サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Appleさんのレビュー一覧

Appleさんのレビュー一覧

投稿者:Apple

41 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本王宮呪い師の最悪な求婚

2015/02/23 00:56

確かに可愛いと言いたくなる。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

宮野氏の描くヒロインとヒーローは、ちょっと偏った面倒くさい配線思考のキャラクターが多いように思うのですが、今回は珍しく素直でさほど癖も無い性格のキャラクターばかりで、サクサク読めました。
今まで読んできた作品の中では1番好きです笑

ヒロインの妹へ綴る健気なお姉ちゃんの手紙のエピソードは涙キラリです。シンプルでストレートなストーリー故に、スッと胸にきますね。

これからもトンチンカンに言い合いながら、仲良く過ごして欲しいと思わずにはいられない微笑ましいカップルでした。
ヒロイン、ツンツンしてるくせに甘えたで可愛いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

少女の小玉が可愛い!!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いかにして関小玉という人物が形成されたか、
そのはじめのストーリー。

初恋というには儚過ぎる前編、
日常の小玉が犬っころな描写だけに際立っていい。
賢恭も慣れない従卒を相手に、
戸惑いながらも可愛かっただろうなぁと。
褒美の代わりに櫛をプレゼントなんてとてもロマンチックなのに!
美男子宦官と目をかけている少女従卒。
設定としては美味しくてしっとり甘く切ないロマンスになるはずが、
そうは描かないところに幸村作品の真骨頂をみる(褒めてます)

普通の女の子。。。とは行動的にいえないが、
胸の大きさや結婚について考えているあたり
ちゃんと女の子としての心は育っているにもかかわらず、
どこか配線がおかしい犬っころ笑
一見モブっぽい同僚の光がまさかのオチというのもいい。
全体的にユニークな仕上がりでストレスなく読める。

若い頃に戦場を経験し、痛く苦しい経験を重ねながら
物を極力持たないシンプルな生き方の小玉が、
35歳になっても大切にしている思い出箱に
櫛と小銭袋が入っているのがホロリとくる。

次巻は清喜の兄が登場かな?楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

無事に完結

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

怒涛の最終巻。
収まるべきところに収まった。
眉間にシワがよるような暗く赤い緊迫した世界で
アガルの乙女発言が清涼剤。
神魔、その存在はまさにこの作品世界の未来だな。

それまでがかなり重要な立ち位置にいた
リウの影がすっかり薄くなってしまっていたり、
若干力業で話が進んだ感もあるが、
よくこのページ数でこれだけ詰められたなという内容。

残酷な世界観はF、神々と人との関係は花神を彷彿とさせながら、過去の作品をより洗練した作品になっていると思う。

もうしばらくこの世界を楽しめることができるのが嬉しい。クッキーを食べながら、もみゅんとこぼれ話を待ちたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

良かった!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1作目から面白かったけど、
2作目にして更に面白くなった。
もう最後の締め方が堪らなくロマンチックだ。
心の中でキャーッと叫んだ!
そしてなんとも切ない!!

糸森作品はちょっと捻くれた思考と痛々しいセリフが
独特の表現で描かれることが多かったが、
この作品は過去作品からみて、
見事に洗礼されてきていると思う。
肩の力が抜けてより糸森ワールドが魅力全開になっている。
人の想いは全て魔法。
信じる強さが魔法として活きる。
そんな続きを更に期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ジルヴィーノ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

若くてずる賢く頼もしくてそして人好きのする、見た目も性格もイケメンジルヴィーノ隊長、かっこいいですね。イケメンというより男前です。地に足がついた不動の男前。それでも自分の至らなさや若さをちゃんと客観視しているところもいい男の条件です。所謂お目付役の爺(青豆信奉者)がまたそこに花を添えてます。せっかく魅力的なキャラクターが多いのですからもっと傭兵団の活躍を読んでみたいですね。

このシリーズは策略もひとりひとりの登場人物の発言も行動も説得力があって、でもちゃんと女性向きの甘さもあってバランスが良くて読んでいて清々しいです。
セリフ回しなどはまぁ少女向け小説なのでお手柔らかにといったところですが、視点を変えるとヒーロー(ヒロイン)や悪役に変わるという、絶妙な人間の機微を少女向き小説で上手に描かれる作者のファンになりました。もう少し続いて欲しいと願わずにはいられません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白かった導入編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

それぞれのキャラクター像がはっきりしているし、主人公のディディも可愛くて元気で賢いし、読んでいて清々しい。暗い過去の片鱗を匂わせつつ、生きる事に貪欲な人物達が前向きでいい。できるだけ早めの続きを読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

シーツから登場

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

たっちゃんのシーンは良かったですね。
漫画ならではの表現でした。
話も終盤に走りだし、今後の展開が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍最後の王妃

2016/01/24 20:08

誠意

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

敵に追われて心神喪失になった主人公が逃げるシーンで、自分だけが不幸ではないのだと侍女に叱られる場面がある。死にたいという主人公に対して苦労の連続だった侍女からすると甘えるなという部分があるのも分かる。主人公にも責めるべきところがあるのだと。箱入り娘、世間を知らないと言われて主人公はショックを受ける。
確かに物言い1つ違っても印象は変わるし、相性もある。彼女は自分の役割を果たそうと精いっぱい頑張っていたが、それを夫に伝える術を与えられなかった。
聞く耳を持たないといけない夫は始めから彼女には近寄らず会話すらする機会を持たなかったのだから。
このシーンでこのセリフはちょっと酷だなと思った。
夫は愛人が居ても人として誠意を見せるべきだったし、愛人に安らぎを求める前に妻に向き合って自分の気持ちを話し合うべきだった。
投げかけるのはお前などいらんという言葉だけ。
始めから彼女という存在を見ようともしなかった。
夫は落とし前をつけず逃げて逃げて最後まで死に逃げなんて1番ズルい方法だ。
まずは夫の弱さが責められるべきであって、主人公の落ち度では無いのだから箱入り娘と片付けられるのは可哀想過ぎた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍流血王の初恋(イラスト簡略版)

2014/08/18 12:56

疲れた脳と心の清涼剤作品

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

宇津田さんの作品に出てくるヒロインは、
頑張り屋で、何事も努力することを厭わず、
逞しいのにウブで可愛いという女の子が多い。
応援したくなるし、読んでる側も、
日々を頑張ろうと元気をもらえます。

今回もそれに違わず、
ひどい境遇も環境のせいにして嘆くのではなく、
改善していく姿がとても素敵です。
でも何処かでいつか幸せは奪われるという
諦めグセがついていて、
その姿がせつないんですね。

でも嫁としてヒーローの国へ行くことで、
負のしがらみと、
幸せは奪われるという思い込みを
断ち切ることが出来ます。
その肯定が微笑ましくて
優しくてほっこりします。

仕事に疲れて何にも考えたく無い時、
この作品を読むと癒されます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

似た者同士。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

火崎作品は一人称が多いですが、今回はエンディングでヒーロー視点も描かれていて良かったです。
ちょっと強引で身勝手な男性が多い中で、反省出来るヒーローは今までの作品群の中で一番良いのではと思いました。
知恵は回るけど勝気で世間知らずのヒロインと、嫉妬のせいで見境のなくなるヒーロー。
どちらも思い込みの強さでは似た者同士です。
受け身っ放しのつまらない女の子では無くて、些か無謀ですが自分で開拓していこうとするヒロインには好感が持てました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍鉄皇帝の結婚(イラスト簡略版)

2015/03/23 00:11

天真爛漫

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なヒロインと、感情を表すのが下手くそな真面目なヒーロー。
今回の作品も明るく元気でストレスのない後読感で良かったです。
のんびりゆったり大らかな神の島で育ったヒロインは心優しくて素直。
そんなヒロインに初めは戸惑うヒーローも、直ぐに彼女を好きになっていく過程が無理なく自然でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍元帥閣下の略奪婚

2014/08/16 21:27

デデンデンデデン

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

深刻なシーンもこの言葉のせいで、
シュワちゃんの顔が脳裏を横切りまくり。
ある一定の年齢層の方ならそうなるのでは…(笑)
ヒロインの悲惨な境遇には涙しますが、
全体的にユーモアな雰囲気で、
気軽に読めて楽しかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍花嫁の記憶と花婿の想い

2016/03/21 21:14

変態的(押さえ気味)ヒーローは健在

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ソーニャ文庫などでは執着心満載の変態なヒーロー(面白い)が特長の秋野作品ですが、ジャンルの違うビーズログ文庫でもその片鱗を持つヒーローは登場します。
しかし全くエロに頼らずとも楽しいストーリーを描く実力をお持ちだというのがよくわかりました。
むしろエロがないこの作品が1番好きです。これからも秋野ファンタジーを読んでみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【全1-7セット】かくりよの宿飯

2016/05/25 00:12

何かに似てるなぁ〜と思ったら

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ジュリエット・ビノシュとジョニー・デップ主演の2000年の映画「ショコラ」だ。
ちょっと態度は偉そうだけど、周囲をよく観察して余計な事は言わず、ご自慢のお料理を振舞ってあやかし達の懐に入り込んで隠世界を変えて行く主人公葵は、まんまショコラティエのジュリエット・ビノシュだし、天神屋の大旦那がジョニー・デップといったところか。当ててごらんとばかりに「本当に好きなもの」を主人公に教えないところもそっくり。
そこに今市子の百鬼夜行抄が足されたかのような世界。葵の祖父は蝸牛と開を混ぜたような感じだな。
目新しい設定ではないけれど、世界がしっかり作られており、それぞれのキャラクターも憎めない愛らしさがあって読み応えがある。
お料理は…クックパッドをググれば直ぐ出てきそうな、至って普通のアレンジ系家庭料理。
それもこの世界には合ってるように思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

嘘と肉饂飩

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

強烈に肉饂飩を食べたくなる作品です。
ヒーローの王様は誰も信じられない孤独な環境で育った男性。
ヒロインは辛いことも受け止めて、明るく前向きに生きていく健気な市井の娘。
見た目は可愛い子美人だし、弟思いでしっかり者だけど、なんでもすぐ同情しちゃうお人好し。
こんな可愛くて頼り甲斐のあるヒロインがいたら、孤独で寂しい王様なんてイチコロです。
疑心暗鬼にかられている人ほど騙され易いというけれど、肉饂飩を食べ合っている時の王様はまさにそれでした。
ヒロインではないけれど可愛い男性です。

替え玉として後宮に上がったヒロインは王様にすぐバレて、密偵として命を受けます。ことが収まれば殺されるとも知らず。
王様も敵に囲まれて育った人なので、ヒロインの事も初めは犬扱いですが、そのうちヒロインの天真爛漫さにほだされていきます。
ストーリーの初めから最後まで嘘で塗り固められて大団円なのですが
(その辺りはストーリーの要なので読んで楽しむべし)、
嘘から生まれた真は、ヒーローとヒロインの想い合う心でしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

41 件中 1 件~ 15 件を表示