サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ヒロさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

ヒロさんのレビュー一覧

投稿者:ヒロ

7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本進め!!聖学電脳研究部

2016/01/31 02:57

頭おかしい(褒め言葉)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ギャグとシリアスを混沌のように混ぜ込む作風の作者が、ギャグオンリーで描いたらこうなった――みたいな内容。
プレイステーション系のゲーム雑誌に連載していたのに、プレステゲームを褒めるでもなく、レトロゲームやライバル機種のゲームを取り上げるスタイルは嫌いじゃないです。
当時の雑誌の編集には溜まったものではなかったかもしれないけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍DRAGON QUEST―ダイの大冒険― 22

2014/09/18 04:53

少年漫画の王道

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

努力友情勝利を柱としたジャンプ漫画の王道をいくストーリーですが、シリアス一辺倒ではなく、ところどころで息抜きのようにギャグが挟まれており、重くなりすぎずに読めるのが素晴らしいと思います。
 過去、連載中に読んだことはあるのですが、改めて読み直すと先が気になり一気に
読んでしまいました。

 主人公や仲間に嫌味がなく、格好良いところ、格好悪いところあわせて人間らしく血の通ったキャラになっていると思います。
 また、敵もそれぞれキャラが立っており、卑劣漢はとことん卑劣漢、格好良い敵はとことん格好良く、かと思えばどこか小物臭い性格をしていたのが最後はとことん格好良い武人になり死んでいったり……。

 原作であるドラゴンクエストを上手く使い、「大魔王からは逃げられない」などゲームを知っていると感心したりクスリとできるシーンを上手く織り交ぜているのもポイントが高いです。

 個人的な名シーンはハドラーの最後でしょうか。アバンに看取られながら満足を抱いて死ぬシーンは何度読み返しても涙が出そうになります。

 あと、ヒュンケルはさすがに何度も甦り過ぎ(苦笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本先輩には頭が上がらない! 2

2014/09/18 05:20

もったいない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

作者の前作「CIRCLEさーくる」が好きだったので購入しました。
 前作と同じで、面白おかしく、かつ優しいキャラたちの間に流れる時間や空気の感じが好きです。

 2巻で完結していますが、主人公が先輩への恋愛感情を自覚したところで時間が飛び、数年後の未来でエピローグとなっているのは、途中で打ち切りを食らったからなのでしょうか……。
 間にいくらでも恥ずかしいような、悶えるようなエピソードを挟めそうな内容だったので、若干もったいなさを感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本四人の熟未亡人と僕〈旅行中〉

2016/01/31 02:52

描写が足りない感

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この作者の小説はおそらく初めて購入したけれど、登場するヒロインがどういう外見なのか本文においての説明が(他作者の官能小説と比べて)足りず、「熟未亡人」「胸が大きい」「熟したプロポーション」という程度しか分からないため、ヒロインに没頭することができなかった。

また、性描写中にカップサイズを連呼しろみたいな極端なことは言わないが、例えば乳房の描写が「大きい」「メロンのよう」くらいにしか書かれていないのは流石に……。せっかく熟した身体の未亡人を並べたなら、大きさや柔らかさ、形や乳首の色などで違いを描写しても良かったのではと思ってしまう。

叔母以外のヒロインとのセックスも、最初は本番は駄目よと言っているが、シックスナインでスイッチが入ってしまい、本番を迎えてしまうという流れが目立つので、シチュエーションだけでなくプレイ内容でももっと差をつけてもらえたら良かったのになぁ……と残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本おいでよ!私立ヤリま×り学園

2016/01/31 02:31

これ「で」話題の水龍敬ランド?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まず、読むに当たって、「水龍敬ランド」というネット界隈の一部で有名(?)単語を知っているかどうかが読者に問われる。
 つまるところは性に奔放なヤリ○ンビッチとヤリまくりで当然という世界観・コンセプトなのだけれど、帯に「これぞ話題の水龍敬ランド!」と書き、絵師が水龍敬というところまでいくのは「よくやった」というべきか、「やりすぎだ」というべきか。

 しかしながら、内容はビッチヒロイン含めて作中では主人公以外とはセックスせず、最後はラブラブというエンディング。誰とでもセックスするヤリ○ンというのが設定でしかなく、本編でそれなりに描写されていないのならば「水龍敬ランド」というには違う気が……。
 レーベル的に仕方ないのかもしれないけれど、今話題になっている設定の表面だけをなぞったような作品で残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読み物としてはそれなり。資料としては×

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

週刊誌風に記事をまとめた東方らしい読み物。大げさな見出しや虚実入り混ぜた内容、インタビューなど読み物としてはそれなりに面白い。
が、目的が二次創作の資料としてなら、圧倒的に内容が足りない。各人へのインタビューや紹介があった東方文花帖と比べても、値段に対して内容が薄く感じられる。「週刊誌風」という体なのでそう感じられる内容なのは間違っていないとも言えるけれども。
新キャラの資料として求めるのであれば、東方求聞史紀や東方求聞口授のような本が出るのを待った方が良い。

東方文花帖などについていたような音楽CDはついていない。また、冊子の中央に袋とじページがついており、パラパラと本を捲る際に捲りにくさを感じるかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍だと、内容を読んで評価……までたどり着けないorz

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本のレビューとしてはどうなのかと自分でも思いますが……。

 電子書籍で購入しました。ただ、続巻はフォーマットがepubなのに対して、1巻だけが.bookという別フォーマットになっています。
 おそらく、テキスト関連のメニューの充実振りを考えると小説だと問題はないと思うのですが、漫画の場合「(機能として存在しているが)画像は拡大・縮小できない」という問題があり、モニターが大きいものでなければ絵と字が潰れて読むことができません。
 epub形式だとそのようなことはなく、画像の拡大・縮小も可能なため読みやすいのですが……。

 電子書籍で購入しようと言う方はちょっと考えた方がいいかもしれません。
 2巻以降はepub形式なので問題なく読めるため、1巻のみ紙書籍での再購入を思案中です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示