サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. タナさんのレビュー一覧

タナさんのレビュー一覧

投稿者:タナ

204 件中 1 件~ 15 件を表示

前提条件の問題

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

高い知性、たゆまぬ努力、素早い行動力。
どれも、人としては素晴らしい美徳である。
しかし、その人としての思考の前提条件が間違って居たら?
本作はそれを上手く利用したエロ・ギャグコメディだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

幼女の皮を被った悪魔

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「幼女の皮を被った悪魔」主人を説明するとしたらこの言葉が適切だろう。
本人は楽な仕事で安楽な仕事を目指して行動するのに悉く裏目に出ているのが面白い。
史実の歴史ネタを踏まえて、我々の世界に近い異世界での世界大戦の推移を楽しもう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本図解城塞都市

2017/01/16 10:01

城塞都市の変化

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は、城塞都市が如何にして生まれて、どのように変化していったか。
城塞都市ではどのように生活がなされていたかを簡潔にわかりやすく紹介している。
また、現存する城塞都市の解説などもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本図解中世の生活

2017/01/16 09:58

中世ヨーロッパでは生活したくない

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

中世ヨーロッパでの生活をわかりやすく書いている。
中世ヨーロッパはどうしてもキリスト教を中心に回っている事と、閉鎖的な社会構造。
教会の横暴などの解説を読むと、中世ヨーロッパでは生活したくないと切に思う一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本異世界食堂 3

2016/11/19 17:43

異世界食待望の第三巻

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

異世界と週一回の土曜日繋がる異世界食堂
そこに新たな異世界の従業員が追加される。
そして、異世界の時の流れを感じさせるエピソードを感じ。
なんとも言えないしんみりした雰囲気を味わえる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

現代版「高い城の男」

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

太平洋戦争で日独が勝利した世界。
日本はヴェトナムで泥沼を味わっていた。
舞台は日本領の旧アメリカ、今ではUSJと呼ばれている。
嘗ての上官の失踪、その娘の死、特高の暗躍、主人公は謎の螺旋に落ち込んでいく

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

戦術の基礎は変わらず。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

名著の増補改訂版
指揮官編ともいえる本だが、前の版で変化した部分は少なく。
時代の変化で追加された部分が増えている。
また、最近のトレンドである市街地戦について説明が章をさいて追加されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

見事なごった煮感

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

豪華な執筆者達が揃った。
劇場版のアンソロジーであるが、ごった煮感が高い。
読みたかった話も多いが、これは無いんじゃないか?と言う作品も多い。
その辺りを許容できるかが、購入するかどうかの分かれ目であると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

受け継がれるもの

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前巻でそれまでのやり方を否定した。
このシリーズの主人公だが、いつの間にか伝統の一部になっていたことを自覚すると言う居尽くしい展開。

しかし、吐瀉する女主人公は珍しいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本碓氷と彼女とロクサンの。

2016/02/16 11:31

夢の実現

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

夢を実現するのは、ひたむきの努力と少しの偶然だと思わせる作品でした。
詳しい御託は無しに、ただ目的に向かって突き進む姿は美しかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

入門書

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトル通りに、様々な戦闘・戦略。兵科・作戦・お約束を解説した一冊。
この本位書かれている事をどう、自分の創作に活かせるかが創作者の腕の見せ所

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本魔導師は平凡を望む 11

2015/11/21 22:16

子猫ついにフリーハンドを得る

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

異世界トリップした少女が、その世界で生き残る為に手段を択ばず。
生きるための選択肢を広げていったこのシリーズもとうとう11巻。

今回は主から、ついに「目的の為なら自由行動」の許可が…はたして、目的の為なら手段を選びつつも鬼畜に物事を進める彼女はいったいどう動くのか?

このシリーズの一貫している「立場に相応しい義務と努力」を怠ったモノに対する冷徹さは健在。
そして、作中で語られることは時に我々の自身にも冷や水を浴びせる鋭さを持っている…油断して読むと、唐突に心に冷たいものが走ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

戦後処理の難しさ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

恒星間文明となった地球人の文明が、他の恒星間文明との戦争が停戦を迎えた瞬間から。この物語は始まる。
大量の復員、戦時体制から平時体制への移行による公共投資の削減、それによる失業率の増加。
そして、クローン市民への差別問題、和製SFものでは珍しい、「戦後処理」を主軸に置いた作品の第一巻、これから悪化する情勢下で主人公はいかなる決断を下すか…まて続刊

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本孤独のグルメ 2

2015/10/10 00:20

待望の第二巻

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

テレビドラマ化された本書も遂に第二巻。
相変わらず井之頭五郎氏の健食は健在。
しかし、オヤジギャグが飛び出るのは彼も年ということだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本スパイは泳ぎつづける

2015/08/20 22:11

異色のスパイ小説

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この作品は、スウェーデン人が主役で物語が進行する。
冷戦の傷跡、負の遺産、忘れ形見、言い方はなんでも良い。
冷戦を見事に泳ぎ切ったスパイが、その後の世界で自分の娘に何が出来るか。
彼は、娘に正体を明かさず、手ひどく罵られ、そして影のように消えてゆく。

舞台も冷戦期のレバノン、EU統合後のベルギー、ブリュッセル。そして、フランス、花の都パリ。
EU成立により、欧州州は移動しやすくなった。
それを実感すると共に、主人公を追跡する「英語圏の諜報機関」が新たな問題にぶち当たるのは、ある種の喜劇を感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

204 件中 1 件~ 15 件を表示