サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. nekoさんのレビュー一覧

nekoさんのレビュー一覧

投稿者:neko

10 件中 1 件~ 10 件を表示

おなかが減る

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

同じ県内が舞台で関西弁のリズム、この作者にしては薄い本ということで、あっという間に読んでしまいました。
主人公は、諸事情で東京から肉親の住む地元に戻ってくるのですが、家に置いてもらえず、コンビニ前でボコボコにされているところを助けられて。本編に入っていきます。
ご飯や調理、食事のシーンが多い作者のため、読んでいると、おなかが減ります。
特に、だし巻き卵は母から小学生で教えてもらった時のことが思い出されました。
料理って、作る方も食べる方も嬉しいとか楽しいとか、記憶に残ることの多いものだと思います。この作品で、そんな記憶が甦ってしまいました。
続編も決まっているようなので、今からワクワクしてしまいます。
こんな定食屋さん、食べに行きたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

今回も青春だ!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アニメも終わってしまい、雑誌は購読していないので、コミックスが出るまでが待ち遠しかったです。
いよいよ春高ベレーの代表決定戦の始まりです。
対戦相手は、どこも曲者揃い!
影山や日向のレギュラー以外も登場して、ますます面白くなってきました。
及川・岩泉の青城や白鳥沢の牛島、伊達工の青根と日向が出会う場面が好きですねぇ。
次巻に続く絶妙な終わり方、14巻の発刊が遠いと感じます。
私の中で、こんな漫画は本当に久しぶりです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

シリーズ4作目

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

夜中にだけ開く食堂「ばんめし屋」。
ここでは、人も、人であったものも、心に美味しい食事をして、過去と向き合っていきます。
今回は、海里の兄の友人で刑事になった涼彦を絡めたお話です。
高校3年生で仲たがいしたまま現在に至る一憲と涼彦。
そこに、またも海里が見てしまった涼彦に絡むマフラーの存在が現在と過去を結びます。
ぎくしゃくしていた兄弟関係も、この話で少しずつ前進です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

春高予選、続行中

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

13巻から引き続き、和久谷南戦。
主将が怪我をするという一大事に、交代として投入された2年生の縁下。
主将との力の差を感じながら、過去を振り返り、徐々にチームに溶け込んでいく。
一人レギュラーでない年生の山口は、ピンチサーバーとして、自分の武器であるジャンプフローターサーブでの勝負に迷う。
主将が抜けたことでのレシーブ力が低下した烏野は第2セットを失う。
ファイナルセット、縁下も主将の代わりではなく、自分として戦い方を模索し、実践する。
1年生の日向は、和久谷南3年生の中島との小さな巨人空中戦を、東京遠征で身に着けた技で戦っていく。
そして、伊達工対青葉城西の準々決勝が始まる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本神様の御用人 3

2014/12/05 11:42

八百万

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「神様の御用人」3巻目です。
今回も主人公は神様からの御用を賜わって、御用人として頑張っています。
神衣の神様とか日本人の原点である稲作とか、毎回知らなかった神様に出会えます。
主人公が頑張ることによって周りの人たちも変わっていく、そういう物語です。
今から4巻目も楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

夏休み

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

運動部で部活をしたことが無いのですが、烏野の皆は「楽しそうだなぁ」、「部活、好きなんだなぁ」ってひしひしと感じました。
3年生は、引退した女子の道宮さんとのやり取りで、先のことを考えたりしていましたが、そのあとの意外なお休みの使い方…。大地さんは大地さんだった!何でもレシーブしようとするのは止めましょう!
で、せっかくの部活のお休みも最後は「そうねぇ」っていう感じだったし。
読後の感想は「高校生、楽しそう」っていう感じですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本カブキブ! 3

2014/09/12 20:13

身近に感じます。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1巻・2巻に引き続き、3冊目も期待を裏切らない楽しさでした。
前巻に引き続き、高校生が色々と考えながら伝統芸能の「歌舞伎」を「カブキ」として、楽しみながら作っていく。
こんな公演が実際にあったら、見に行きたいです。
歌舞伎は敷居が高いとか、わかりにくいとか思われがちですが、この作品を読むと、先ずは衣装など雰囲気を楽しむところから入っていけると思います。
次巻も期待したいと作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

楽しかった

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

何の気なしに買った1冊が、面白く読めました。
ネットなどの専門用語は辛いけど、そこは注釈を読みつつ、分かった気分で進めてみました。
SEって、家に帰れないとか納入期限間近は会社で泊まり込みなんていう想像をしていたのに、神谷は定時にサッサと退社しちゃいます。
こんな主人公でぼよ~んとした印象で始まった物語は、おぉっていう感じに進んでいきます。夏木先輩(?)とのやり取りも話が進むにつれてしっくりくるようになって、短編3編で中々読ませるなぁっと思っちゃいました。
いろいろな伏線もあって気になるので、次巻も早めに読むつもりです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本妖怪極楽

2014/11/01 15:09

“ナニー”に近い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

昔読んだ“パートタイム・ナニー”に近いものが感じられます。
金星特急とはテイストが違いますね。
私はこちらの方が好きかも?
ただ単にドタバタが読みたい気分だったところにピッタリ嵌った感じかもしれないですが。
狭い世界の島から抜け出したいと思った主人公は、顔も見たことのない祖父の兄からの日本語の先生という誘いで東京へ脱出します。
新しい世界へ飛び出していく花ちゃん、その先に待ち受けるものは・・・。
癖のある生徒たちや歌舞伎町という場所柄、ちりばめられた(笑い、一気に読んでしまいました。
終わり方が続きそうな感じなので、出来れば、続編を希望します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黄泉坂案内人 1

2014/11/01 15:13

う~ん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ちょっと終わり方に納得がいかない。
どう受け取るかは人それぞれだと思うけど、私的にはアンハッピーエンド。
読み返しはないように思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示