアウステルリッツは語った」の一行。
たった一行が、瞬時に現実に引き戻す。このタイミングが絶妙すぎて癖になり、逆にのめり込む。
「イキそうでイケなかった」みたいな(笑)
今更ながらこんな読書感覚が味わえるとは。

ぎっしりと改行なしで文字がつまっているので、見た目で敬遠するかも?
この手法がまた、密度の濃さを出していて、感情移入と現実世界のあいだをたゆたう揺らぎをアップさせていて良いのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本千年の愉楽

2014/08/02 22:05

日本のマルケス

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本人ならこいつだ!!と久々に思えた傑作。
この濃さがたまらなくよい。
『カラマーゾフ~』一族の濃さも最高lvだが負けてない。
路地という閉鎖空間ももちろんこの濃度をあげているが。
人物は粗野なのに文体は精選、
内容は血なまぐさいのに視点は常に冷徹。
この対比が、切り詰めた空気を作っている。
部落地区の話ではあるのだが
(外界との交わりから)相対的に差別が描かれる、のではないので、被差別がテーマではない。
外界との比較なしでここまで濃い地縁を描いているのがまたすごい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

北欧ライフスタイル関連

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

眺めているだけで素敵な時間を過ごせる。こうゆう、北欧・東欧のものって、見ていて飽きない。ついつい見かけるたびに買ってしまうけど、見るとやっぱり心がウキウキする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

北欧ライフスタイル関連

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

実際に作らなくてもいいの。眺めているだけで素敵な時間を過ごせる。こうゆう、北欧・東欧のものって、見ていて飽きない。ついつい見かけるたびに買ってしまうけど、見るとやっぱり心がウキウキする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

84 件中 1 件~ 15 件を表示